iPhoneでスクショが出来ない時の2つの代替案!!

どうも、フォネットです!

前回の記事にて、

「iPhoneを使用していると、スクショができなくなる」

という時の対処法について、解説していきました。

しかし、今回はiPhoneのスクショが出来ない時に、

「代替案は無いのか?」探してみたところ、いくつか発見したので、

今回紹介していきますね^^

スポンサーリンク

iPhoneでスクショが出来ない時の代替案!!

iPhoneでスクショが出来ない時におすすめの方法が、

『AssistiveTouch』という機能を使用することです。

これを使えば別の方法でスクショを撮ることが出来ます。

まずは「設定」をタップします。

iPhoneを機内モードにする設定をはじめから丁寧に!01

「一般」をタップします。

一般をタップ

「アクセシビリティ」をタップします。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!01

下の方にある「操作」メニュー内にある

「AssistiveTouch」をタップします。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!02

「AssistiveTouch」をオンにします。

すると、このようにAssistiveTouchのメニューボタンが、

出現します。

この状態で、SSを撮りたいところまで行き、

AssistiveTouchのメニューボタンをタップします。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!03

「デバイス」をタップします。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!04

「その他」をタップします。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!06

この「スクリーンショット」をタップすると、

スクショを撮ることが出来ます。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!07

頻繁に使用するようであれば、

ショートカットに割り当てるのもありかも知れません。

スポンサーリンク

ショートカットの割り当て手順

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「アクセシビリティ」をタップ
  4. 最下部の「ショートカット」をタップ
  5. 「AssistiveTouch」にチェックを入れる

詳しくは低照度のところでも書いたので、

そちらを参考にしてください。

【参考】→iPhoneの明るさをもっと暗くする2つの方法!!

ちなみに、2つ同時にショートカットを入れると、

確認画面を挟むようになります。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!08

スポンサーリンク

手順まとめ

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「アクセシビリティ」をタップ
  4. 「AssistiveTouch」をタップ
  5. 「AssistiveTouch」をオンにする
  6. 「AssistiveTouch」のメニューボタンをタップ
  7. 「デバイス」をタップ
  8. 「その他」をタップ
  9. 「スクリーンショット」をタップ

ブラウザだけならアプリでスクショを取る方法も

一応ブラウザ表示だけなら、

『WebCollector』というアプリを使用してスクショを撮ることが出来ます。

iPhoneでスクショが出来ない時の代替案!!09

button_iTunes

使い方は簡単で、

WebCollectorはブラウザ同様にWebサイトを表示します。

なので、スクショを撮りたいサイト画面を表示して、

下のメニューに有るカメラボタンを押します。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!11

すると、スクショが撮れるので、

これで良ければ右上にある「共有ボタン」をタップします。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!12

保存や共有先が選べますが、

今回は「カメラロール」をタップします。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!14

最後に、アプリを許可するかどうか聞かれるので、

OKをすると無事、カメラロールへとスクショが保存されます。

iPhoneでスクショが撮れない!?スクショ出来ない時の代替案!!15

手順まとめ
  1. アプリを起動
  2. スクショを撮りたいサイトへ移動
  3. 「カメラボタン」をタップ
  4. 「共有ボタン」をタップ
  5. 「カメラロール」をタップ

まとめ

今回はiPhoneのスクショを撮る方法について、

代替案を2つばかりご紹介しました!

使いようによってはスクショを普通に撮るよりも撮りやすいので、

ぜひ、試してみてくださいね^^

では!

この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれていますよ。

関連記事はこちら!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。