iPhoneで使うBluetooth対応ヘッドセットを選ぶ3つの基準!

どうも、フォネットです。

今回はiPhoneで使用するBluetooth対応の

ヘッドセットを選ぶ場合に必要な判断基準について、

説明していきます。

iPhoneのヘッドセットを使って、

通話をしたい時って、ありますよね。

例えば、家事をやっている時に、

電話をしながら掃除や炊事・洗濯を行う場合とか。

あるいは、ジョギング中にBluetoothのヘッドセットを使用する場合も、

ハンズフリーで使用できるため、とても便利です。

こういった場合にBluetoothで接続することで、

コードレスになり、ポケットにiPhoneを入れておくだけなので、

持ち歩きも簡単です。

では、Bluetooth対応のヘッドセットをiPhoneで使用する場合、

どこを見て決めればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

iPhoneで使うBluetooth対応ヘッドセットを選ぶ3つの基準!!

iPhoneで使用するBluetooth対応のヘッドセットでは、

主に3つの項目を見ていきます。

  1. Bluetoothのバージョン
  2. Bluetoothで音楽再生も行えるか?
  3. Siriに対応しているか?

では、それぞれ説明していきます。

Bluetoothのバージョン

Bluetoothのバージョンは、出来れば4.0以上のものが良いです。

理由は、Bluetoothには上位互換があるため、

4.0でも3.0などのバージョンまで、補っているからです。

そのため、とりあえず4.0にしとけば、

iPhoneとの互換性に関しては、問題ないからです(笑)

もちろん、それ以外にも理由はあります。

Bluetooth4.0対応のヘッドセットならば、

使用できる時間も下位のものより長いため、

Bluetooth4.0対応の物を購入したほうが、良いのです。

スポンサーリンク

Bluetoothで音楽再生も行えるか?

Bluetoothで通話だけでなく、音楽再生が可能かどうかも、

iPhoneでヘッドセットとして使用する際には重要な点です。

これは、Bluetoothの「プロファイル」を見る必要があります。

と言っても、4つのプロファイルしか無いので、

複雑なことではありません。

プロファイルには、

  • A2DP
  • AVRCP
  • HFP
  • HSP

この4種類があります。

A2DPとAVRCPは、音楽関連のプロファイルです。

A2DPは、ステレオで音声を伝送できるかどうかのプロファイル。

AVRCPは、このヘッドセットに

コントローラーの曲戻りや曲停止のリモコン機能が

ついてるかどうか?のプロファイルです。

HFP・HSPは通話用のプロファイルで、

それぞれ発着信の機能があるかどうかのプロファイルです。

この4つのプロファイルが表記されていれば、

通話も音楽も聞けるBluetoothのヘッドセットになります。

が、HFP・HSPの場合は通話専用のヘッドセットに。

A2DP・AVRCPだけの場合は、音楽を効くだけのヘッドセットになりますので、

その点だけは注意してください。

スポンサーリンク

AACのコーデックに対応しているか?

最後に、AACのコーデックに対応しているかどうか、

調べておきましょう。

iPhoneでは、AACのコーデックを使用しているため、

それに準じたヘッドセットを使用した方がいい、ということです。

逆に、AAC非対応のヘッドセットを使用した場合、

SBCというコーデックに圧縮されるため、

音質も悪く、タイムラグが発生してしまいます。

まとめ

以上、iPhoneで使用するBluetooth対応ヘッドセットの選び方でした!

  1. Bluetoothのバージョン
  2. Bluetoothで音楽再生も行えるか?
  3. Siriに対応しているか?

この3点に気をつけながら、

ヘッドセットを選んでみてくださいね^^

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。