iPhoneのタッチパネルの仕組みを分かりやすく書いてみた

footer_iphonet01

どうも、フォネットです!

iPhoneのタッチパネルって、不思議ですよね?

そんなiPhoneのタッチパネルの仕組みって、

どうなっているのでしょうか?

今回はiPhoneのタッチパネルの仕組みについて、

できるだけ分かりやすく書いていこうと思います!

スポンサーリンク

iPhoneのタッチパネルの仕組みを分かりやすく書いてみた

iPhoneは静電容量方式と呼ばれるタッチパネル式。

静電容量方式は、縦と横にセンサーが張り巡らされていて、

これらのセンサーは一定の電荷が保たれています。

これを分かりやすく説明するには、

たとえ話が良いかと思います。

例えば、紙コップを隙間なく何個も並べていて、

そこに水が満杯に入ってる状態を想像すれば、分かりやすいかなと。

水が全て一定に保たれている状態です。

ところで、人間の体には、電気が通っています。

よって、このセンサーに指を近づけると、

センサーの静電容量に変化が生じます。

「静電容量」というのは、

電荷をどれだけ蓄えられるかを表す量のこと。

簡単に言ってしまえば、紙コップに指や手を入れると、

水位が上昇して溢れますよね?

センサーも同様で、指をセンサーに近づけると、

センサーの静電容量が減ります。

この電荷の変化を感知して、

「タッチパネル上のどこに指が触れたのか?」

検知するという方式です。

スポンサーリンク

電気を通さないと反応が鈍ることも

あなたは、タッチパネルを触っていて、

「タッチしても反応しない!」といった経験はありませんか?

これって実は、

「指の電荷が何らかの理由で通らない状態になっているから」

なんですね。

例えば、指が乾燥すると電気を通しません。

指先には皮膚があって、皮膚は電気を通さないからです。

皮膚が適度に保湿されている状態だからこそ、

電気を通して、センサーが反応するのです。

スポンサーリンク

まとめ

ちょっとむずかしい話になった気がしますが、

なるべく分かりやすい言葉で書いてみました。

ではでは、今日はこの辺で。

以下の記事もあわせてどうぞ!

→iPhoneのタッチパネルの反応がおかしい時にする3つのこと

メールアドレス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。