iPhoneで通話中に電話を保留にする方法があるらしい

どうも、フォネットです!

あなたは、

iPhoneに保留のボタンが有ることを、ご存知でしょうか?

僕は、電話をそんなにしないので、

保留があることすら知りませんでした^^;

そこで今回は、iPhoneで通話中に保留を使用する方法について、

説明していきますね^^

スポンサーリンク

iPhoneで通話中に電話を保留にする方法

まず、当然ながらiPhoneで通話中に電話を保留するには、

通話している状態である必要があります。

通話中、iPhoneの画面を見てみると、

消音 キーパッド スピーカー
通話を追加 FaceTime 連絡先

という風に、分かれています。

一見すると、保留のボタンがなく、

「やっぱり、iPhoneで保留は出来ないのでは?」

と思ってしまいますよね。

(というか、僕がそう思いました 笑)

しかし、実はこの画面から、

iPhoneの通話の保留は出来るんです!

その方法は簡単。

iPhoneの通話を保留したい場合は、

iPhoneの「消音ボタン」を長押しします。

すると、消音ではなく保留となります。

…こんなの見つけれるわけないですよね^^;

ちなみに、保留の解除方法は、

保留ボタンをタップすれば解除出来ます。

スポンサーリンク

保留と消音の違いって何?

ところで、ここで一つ疑問に思ったことがあります。

それは

「保留と消音の違いは何なのでしょうか?」

という疑問です。

消音は、こちら側の声だけが相手に聞こえない状態です。

消音中の相手側の声は、こちらからは変わらず聞こえます。

Skypeで言うところのミュート機能ですね。

保留は、自分の声も、通話相手の声も届かない状態のことです。

表にまとめると、こういうことです。

消音 保留
自分の声 × ×
相手の声 ×

スポンサーリンク

まとめ

今回は、iPhoneの通話で保留を使用する方法について、

説明していきました!

ちなみに、iPhoneを保留にすると、相手側に保留音が流れますが、

それほど大きくないので、保留する前には断りを一言入れましょう。

ではでは、今日はこの辺で!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。