iPhoneカメラのHDRで撮影すると写真が2枚出る…1枚にする方法は?

footer_iphonet01

iPhoneのカメラアプリ機能で、HDR機能と言うものがあります。

このHDR機能はとても便利なのですが、

初期設定のまま撮影すると2枚の写真が保存されてしまい、

容量を多く使ってしまいます。

今回はHDR機能詳しい説明と、2枚の写真が保存されないようにする設定方法について、ご紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneのHDR(ハイダイナミックレンジ)機能とは?

【iPhoneのカメラアプリ】HDRの切り替え

iPhoneのカメラアプリの使い方の記事でも少し説明しましたが、

HDR(ハイダイナミックレンジ)機能とは、

3枚の異なる露出の写真を撮影し、

合成することでより露出の調整された写真を保存する機能です。

例えば、通常であればカメラで撮影した写真は、

露出調整を行った後に撮影し、写真を保存します。

しかし、このHDR機能をオンにすると、

  • 明るく露出補正した写真
  • 中間の写真
  • 暗く露出補正した写真

この3枚を同時に撮影し、合成することで

“ちょうどいい露出補正のされた画像”が出来上がるという仕組みです。

スポンサーリンク

なぜHDR機能で撮影した写真は2枚撮影されてしまうの?

ところで、HDR機能をオンにして撮影すると、

なぜかカメラロールの中に2枚の写真が保存されるようになります。

僕自身も最初にHDR機能を知った時に

「すごい!こんな便利な機能、使わないと損!」と思って撮影したのですが、

2枚の画像が撮影されてしまい「…なんでだろう?」と思っていました。

そもそもなぜ、HDR機能を使用すると

2枚の写真が撮影されてしまうのでしょうか?

それは、iPhoneのデフォルトの設定では、通常の写真とHDR機能を使用した後の写真、

両方がカメラアプリに残るように設定されているからです。

しかし、HDR機能で写真撮影してみると分かる通り、

通常の写真が不要な場合がほとんどです。

きれいな写真が取れてるなら、

わざわざ通常写真を欲しいと思う人も少ないですからね^^;

そんなわけで、HDR機能を使用した際に通常写真を保存せずに、

HDRの写真のみを保存する設定にしましょう。

通常の写真を省き、HDR機能を使った写真1枚だけを保存する設定方法

HDR機能を使った写真1枚だけを保存することは、可能です。

今回はその設定方法を、順番に説明します。

まずは「設定」をタップします。

設定をタップ

少し下の方にある「写真とカメラ」をタップ

通常の写真を省き、HDR機能を使った写真1枚だけを保存する設定方法 (1)

一番下にある「通常の写真を残す」をオフにします。

通常の写真を省き、HDR機能を使った写真1枚だけを保存する設定方法 (2)

これで、HDR機能で撮影した写真のみが残るようになりました。

スポンサーリンク

HDR機能を使った写真1枚だけを保存する設定方法まとめ

  1. 「設定」をタップ
  2. 「写真とカメラ」をタップ
  3. 「通常の写真を残す」をオフにする

通常の写真も持っておきたい場合はオンのままでいいのですが、

HDR機能の写真だけを保存したい場合は、この設定を行うようにしましょう。

補足:HDR写真と通常の写真が欲しい場面について

そういえば書いていなかったので、最後に補足として

「HDR機能で撮った写真と、そうでない写真が必要な場面」

について、説明します。

実はHDR機能を使うと、どうしても変な写真が撮れる場面があります。

それは・・・。

動く被写体の撮影です。

先ほども書きましたが、

HDR機能は異なる明るさの写真を3枚撮影し、合成します。

そのため、動く被写体の撮影をHDR写真でしてしまうと、

合成した際にうごいたズレが生じる可能性があるため、

HDR機能での撮影は適していません。

もし、動く被写体の撮影をしたい場合は、

HDR機能をオフにするか、

別に通常の写真を持っていた方が良いというわけです。

メールアドレス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。