iPhone純正イヤホンが合わない…外れる場合の改善策!!

どうも、フォネットです!

iPhoneの純正イヤホン、あなたは使っているでしょうか?

意外と高性能で、使い勝手のいいイヤホンなんで、

僕は重宝しています!

iPhone純正イヤホンの4つの使い方!!【意外と多機能!?】

ですが…。

実はこのイヤホン、形状からして、

合う人と合わない人が居るようなのです。

居るようなのですと言うのは、

僕は純正のイヤホンがデフォルトのままでも、

全然外れたことがないので^^;

しかし、合わない人は普通に歩いてても、外れるレベル…。

「こんなイヤホン、居るかボケ!(#゚Д゚)」

と、地面にイヤホンを叩きつける人も、いるとか居ないとか。

というわけで今回は、

そんなiPhoneの純正イヤホンを外れなくする改善策について、

紹介しますね^^

スポンサーリンク

iPhone純正イヤホンが合わない…外れる場合の改善策!!

iPhoneの純正イヤホンが外れる場合の改善策は、

今のところ2つ存在します。

  1. イヤホンを耳から掛ける
  2. イヤホンカバーを使用する

この2つですね^^

では早速、解説していきます!

1.イヤホンを耳から掛ける

これはイヤホンメーカーのSHUREというメーカーが、

イヤホンを付けるときの最適な掛け方について、

説明した「シェア掛け」という方法です。

この方法は、イヤホンを耳の裏から通して掛けるというもの。

iPhone純正イヤホンが合わない…外れる場合の改善策!!01

このシェア掛けをすることで得られるメリットは、

落ちないこともさることながら、

  • 服と擦れる時のタッチノイズが軽減される
  • 耳にフィットするため、音質が良くなる

というメリットも有ります。

ですが、アップル製品だとシェア掛けはできるものの、

  1. LとRが逆になる
  2. マイクどこいった(´・ω・`)

というデメリットも有ります^^;

スポンサーリンク

2.イヤホンカバーを使用してカナル型に

というわけで、個人的なオススメは、

イヤホンカバーを購入して、カナル型イヤホンにしてしまうことです。

iPhoneの純正イヤホンをカナル型イヤホンにするには、

市販のシリコンカバーを購入して取り付けることで、

簡単にカナル型イヤホンになります。

→Apple EarPods専用 シリコン製イヤホンカバーを見てみる!

が「400円?なにそれ高い!」という人向けに、

もっと安くカナル型イヤホンにする方法があります。

それが、ダイソー先生のお力を借りることです(笑)

まず、ダイソーのカナル型イヤホンを裏返します。

iPhone純正イヤホンが合わない…外れる場合の改善策!!02

裏返すとこのようになるので、

凸の部分をカットして□にしてください。

iPhone純正イヤホンが合わない…外れる場合の改善策!!03

その後、裏返したのを元の形に戻して、

イヤホンにはめれば完了です。

iPhone純正イヤホンが合わない…外れる場合の改善策!!04

やってみた感想としては、かなり切って大丈夫でした。

というか、かなり切らないと上手くはまりません。

サイズは大と中は入ったものの、小はさすがに・・・(笑)

まあ、やってみて難しくはなかったので、やる価値はあるかと。

キッチリとしたのが好きだったとしたら、この方法はオススメしません。

市販のものを購入しましょう。 

まとめ

今回はiPhoneの純正イヤホンが合わない場合の、

外れないようにする改善策について、書いていきました!

これで心置きなく動き回れますよ^^

ではでは、今日はこの辺で!

イヤホンに関する記事で、以下の記事もあわせてどうでしょうか?

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。