熱がこもったiPhone本体を正しく冷やすための5つの対処法!

どうも、フォネットです!

熱がこもってしまったiPhone。

何とかして早く冷やしたいところですよね?

しかし、前回の記事紹介したように、

iPhoneを急激に冷やす行為はNGでした。

【参考】→【危険!】iPhoneを冷蔵庫や保冷剤で熱を冷ますのはマズイ!?

では、iPhoneを正しく冷やすには、どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

iPhoneを正しく冷やすための5つの対処法

iPhoneを正しく冷やすためには、以下の5つの対処法があります。

  1. iPhoneケースを一旦外す
  2. 扇風機に当てる
  3. 日陰に置く
  4. iPhoneの使用を控える
  5. 温度が低い部屋に移動する

では、それぞれ説明していきますね。

1.iPhoneケースを一旦外す

まずはiPhoneのケースを一旦外すようにしましょう。

「iPhoneの熱さをこもらせないための4つの対策!!」でも書きましたが、

iPhoneのケースによって、

熱が逃げにくくなっている可能性があります。

冷ましたい時だけでもiPhoneのケースを外して、

iPhoneの温度が戻ったら、ケースを付け直すようにしましょう。

スポンサーリンク

2.扇風機に当てる

これが最もいい方法です。

iPhoneに扇風機の風に当ててください。

扇風機に当てる程度であれば、

前回の記事で紹介した「急激に冷やす行為」には当たりません。

まあ、同じ気温ですからね(笑)

3.日陰に置く

直射日光を浴びている状態では、中々iPhoneが冷えることはありません。

iPhoneのためにも、日陰に入る必要があります。

4.iPhoneの使用を控える

iPhoneの使用を控えることで、

CPUの稼働がストップするため、自然と温度も下がっていきます。

特に充電中にiPhoneを使用している場合は、

充電だけでも発熱しているため、

iPhoneにとっても、バッテリーにとっても良くありません。

iPhoneを使用したい気持ちは分かるのですが、

iPhoneのためを思って、一旦スリープモードにしましょう。

もし、それでも下がらない場合は、

iPhone内のプログラムが処理し続けてる可能性があります。

その場合はiPhoneのマルチタスクを開き、

iPhoneのアプリを一旦閉じるようにしましょう。

【参考】→iPhoneのマルチタスクの消し方!!どうすれば消えるの?

スポンサーリンク

5.温度が低い部屋に移動する

これは、若干注意が必要な方法ではあります。

確かに、iPhoneを冷えた部屋に移動させることで、

iPhoneの熱を冷ますことが出来ます。

・・・出来るのですが、前回の記事でも説明したとおり、

iPhoneの温度を急激に冷やす行為は、危険です。

なので、徐々に冷えた部屋に移動することが、

できれば望ましいです。

以上、iPhoneが熱を持っている場合の、

正しい5つの冷やし方でした。

ぜひ、iPhoneをいたわりつつ、使用してみてくださいね!

また、iPhoneが熱くならないための対策も、

合わせてご覧ください。

→【iPhoneが熱い】熱さをこもらせないための4つの対策!!

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。