iPhoneでリアルタイムのテレビ番組を試聴する2つの方法!!

どうも、フォネットです!

前回は【dTV】という、

映画やドラマの配信サービスについて、ご紹介しました。

【参考】→dTVでiPhoneからテレビ番組を見れるのか?

しかし、dTVに配信サービスに含まれていないコンテンツは、

視聴できません。

当たり前ですけどね(笑)

そうすると今度は、

「出先でバラエティ番組を楽しめないの?」

「通勤中にニュース番組を楽しむ方法はないの?」

といった点が問題になりますね。

この問題を解決するには、

一時期流行ったワンセグのようなものを、

iPhoneで見る方法が必要になってきます。

というわけで今回は、

「iPhoneでリアルタイムのテレビ番組を試聴する2つの方法!!」

について、調べてまとめてみました!

スポンサーリンク

iPhoneでリアルタイムのテレビ番組を試聴する2つの方法

iPhoneでリアルタイムのテレビ番組を試聴するには、

2つの方法が考えられます。

  1. 外付けチューナーを使って視聴する
  2. 宅内機器から外へ配信して視聴する

この2つの方法があります。

では、順番に説明していきますね!

1.外付けチューナーを使う

iPhoneの外付けチューナーを使うことで、

ワンセグ配信のようにテレビ番組を視聴できます。

一応、この商品にはデメリットがあります。

まず、電車の中や屋内などでは、

やはり電波の状況がよろしくないため、

たとえフルセグ対応だったとしても、フルセグで見ることが出来ません。

また、ワイヤレスの機器に関しては、

  • iPhone本体
  • TVチューナー本体

この2つを充電してから外出する必要が出てきます。

さて、それを理解した上で選択していくのですが、

  • 『ピクセラ iOS対応モバイルテレビチューナー PIX-DT350N』
  • 『KEIYO(ケイヨウ) ポータブルワンセグチューナー』

このどちらかが良いと思います。


iPhoneの場合、

両者の違いはワイヤレスかそうでないかの違いだけですね。

スポンサーリンク

2.宅内機器から外へ配信して視聴

また、宅内機器から外へと配信して、

iPhoneを出先で視聴する方法もあります。

例えば、SoftBankのデジタルテレビチューナーがそれに当たります。

ただ、こちらも難点というか、いちばん問題な点が1つあって、

それがWi-Fi接続でなければならないことです。

『SoftBank SELECTION エリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー SB-TV04-WRIP – 回答 – Q10 : 外出先視聴(トラブル)』に書いてあるのですが、

10-2. さっきまで使えていたのに、映らなくなりました。無線LAN環境のエリアから外れると視聴できなくなります。また、自宅に設置しているチューナー本体に異常が発生した場合も視聴できなくなります。

使用するWi-Fiスポットなどを変更して無線LAN環境が変わった場合は、アプリを終了してから、もう一度起動してください。

とのこと。

通信容量を考えてのことなのでしょうが、

これではモバイルWi-Fiを持っていない限りは、

通勤中にテレビ番組を視聴することが出来ません。

そのため、ほとんどの人にとっては、

外出先で視聴するハードルが、少し高くなっています。

とはいえ、裏を返せばモバイルWi-Fiを持っていれば、

外出先で快適にテレビ番組を見れるということですけどね(笑)

スポンサーリンク

まとめ

今回は

「iPhoneでリアルタイムのテレビ番組を試聴する2つの方法!!」

と題しまして、様々な接続方法を紹介してきました!

色々見た結果、

「これだけあれば!」という商品は、今のところないですね(汗)

個人的には、出先の映像は重視してないので、

外付けチューナーだけで事足りる気がしますね。

ぜひ、あなた自身にあった選択をしてみてください。

ではでは。

iPhoneでテレビを見る方法は、他にもこんな方法がありますよ。

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。