iPhoneの液晶画面がヒビ割れしていても使えるの?

どうも、フォネットです!

iPhoneを使っていると、不慮の事故で落としたりすることって、

結構ありますよね。

落とすだけならまだしも、見事に打ち所が悪くiPhoneの液晶画面が、

バキバキに割れてしまうこともあります…。

そんなiPhoneの液晶画面がひび割れてしまい、

どうしようかと考えていた結果

「ま、いっか」と使い続ける人も、最近では多くなっています。

もしかしたら、これを読んでいるあなたも、

そんな状況かもしれませんね。

しかし、気になるのは

「画面にヒビが入ったiPhoneって使い続けてても大丈夫なのか?」

です。

そこで今回は

iPhoneの画面にヒビが入った状態のiPhoneを使い続けるとどうなるか?

色々と説明していくことにします。

スポンサーリンク

iPhoneの液晶画面がヒビ割れしていても使えるの?

結論から言えば、

iPhoneの画面にヒビが入っていたとしても、意外と使えます。

画面の割れ具合にもよりますけどね。

なので「むしろこのままでも大丈夫なんじゃ?」

と思う人の気持ちも、分かります。

しかし、画面にヒビが入っているiPhoneを使うと、

  • 剥がれたガラスで指を怪我する
  • ポケットに破片が落ちてしまう
  • カバンにガラスが入って破けたり怪我の原因に繋がる
  • 上を見ながらiPhoneを使うとガラスが降ってきて目に入る危険性

などの危険を伴います。

iPhone自体にも影響するのですが、

それ以上に体に対するリスクが多くなります。

なので、怪我をしたくなければ修理に出すことを、

オススメします。

スポンサーリンク

iPhone自体の故障が深刻になることも

もちろん、けがをするリスクだけではなく、

iPhone自体も酷使することに繋がります。

割れた状態でiPhoneを使っていれば、

iPhoneの液晶が突然真っ黒になって使えなくなり、

iPhoneが故障する可能性もあります。

また、画面のガラス片がカメラに入り込み、

それが影となって現れ、

カメラに黒い影を落として使えなくなる可能性もあります。

そして、これは意外と知らないのですが、

液晶のヒビ割れだけの場合は、液晶画面の取り換えだけで済みます。

が、他の部分も故障すると、

iPhoneの端末自体の交換になるため、修理費も高くなります(汗)

まあ要するに、

出来れば修理するか機種変更をさっさと済ませた方が良い

ってことです。

その方がiPhoneにとっても、

人体にとっても、リスク無く使用することが出来ますので。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「iPhoneの液晶画面がヒビ割れしていても使えるのか?」について、

説明していきました。

ですが、ヒビが入ったiPhoneを使用するメリットは特にありませんし、

出来れば早めに修理するか、

新しいiPhoneへと機種変更することを、オススメします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。