iPhoneのアプリを自動でアップデートしない設定にする!!

iPhoneのアプリ

どうも、フォネットです!

 

あなたは、iPhoneを使用している際に、

アプリが自動でアップデート…つまり更新されていることに、

気づいているでしょうか?

 

…こういうことを書くとき、たいてい僕の場合は「知らなかった時」に書きます^^;

 

意外とiPhoneを使っていると、

「自動でアップデート?そんなわけねーだろ(笑)」

と、思ってしまうものですが!

 

その実、自動アップデートが初期設定として、

なされているんですよね。

 

というわけで、その自動アップデートをオフにする方法について、今回は説明しますね^^

 

iPhoneのアプリを自動でアップデートしない設定にする

iPhoneのアプリを自動でアップデートしないためには、

自動アップデートする設定を切ればオフにすることが出来ます。

 

まず、iPhoneのホーム画面にある「設定」をタップします。

設定をタップ

 

次に「iTunes&App Store」をタップします。

(画像のスクロールを見ていただければ分かるのですが、ちょうど中間ぐらいにあります)

 

iPhoneのアプリを自動でアップデートしない設定にする!!01

下にある「アップデート」をオフにすれば、設定は完了です。

iPhoneのアプリを自動でアップデートしない設定にする!!02

 

以上で、iPhoneのアプリを自動でアップデートしない方法について、

設定は完了です。

手順まとめ

  1. 「設定」をタップ
  2. 「iTunes&App Store」をタップ
  3. 「アップデート」をオフにする

 

iPhoneのアプリを自動アップデートしないと良い理由

さて、ここまでiPhoneのアプリを自動でアップデートしない設定方法について、

説明しました。

 

しかしなぜ、iPhoneのアプリを自動でアップデートしないほうが、

良いのでしょうか?

 

その理由はiPhoneのバッテリー持ちに関わってくるからです。

 

というのも、iPhoneのアプリを自動でアップデート出来るようになっている場合。

iPhone側が自動でアップデートしてくれる反面、

その際にネットワークに接続して確認・アップデートをしています。

 

iPhoneはネットに接続する際にバッテリーの電気を消費するので、

iPhoneの電池の持ちに関わってくるんですよね。

 

というわけで、

「オフにした方がバッテリーの消費を抑えられる」

という理由から、オフにした方がいいです。

 

もちろん、その分「アップデートは自分で行わなければならない」という意味で利便性が無くなるので、どちらを取るかはあなた次第ですね!

 

まとめ

今回はiPhoneのアプリを自動でアップデートしない方法について、

解説しました。

 

ちなみに、僕自身は面倒くさがりなので、

この設定はオンにしたままにしてます^^;

 

とはいえ、電池の消費が早い場合は、

設定することをオススメします。

 

この記事について、以下の記事もあわせてどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました