iPhoneのカメラのフラッシュを設定する方法

どうも、フォネットです!

iPhoneでカメラ撮影をする際に、

フラッシュを焚いてカメラ撮影をしたい時があります。

例えば、夜に写真を撮影する時だったり、

暗くて見えづらい場所で撮影する時ですね。

しかし、こういった時に

iPhoneでフラッシュを焚いて撮影するには、

どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

iPhoneのカメラのフラッシュを設定する方法

iPhoneのカメラでフラッシュを焚くための設定は、

意外と簡単です。

まず、iPhoneのホーム画面から

「カメラ」をタップします。

iPhoneのカメラのフラッシュを設定する方法01

続いて、カメラアプリを起動したら、

上メニューバーにある雷のマーク(フラッシュマーク)をタップします。

iPhoneのカメラのフラッシュを設定する方法02

すると、フラッシュの設定ができるので、

  • 自動
  • オン
  • オフ

を選択してタップします。

今回はフラッシュをオンにしたいので、

「オン」をタップします。

iPhoneのカメラのフラッシュを設定する方法03

後はこれで、カメラアプリを使って写真を撮影すれば、

フラッシュを焚いてカメラ撮影が可能となります。

スポンサーリンク

カメラアプリのフラッシュ設定手順まとめ

  1. 「カメラ」をタップ
  2. 雷のマーク(フラッシュマーク)をタップ
  3. 「オン」をタップ

まとめ

以上、iPhoneでカメラアプリを使用した、

フラッシュの設定方法でした。

意外と迷うことも多いので、

これを機に覚えてしまうと良いです。

ちなみに、iTunesにあるカメラアプリだと

違うフラッシュ機能だったり、

フラッシュ機能そのものが無かったりします。

なので、場合にあった色々とカメラアプリを調べて使用してみるのも、

面白いかもしれませんね^^

スポンサーリンク

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。