iPhoneのスケジュールが消える…過去データを同期するには?

footer_iphonet01

どうも、フォネットです!

あなたはカレンダーにスケジュールを登録してますか?

…おそらくこの記事に最初に辿り着いたのであれば、

登録していて、しかも困っていることでしょう(笑)

僕もたまーにカレンダーを使ってますけど、

過去に(あれ、あの日っていつだっけ…?)と、

思い出したようにスケジュールを見返したりします。

ですが、見返してみると、

履歴が全く残っていないことに気づきます^^;

これ、焦りますよね。。

何とか取り戻す方法はないのでしょうか?

というのが、今回の記事の内容です(笑)

スポンサーリンク

iPhoneのスケジュールが消える理由

iPhoneのスケジュールが消える理由は、

おそらくデータを保有し続けないためかと思います。

なぜなら、データがびっしりと詰まっている状態では、

iPhoneのメモリを消費して、その分動作の読み込みが重たくなるからです。

しかし、iPhoneというものはよく出来ていて、

データはあるけど“表示されていないだけ”だったりします。

なので、今からiPhoneの消えた過去のデータを読み込むことは、

可能だったりするんですね^^

というわけで、早速過去のデータを復元する方法です!

スポンサーリンク

iPhoneの過去データを復元するには?

iPhoneの過去にあったスケジュールデータを復元するには、

iPhoneのスケジュール帳の同期期間の設定を、変更すれば可能です。

まず、iPhoneのホーム画面から、「設定」をタップします。

iPhoneのスケジュールが消える…過去データを復元するには?01

iCloudの下辺りにある「メール/連絡先/カレンダー」をタップします。

iPhoneのスケジュールが消える…過去データを復元するには?02

ページ最下段にあるカレンダーメニュー内の「同期」をタップします。

iPhoneのスケジュールが消える…過去データを復元するには?03

ここまで来たら、

後は表示したいスケジュールの期間を設定するだけです。

iPhoneのスケジュールが消える…過去データを復元するには?04

全てのスケジュールを復元したい場合は、

「すべてのイベント」をタップしてください。

ただし、1つだけ注意点があります。

表示するスケジュールが多くなるため、

本当にスケジュールをたくさん入れてる人は、

その分カレンダーを開いても表示に時間が掛かる可能性があります。

その点だけ注意です。

スポンサーリンク

手順まとめ

  1. 「設定」をタップ
  2. 「メール/連絡先/カレンダー」をタップ
  3. 「同期」をタップ
  4. 期間を設定(「すべてのイベント」をタップ)

まとめ

今回はiPhoneの過去スケジュールの復元方法について、

解説していきました。

表示しないのには重くならないようにと、

ちゃんとした理由があったんですね^^

まあスケジュールをあんまり入れない僕の場合は、

正直あんまりかわらな…いや、なんでもないです(笑)

では、大切なスケジュールを思い出すためにも、

ぜひ使用してみてくださいね^^

ではでは!

この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれていますよ。

Share_iPhonet

mail_iphonet03

メールアドレス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。