【iPhoneの通話】VoLTEで音質は何が変わったの?

どうも、フォネットです!

最近、携帯会社のテレビCMなどで聞くようになった、

VoLTE(ボルテ)というサービス。

(ちなみに僕は、最初この名前を聞いた時、某車会社のポルテが出てきた)

音質が良くなるとか言われていますが、

実際にはどういったサービスで、なぜ音質が良くなるのか?

理解していない人も多いはず。

というわけで今回は、

VoLTEの音質に変化はあるのか?じっくり解説していきます!

スポンサーリンク

VoLTEとは?

VoLTEとは、Voice over LTEの略で、

LTEサービスによる音声通話サービスのことです。

ここで、ざっとLTEについても復習していきましょう。

そもそもLTEって?

LTE(ロング・ターム・エボリューション)とは、

携帯電話の超高速通信サービスのことです。

日本語からすると滅茶苦茶速そうですが(笑)

今までの携帯電話の通信は、

第三世代携帯電話(3G)と言われている通信規格を使用していました。

(現に今も使用しているのですが)

その3Gの通信規格をより速く

  • ダウンロード
  • アップロード

出来るようになったのが、4Gと呼ばれる、LTEの存在です。

正確には3.9Gなんですけどね^^;

大体の速度は以下の通り。

3G LTE(4G)
速度 数Mbps~15Mbps 75Mbps~100Mbps

これはダウンロードの方ですが、

これを見ただけでも数字大きく、段違いに速いことが分かります。

スポンサーリンク

通信速度が上がって転送出来る情報量が増えた

さて、先ほどの表を見れば分かる通り、

従来の携帯電話とは比べ物にならないぐらい、通信速度が向上しました。

それによって、何が出来るようになったのか?

というと、送れる情報量が増えたのです。

これを周波数帯域の帯域幅と読んだりしますが、

要するに幅が広くなったから、流れる情報量が多くなった、

という感じの理解でいいかと思います。

例えば、細いパイプと太いパイプ、

どっちのが水が流れやすいか?と言ったら、太いパイプですよね?

情報でも同じようなことが起きていると考えれば、

分かりやすいかと。

VoLTEはカットされていた高音域も送れるようになった

さて、ここでようやくVoLTEの話です。

VoLTEでは、今までカットされていた高音域の情報を、

通信速度が向上したことにより、流せるようになりました。

ゆえに、音がクリアで聞き取りやすい通話が可能になった。

ということなのです。

スポンサーリンク

VoLTEを使用する条件

しかし、実はVoLTEはまだまだ広まっていません。

その理由は2つばかり考えられます。

  1. VoLTE対応でなければならない
  2. 別キャリアではまだ使えない

では、それぞれ見ていきましょう。

1.VoLTE対応でなければならない

現状、どちらの携帯もVoLTE対応でなければ、

この機能は使えません。

厳密に言えば、DocomoとSoftBankは両方がVoLTE対応である必要があって、

auのみ、片方がVoLTEでも可能です。

ちなみに現在、iPhoneでのVoLTE対応状況については、以下の通り。

機種 対応
iPhone 6Plus
iPhone 6
iPhone 5より前

×

まだiPhone6しか使えないのが現状です。

今後、5にまで広げるかは、分かりませんね。

2.別キャリアではまだ使えない

ちなみに、VoLTEにはもうひとつ、別の問題があります。

それは、今のところ別キャリア間では使えないことです。

例えば、auとDocomoといった、

キャリアの違う携帯電話同士で電話しても、VoLTEは使えないのです。

同様に、SoftBankやDocomo、と言った組み合わせもダメです。

この辺りが実感を伴わない理由になっている気がしますね。

今後、キャリア別のVoLTEが可能になれば、

電話の音質は良くなることでしょう。

まとめ

今回はiPhoneの通話機能の音質について、

特にVoLTEについて、詳しく解説していきました!

今は実感がなくても仕方ないです^^;

なにせ、利用できる環境が極めて限定的なので…。

今後、VoLTEが普及していけば、実感できる日が来ることでしょう。

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。