iPhoneの機内モードは充電の早さと持ちが良くなる!?【検証してみた】

どうも、フォネットです!

iPhoneを機内モードにしたら、

  • 充電する時間が早くなった
  • 電池の持ちが良くなった

等々、面白い話を耳にしました。

「これは試さざるを得ない!」と思い立ったので、

早速実験してみました^^

スポンサーリンク

iPhoneの機内モードは充電の早さと持ちが良くなる?

iPhoneの機内モードの状態で充電すると、

充電の早さが通常よりも気持ち早くなるそうです。

というわけで早速、実験しました。

iPhoneを機内モードにすると充電時間は短くなるのか検証してみた

実験方法は以下の通り。

  • 最初の1パーセントはスルー。
  • 上がった瞬間から5パーセント充電されるまでを測定
  • 録画のためWi-Fiはオンにせざるを得なかった

この条件のもと、動画を撮ってみました。

スポンサーリンク

実験結果

結果は以下の動画の通り。

結果:iPhoneを機内モードにしたら充電が微妙に早くなった

今回の実験結果では、

微妙に早くなることが証明されました。

(と言っても、ほんの1分ですが^^;)

それにしてもなぜ、iPhoneを機内モードにするだけで、

充電の時間が短縮できるのでしょうか?

考えてみたところ、おそらく通信しないからという、

至極当たり前の考えが出てきました。

今回はWi-Fiに繋ぎながら充電したので、

普通よりも差が出づらくなりました

(それでも早くなったことには変わりありませんが)。

が、おそらくバックグラウンドで随時、

アプリのアップロードや着信、メールの確認等、

ネットを使用してるかと思います。

そのネット通信を遮断したから、iPhoneの回復スピードも上がる、

というのがおおよその理由かと思います。

スポンサーリンク

iPhoneを機内モードにすれば電池の持ちも良くなる

同じ理由で、iPhoneを機内モードにしながら使用すれば、

バッテリーの持ちが良くなるかと思います。

何しろ、通信を何度もすることによって

電池を消費してることは、確実ですので。

まとめ

今回の実験結果では、微妙に早くなることが証明されました。

おそらくネットを繋がなければ、更に早くなることが予想されますので、

ぜひ、時間がなくて困ってる場合は、機内モードで充電してみてください^^

ちなみに、フォネットはこの動画を作成するのに、

1時間掛かりました(苦笑)

動画編集の技術を学んだほうがいいのかもしれません(笑)

この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読んでますよ

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。