【便利!】iPhoneのおやすみモードの詳細設定をしよう!

どうも、フォネットです!

前回の記事では、

iPhoneのおやすみモードの設定と解除について、

簡単に説明しました。

しかし、まだおやすみモードの良さを、

分かっていない方も多いはず。

もしかしたらこれを読んでるあなたも、

「結局、おやすみモードって何がいいの?」と、

思っているかもしれませんね。

というわけで今回は、

iPhoneのおやすみモードを更に細かく設定し、

大変便利な機能だということを、世に知らしめていこうかと!(笑)

スポンサーリンク

おやすみモードの詳細設定

早速、おやすみモードの詳細設定について説明しますね^^

おやすみモードの詳細設定は、

前回紹介した「設定」からの移動で、

iPhoneのおやすみモードを開きます。

【前回記事】→iPhoneのおやすみモードの設定・解除をする2つの方法!!

  1. 「設定」をタップ
  2. 「おやすみモード」をタップ

さて、ここからが本題です。

それぞれの細かい設定について、詳しく説明していきます。

時間指定で自動でオン・オフ切り替えが可能!

iPhoneの時間指定をオンにすることで、

  • 「おやすみモードの開始タイミング」
  • 「おやすみモードの終了タイミング」

この2つを、設定することが出来ます。

要するに、ここを設定することで

「自動でおやすみモードをオン(オフ)に切り替えることが出来る」

のです。

使い方は簡単。

まず「時間指定」をオンにします。

【便利!】iPhoneのおやすみモードの詳細設定をしよう!01

あとは、開始と終了を選択して、

任意のタイミングを選択するだけです。

【便利!】iPhoneのおやすみモードの詳細設定をしよう!02

これなら

「おやすみモードを切り忘れて電話に出れなかった…」

なんてことにもなりません!

スポンサーリンク

着信を許可で電話相手を指定できる!

【便利!】iPhoneのおやすみモードの詳細設定をしよう!04

ここでは、

おやすみモード中の着信許可の範囲を

指定することが出来ます。

この許可の範囲は、以下の4種類です。

  • すべての人
  • 誰も許可しない
  • よく使う項目
  • グループ指定

補足説明として「よく使う項目」というのは、

iPhoneのマルチタスクにでてくる上の連絡先のことです。

iPhoneの“よく使う項目”の履歴を非表示にする方法!!

正直、ここからかかって来られても…と思うのは、

僕だけでしょうか?^^;

【関連】→iPhoneの“よく使う項目”の履歴を非表示にする方法!!

さて、どの設定にすればいいのか?と言うと、

基本は「誰も許可しない」が一番いいかと。

睡眠の妨げになってほしくないわけですからね^^;

それ以外に設定するとしたら

「グループ」を選択した方がいいです。

このグループ分けは自分で自由に編集出来るので、

「おやすみモード中掛かってきても出たい連絡先」

を登録しておきます。

そうすれば、夜分に電話が掛かってきても、

嫌な相手から連絡が来るということはありません。

→iPhoneの連絡先にあるグループ追加や編集についてはこちら!

繰り返しの着信

【便利!】iPhoneのおやすみモードの詳細設定をしよう!06

繰り返しの着信では、

「3分以内に2回以上連絡があった人は着信する」設定です。

要するに、緊急時の場合は連絡が通るように、

この設定があるというわけですね。

個人的には

「ストーカーとかが何度も連絡掛けた時はどうするんだろう?」

と考えると、あまりオンにするメリットは感じません。

もちろん「誰かが病院に運ばれて、病院から連絡が掛かった」

というケースの場合は、

これをオンにしといた方が早めに対応できます。

なので、ケースバイケースですね。

スポンサーリンク

通知

【便利!】iPhoneのおやすみモードの詳細設定をしよう!05

通知は

  • ロック画面中のみ制限をかけるのか?
  • おやすみモードにしたらiPhone使用中でも通知しないのか?

選択することができる項目です。

夜分には連絡したくない人にとっては、

「常に知らせない」にチェックするといいです。

逆に「起きてる間は連絡したいなー」という場合は、

「iPhoneロック中のみ知らせない」にチェックしましょう。

まとめ

今回は「おやすみモードの詳細設定」について、解説しました。

これを読んだあなたは、

おそらく今日から「おやすみモード使おうかな?」

という気になっているのではないでしょうか?

なんせ

  • 自動でおやすみモードに出来る
  • 嫌な連絡は無視できる
  • たとえ夜中に電話が掛かっても連絡先はこちらで指定できる

等々、メリットが多いですからね。

ぜひ、活用してみてくださいね!

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。