iPhoneのsafariのcookieはブロックをしたほうがいいの?

どうも、フォネットです!

以前に書いた記事の中で、

Cookieの削除について書いた記事がありました。

しかし、中には拡大解釈しすぎて、

「Cookieは悪だ!」と考えてる人も居るようなのですが…。

というわけで、iPhoneユーザーならSafariを使うのが一般的ですので、

  • Cookieをブロックしたほうがいいのか?
  • それともしなくても大丈夫なのか?

この辺りをしっかりと書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

safariのcookieはブロックをしたほうがいいの?

結論から言えば、特に必要ありません。

理由は2つあります。

1つ目は、標準のCookieの設定で、

悪質なサイトのほとんどは引っかからなくなるからです。

悪質なサイトさえ省ければ、

後はCookieの情報が閲覧されていたとしても、

問題ないかと思います。

2つ目は、Cookieをオフにしすぎることで、

利便性を阻害する点です。

スポンサーリンク

サードパーティクッキーの役割

まず、Cookieをオンにすることによって、

ユーザー1人ひとりに興味のある広告を表示するように、

していたりします(サードパーティクッキーと呼んだりする)。

最近だとレシートの情報を見て、

それとマッチしたチラシを配るサービスをしていますね。

あれと似たようなことを、

ネット上では既にやってるってことです。

広告自体が要らないって話にもなるかもしれませんが、

それはさておき。

ファーストパーティCookieの役割

Cookieは他にも利便性を高めるために、

  • 商品のカゴの中身を保存したり
  • ログインの状態を保持したり

などなど、便利に使えるような情報も保持しています

(こちらはファーストパーティクッキーと呼ばれてます)。

なので、Cookie全てを拒否してしまうと、

そういったネットでの利便性を失ってしまいますし、

何よりこれによる危険性はかなり低いです。

ただまあ、盗難にあった際に、

このクッキーが保存されていたらログインできてしまう、

なんてこともあったりしますので、一概には言えませんけどね。

最後に、この記事を読んで頂ければ、

Cookieのオフって、

Safariではあんまり関係ないことが分かります。

→GoogleがSafariの設定を迂回してユーザーを追跡していたことが判明

サードパーティをオフにしてるのに、

情報収集してるってこれ如何に。

スポンサーリンク

まとめ

一応まとめると、クッキーは

ファーストパーティのクッキーまで有効にしておけば、

十分かと思います。

そして、実はSafariって、既にその状態です(苦笑)

なので、設定しなくて問題無いです、以上!

ただ、先ほどの記事のようにサードパーティの情報収集はしてるようなので、

よっぽど気になるのであれば、別のブラウザを使用してみてください。

長々書いた意味って・・・(笑)

こちらの記事もどうでしょうか?

関連記事はこちら!

この記事に関するコメント

  1. Karoly より:

    What I find so inresetting is you could never find this anywhere else.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。