iPhoneのタッチパネルが反応しない時にする3つのこと

どうも、フォネットです!

iPhoneの画面をタッチしていると、

「あれ、タッチパネルが全然、反応しなくなった…」

ということ、ありませんか?

しかも、あまりに長いと「故障かな・・・」と疑ったりして、

心臓に悪かったりしますよね^^;

そういった時に、

修理を頼む前にやって欲しい事が、3つほどあります。

今回は

iPhoneのタッチパネルが反応しなくなった時にする3つのこと

について、説明していきますね!

スポンサーリンク

iPhoneのタッチパネルが反応しなくなった時にする3つのこと

iPhoneのタッチパネルが反応しなくなった場合、

以下の3つの対処法を試してみてください。

  1. iPhoneを再起動する
  2. iPhoneの画面を掃除する
  3. 保護シートを外してみる

この3つですね。

では、それぞれ説明していきますね。

iPhoneを再起動する

「iPhoneが左右のスライドが反応しない場合の対処法!」でも紹介しましたが、

iPhoneを再起動することによって、

プログラムのバグやメモリ周りが改善されて、

タッチパネルが正常に反応する可能性があります。

しかし、iPhoneの再起動をしようと思っても、

スライドできずに、再起動すらままなりませんよね^^;

そういう時は、iPhoneの強制終了を行って下さい。

ホームボタンとスリープボタンの長押しですね。

スリープボタン

スポンサーリンク

iPhoneの画面を掃除する

iPhoneの画面を掃除することによって、

iPhoneの画面に付着している汚れが取れます。

“汚れ”と一言で言っても、原因は様々です。

例えば、皮脂が付着してて反応しない場合、

水分がついてて反応しない場合・・・などがあります。

そういった汚れを一旦拭き取ることによって、

正常にタッチできるようになる場合があります。

なので、iPhoneの画面掃除を一度、試してみてください。

保護シートを外してみる

実は、保護シートをつけることで、

iPhoneのタッチパネルの反応が悪くなることって、結構あったりします^^;

特に分厚い保護シートの場合は、

iPhoneのタッチの感覚を損ねてしまうので、

保護シートを選ぶ際には注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

今回はiPhoneのタッチパネルが反応しない3つの場合を、

紹介していきました。

もし、これで反応しない場合は、

修理も視野に入れておくといいかもしれませんね。。

→iPhoneが反応しない!!Appleでの修理費用はいくら位掛かるの?

この記事に関するコメント

  1. 匿名 より:

    コンピュータのHDDにiTunesダウンロードしてiPhoneのバックアップを取ったら治った。
    本当はiOSのダウングレードしようと思ったんだけど、そこで治ったのでダウングレードやめました。
    もしかすると、タップの反応が悪い時充電状態にすると自動でiPhoneのバックアップ取るので回線状況が悪くビジー状態になりiPhoneのローカルな反応(タップ等)が悪くなるって原因も考えられるのではないでしょうか?
    上記のケースではiPhoneのバックアップを自分のローカルにあるPCに取ったことでiPhoneがバックアップする作業の必要がなくなり、症状が改善したと思います。

    • フォネット より:

      匿名様
      コメントありがとうございます、iPhonet管理人のフォネットです。
      貴重なコメントありがとうございます!

      後日頂いた情報を追記、更により良いものにさせて頂きますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。