iPhoneをお風呂に落とした!?水没後の3つの対処法!!

どうも、フォネットです!

これを読んでるあなたは、

もしかするとお風呂でiPhoneを使っていて、

「iPhoneをお風呂に落としてしまった…。」

なんて経験をしたのかもしれません。

携帯電話をお風呂やトイレに水没してしまい、大変なことになった経験は、

僕にもあるので気持ちは良く分かります。

滅茶苦茶焦りますよね^^;

そこで今回は、

iPhoneをお風呂に落とした場合の対処法について、

解説していきます!

スポンサーリンク

iPhoneをお風呂に落とした!?水没後の3つの対処法!!

iPhoneをお風呂場やトイレに水没させてしまった場合、

すぐさまやることは以下の3つ。

  1. 電源を切る
  2. 水分をしっかりと拭き取る
  3. 乾燥させる

では、それぞれ細かく見ていきましょう。

1.電源を切る

iPhoneの電源を入れっぱなしにすると、

濡れた状態で作動しているため、

中の回路が駄目になる可能性があります。

故障する原因になりかねません。

よって、まずやることはiPhoneの電源を消すことです。

iPhoneの電源を消すには、

上のスリープボタンを長押しすることです。

【iPhoneが動かない!】ツイッターやLINEアプリでフリーズする場合の対処法!01

すると、消すか消せないのかどっちなんだい!?と聞かれるので、

スライドして電源を消しましょう。

スポンサーリンク

2.水分をしっかりと拭き取る

次にやることは、水分をしっかり拭き取ることです。

しかし、その前に装備品等々は外さなければなりません。

  • iPhoneのカバー
  • SIMカード

これらは必ず外しましょう。

で、外した後にやることは、

水分をくまなく拭き取ることです。

まずは本体周りを、

しっかりとティッシュで拭きとってあげてください。

拭きとった後は、

USB端子の部分やヘッドフォン端子の部分も、テッシュをこより状にして、

しっかりと拭き取ります。

この時やってはいけないこと

ただし、この時やってはいけないことが、

いくつかあります。

それは、

iPhoneを振らないことです。

というのも、iPhoneを降ることにより、

かえってiPhoneの内部に水滴が移動して、

悪くなる可能性があるからです。

スポンサーリンク

3.乾燥させる

 最後に、iPhoneを乾燥させる作業です。

一番ベストとされる方法は、

iPhoneを風通しの良い所に安静においておくことです。

テッシュに包んだiPhoneを、

風通しの良い所で寝かせるって書くと、

なんだか病人扱いですね(笑)

乾燥の際にやってはいけないこと

ちなみに、乾燥させればどういった方法でも構わないのですが、

やってはいけないこともいくつかあります。

iPhoneを乾燥させる際にやってはいけないことは、

  1. ドライヤーの温風で乾かさないこと(やるなら送風で)

ドライヤーで乾かすには、送風で乾かすのがポイントです。

というのも、温風で乾かそうとすると、

中の回路が破損する可能性があるからです。

なので、乾かすとしたら送風ですね。

また、お米の中に突っ込むのも、

イヤホンケーブル等に米が詰まる可能性もあるので、

あまりおすすめは出来ません。

応急処置の位置づけで、やってみてください。

→iPhoneを水没後に復活させる意外な対処法【お米で回復!?】

まとめ

最後に、もし電源がついたとしても、

iPhoneの中で乾ききっていない場合は、

数日後に使えなくなる場合もあるそうな。

そうならないためにも、

しっかりと数日間は、

安静にさせておくことが大事です。

また、出来れば修理で見てもらったほうがいいこともありますので、

その場合はきちんと見てもらいましょうね。

iPhone関して、以下の記事もあわせてどうぞ!

関連記事はこちら!

この記事に関するコメント

  1. Magdalena より:

    I read your post and wisehd I was good enough to write it

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。