iPhoneのセキュリティを強固にする5つの簡単な設定!!

footer_iphonet01

どうも、フォネットです!

iPhoneを使用している際に、

セキュリティ対策が気になるところではありますよね?

意外と初期状態のiPhoneは、

セキュリティ状態がよろしいとは言い難いところだったり^^;

そこで、簡単なセキュリティ対策を、5つに絞ってまとめてみました。

スポンサーリンク

iPhoneのセキュリティを強固にする5つの簡単な設定!!

iPhoneのセキュリティを強固にする5つの設定は、

以下の通り。

  1. ロック解除のパスコードを強化する
  2. ロック画面からアクセスできる機能を減らす
  3. iCloudで同期する項目を減らす
  4. 公衆Wi-Fiでの接続はしないこと
  5. ブラウザの自動入力をオフにする

では、それぞれ見ていきましょう。

1.ロック解除のパスコードを強化する

iPhoneのロック解除する際、

パスコードを入力してる人も、多いと思います。

あれって通常、数字の4桁の暗証番号ですよね?

しかし、実はパスコードって4桁だけではなく、

もっと複雑なパスコードを設定することも出来るのです。

まず、パスコードロックまで移動しますが、移動先は

「【iPhoneのセキュリティ】パスコードのロック設定をする」記事にて、

途中まで一緒なので詳細は省きます。

場所は以下の通り。

  1. 「設定」をタップ
  2. 「(Touch IDと)パスコード」をタップ
  3. パスコードを入力

ここまで来たら、

「簡単なパスコード」という項目をオフにします。

1.ロック解除のパスコードを強化する01

続いて、前のパスコードを入力します。

1.ロック解除のパスコードを強化する02

最後に、新しいパスコードを入力します。

1.ロック解除のパスコードを強化する03

このパスコードは英数字が使えますので、

かなり強固なパスコードを作成することが出来ます。

スポンサーリンク

2.ロック画面からアクセスできる機能を減らす

ロック画面から解除せずとも、

実は色んな機能が使えてしまうのが、iPhoneの良いところでもあり、

悪いところでもあります。

例えば、浮気の調査なんかもできちゃいますからね^^;

(詳細は以下の記事を参照)

iPhoneをロック時にセンター表示が出来ない場合の改善法!

で。

ロック画面から通知やら何やらを見れてしまうと、

ロック画面の意味がなさすぎるわけなので、ここを上手いこと改善していきましょう!

先ほどと途中まで手順は一緒。

  1. 「設定」をタップ
  2. 「(Touch IDと)パスコード」をタップ
  3. パスコードを入力

ここまで来たら、

「ロック中にアクセスを許可」という項目内にあるボタンを、

必要最低限のものだけ残し、全てオフにします。

1.ロック解除のパスコードを強化する04

充電中にSiriを利用できないようにする

補足として、Siriがロック中に起動出来てしまう設定があるので(Hey Siriという機能)、

以下の記事を参考にしつつ、それもオフにしておきましょう。

→iPhoneでSiriを勝手に起動しないための2つの設定!!

スポンサーリンク

3.iCloudで同期する項目を減らす

あなたは、iCloudという言葉をご存知でしょうか?

また、iPhoneを使用していると、

iCloudを使っているという認識も、あるでしょうか?

この認識がない人は、

iCloudをオフにした方がいいかもしれません。

なぜなら、iPhoneはおおよそほとんどのデータを、

iCloudに同期して、インターネット上に保存しているからです。

認識がないということは、知らないうちに、ということ。

iCloudは、使うと便利な反面、

使わない人にとって要らないものだったりしますので、

この機会にオフにしておきましょう。

→iPhoneのiCloudへの同期を解除するにはどうすれば?

4.公衆Wi-Fiでの接続はしないこと

公衆Wi-Fiを装った偽Wi-Fiに接続することは、

しないようにしましょう。

そのために一番いい方法は、Wi-Fiをオフにすることです。

やり方は簡単で

  1. コントロールセンターを開く
  2. Wi-Fiボタンをタップしてオフにする

だけです。

iPhoneを下から上に向かってスワイプすることで、

コントロールセンターを開けます。

コントロールセンターを開く

もし、Wi-Fiを使うにしても、

Wi-Fiの設定で自動接続をオンの状態で、

確認してから接続してください。

5.ブラウザの自動入力をオフにする

ブラウザの自動入力は、セキュリティ対策上、

最も恐ろしい機能の1つです。

これはPCでもよく言われていますけどね^^;

仮にiPhoneを乗っ取られたとしたら、

もう個人情報なんて無意味に等しいです(笑)

よって、そうならないためにもブラウザの自動入力は、

出来ればオフにしておきましょう。

まずはセキュリティ対策の画面まで行く方法ですが、

  1. 「設定」
  2. 「Safari」
  3. 「パスワードと自動入力」

を、それぞれタップしていきます。

設定をタップ

Safariをタップ

ブラウザの自動入力をオフにする01

ここまで来たら、以下の設定をオフにします。

  1. 連絡先の情報を使用
  2. ユーザ名とパスワード
  3. クレジットカード

ブラウザの自動入力をオフにする02

以上の3点を、それぞれオフにしてください。

まとめ

以上、セキュリティを強化する5つの簡単な設定でした。

これ以外にもたくさんあるのですが、

そこまで神経質になることでもありませんし、

興味があればやっていただく感じでお願いします(笑)

iPhoneのセキュリティについて、以下の記事もどうでしょうか?

メールアドレス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。