iPhoneで着信履歴が残らないのに留守電が残る場合の対処法

どうも、フォネットです!

iPhoneを使用していると、

「着信履歴には残っていないのに、留守番電話サービスにはなにか残ってる…」

ということはありませんか?

これ、実はiPhoneのある状態で、よく起こる現象なのですが…。

というわけで今回は、

そんなiPhoneの着信履歴が残らないのに

留守番電話が残ってしまう場合の対処法について、説明していきますね^^

スポンサーリンク

iPhoneで着信履歴が残らないのに留守電だけが残る?

まず、iPhoneの着信履歴が残る場合は、

  1. 自分のiPhoneを機内モードにしてる場合
  2. 自分のiPhoneが電源オフの状態の場合
  3. 相手を着信拒否にしている場合

などがあります。

また、最初の2つと、着信拒否の場合とでは、

挙動が若干違います。

その辺りの違いについても、説明していきますね。

1.iPhoneが機内モードや電源オフの場合

iPhoneが機内モード、もしくは電源がオフの状態で、全く繋がらない場合。

この場合は、はじめに電話に繋がらない旨のアナウンスが流れ、

その後留守番電話サービスにつながります。

なので、留守電が残せる状態というわけですね^^

もちろん、この時こちらから着信履歴を見ても、

何も残っていません。

さて、この状態で

  • 機内モードをオフ
  • iPhoneの電源をオン

にすると、SMSから『着信お知らせ』のメッセージが届きます。

iPhoneが機内モード中に着た電話の着信はどうなるの?01

これで、初めて着信があったことが分かるのです。

スポンサーリンク

2.相手を着信拒否にしている場合

次に、相手を着信拒否にしている場合の挙動です。

これはiPhoneの着信拒否を使っている前提です。

iPhoneの着信拒否を使用している場合は、

当然、履歴やSMSも届くはずがありません。

しかし、何故か留守電が残せる状態となります。

この辺りの説明については、iPhoneの着信拒否の記事にて、

詳しく書いてあります。

→【iPhoneの着信拒否】相手にはどうみえるのか?

さて、着信履歴に残らないものについて、

以上2つの原因を整理してみました。

次に、どうしても留守電を残したくない場合の対処法について、

説明していきますね^^

スポンサーリンク

携帯会社の着信拒否を使おう

実は、iPhoneの着信拒否については、2種類の着信拒否の方法があります。

  1. iPhone本体の着信拒否
  2. 携帯会社の着信拒否

この内、確実に着信拒否をしたい相手、

例えば迷惑電話の場合は、2番の携帯会社別の着信拒否を、使用しましょう。

3社(Docomo,au,SoftBank)の着信拒否については、

以下の記事にまとめてあります。

【参考】→[iPhoneの着信拒否]Docomo、au、SoftBank別の反応は?

まとめ

今回はiPhoneの着信履歴に残らない場合の改善策について、

説明していきました!

iPhoneの着信履歴が残らない状態で、

もし、迷惑電話等で困っている場合は、会社別の着信拒否を、

行なってみてくださいね。

ではでは。

以下の記事もあわせてどうでしょうか?

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。