iPhoneの時計がずれてる!?ズレを設定で直す4つの方法

どうも、フォネットです!

携帯電話が普及し始めてからというもの、

携帯電話で時計を見ることが、もはや日常化されてきました。

なので、iPhoneの時計機能は必須ですよね。

しかし・・・。

この時計機能が狂ってしまうと、

色んなものに支障をきたす場合があります。

例えば、リマインダー機能やアラーム機能は、

全てiPhone内の時計で判断しています。

なので、数分狂ったとしても、その差が響くんですよね^^;

ところで、そんなiPhoneの時計機能が狂ってしまった場合は、

どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

iPhoneの時計がズレてる!?ズレを直す4つの方法

iPhoneの時計がずれている場合は、

改善策として、以下の4つの方法が考えられます。

  1. 日付と時刻の自動設定をオン・オフにする
  2. 電源を入れ直す
  3. SIMカードを出し入れする
  4. 手動で設定する

この4つですね。

では、順番に説明していきます。

1.日付と時刻の自動設定をオン・オフにする

まずは、iPhoneの時計機能にある自動設定が、

正常に働いているかどうかを確認します。

まず、iPhoneのホーム画面にある「設定」をタップします。

設定をタップ

次に「一般」をタップします。

一般をタップ

「日付と時刻」をタップします。

iPhoneの時計がずれてる!ズレを設定で直す4つの方法(1)

ここにある「自動設定」がオンになっていれば、

自動で設定されるはずです。

iPhoneの時計がずれてる!ズレを設定で直す4つの方法 (2)

しかし、まれにバグを起こして、

自動で修正してくれなくなることがあるようです。

なので、自動設定のオン・オフを切り替えを、

試してみてください。

スポンサーリンク

自動設定のオン・オフの切替手順まとめ
  • 「設定」をタップ
  • 「一般」をタップ
  • 「日付と時刻」をタップ
  • 「自動設定」のオン・オフを切り替える

2.電源を入れ直す

iPhoneの電源を入れ直すことで、

正常に戻る場合があります。

これはどのバグにおいても、結構な確率で効果を発揮するので、

「バグが出たら即再起動」する勢いでやっていいかと思います(笑)

iPhoneの再起動の方法については、

簡単に箇条書きで説明しますね。

  1. スリープボタンを長押し
  2. 「スライドして電源をオフ」にする
  3. 電源が切れた後に、再度スリープボタンを押す

スリープボタン

電源をオフにする【再起動】

以上で再起動が完了です。

3.SIMカードを出し入れする

SIMカードを一旦取り出し、

再度設置することで直る場合があります。

特に、時計機能が狂ってしまっただけではなく、

キャリア表示がおかしい場合はこれを試してみてください。

実際にSIMカードの出し入れをしたら治った報告も、

結構ありますので、試す価値ありです。

→SIMカードの取り出し方はこちらの記事を参照

4.手動で設定する

さて、ここまでで直らなかった場合は、

最終手段として「自分で設定してしまう」という方法があります。

設定をするには、まず

  • 「設定」をタップ
  • 「一般」をタップ
  • 「日付と時刻」をタップ

と、順番に移動していきます。

(詳しくは1番の項目を参照)

次に「自動設定」をオフにします。

iPhoneの時計がずれてる!ズレを設定で直す4つの方法 (3)

すると、日時指定が出てくるので、

時計を回して自分で設定をしたら、完了ボタンをタップして終了です。

スポンサーリンク

まとめ

今回はiPhoneの時計が狂っていた場合に、

設定で直す方法について、説明していきました!

ぜひ、時計が狂ってしまった場合には、

以上の4つを試してみてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。