iPhoneが水没して音が小さい!!スピーカー音を復活させるには?

どうも、フォネットです!

iPhoneを水没させてしまい、なんとか色々と対処してみたものの、

音だけが元に戻らない…。

iPhoneが水没後に、音は小さいし、しかも、音割れしてるし…。

なんてことが、iPhoneを水に落としてしまうと起こり得ます。

そこで今回は、iPhoneを水没させてしまった時に、

音が小さい場合の対処法について、解説していきます!

スポンサーリンク

水没後のiPhoneのスピーカー音を復活させるには?

iPhoneが水没してしまい、

スピーカーの音が小さい場合はどうすればいいのでしょうか?

まずはじめに、iPhoneが水没してしまった場合、

iPhoneが中までしっかりと乾ききるように、対処をしましょう。

→iPhoneをお風呂に落とした!?水没後の3つの対処法!!

一般的には24時間~48時間程度の時間を要するため、

パパっと拭いただけでは乾燥しきれてない可能性があります。

しっかりと乾燥させることにより、

iPhoneのスピーカーの音が水によってくぐもっているだけで、

回復することがあります。

さて、iPhoneをしっかりと乾かした後も続いている場合は、

以下の2つの原因を疑ってみてください。

  1. ゴミが詰まった
  2. スピーカーが故障した

スピーカーの音に影響してくると考えられる原因は、

この2つがほとんどです。

では、1番のゴミが詰まった場合の対処法について、

解説していきます!

スポンサーリンク

iPhoneの音が小さい理由はゴミの詰まりが原因?

iPhoneの音量が小さい理由は、

スピーカーの近くにゴミが詰まっているからかもしれません。

特にイヤホン部分を掃除すると、

音量がしっかりと出る場合があります。

また、水没後は乾かす必要も含めて、

イヤホンジャックの部分は掃除するようにしましょう。

掃除方法は簡単で、ティッシュをこより状にして、

イヤホンジャックの部分を掃除するだけです。

iPhoneが水没して音が小さい!!スピーカー音を復活させるには?01

また、iPhoneの充電コネクタの部分(ドッグ部分)も掃除することで、

音が聞こえるようになることもあります。

そちらも同様の方法で掃除しましょう。

iPhoneを再起動する

もし、iPhoneのゴミや水滴を取った後に、

これでも良くならない場合は、一旦iPhoneを再起動して見てください。

また、再起動するのと同じ原理だと思いますが、

充電がゼロになった後に再起動すると、良くなったケースも有ります。

僕自身もこれで何度か助けてもらえた事があるので、

これは確かにおすすめの方法だったりします。

スポンサーリンク

スピーカーが故障した

以上を全て試してダメだった場合は、

2番の故障の可能性が高いです。

で、2番の故障の場合は、

スピーカーが壊れてしまっているため、

交換する他ありません^^;

Appleの修理を受けるか、iPhoneを修理できるお店に持ち寄るか、

基本はそのどちらかになると思います。

まとめ

今回はiPhoneが水没してしまった場合の、

スピーカーの音を復活させる方法について、解説してきました。

とにかく水没後はしっかりと乾燥させ、

掃除するのが鉄則です。

とにかくやれることはやってみて、

それでもダメだった場合は、

素直に修理に出すか、買い換えることをオススメします。

こちらの記事を読んだ方は、以下の記事も多く読んでます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。