歴代iPhoneのスペックを比較してみてわかったこと

iPhoneの比較

どうも、フォネットです!

 

今回は歴代のiPhoneのスペックをもとに、

比較して思ったことを書いていきます。

 

歴代iPhoneのスペックの比較

今回は分かりやすくまとめてあった週アスPLUS様の比較を、

画像としてお借りしました。

 

歴代iPhoneを見てわかったこと

まず、iPhone6Plus~iPhone5Cの画像から分かることは、以下の5点です。

  • 容量が少し増えた
  • 周波数が増えた…ように思えたけど、そこまで変化しなかった(理由はの後術)。
  • ディスプレイサイズが大きくなった
  • センサーの数が増えた
  • バッテリーの持ちが若干良くなった

 

ちなみに、周波数が増えたと思われたのですが、

実際にはそこまで大きな変化はしていませんでした。

 

理由は、スピードテストの比較の記事を見れば分かる通り、

iPhone5SとiPhone6の性能があまり変わらないからです。

【参考】→iPhoneのレスポンス速度を比較した動画を見て思ったこと

 

また、ディスプレイサイズが大きくなったのですが、

コレは人を選ぶ変更と個人的には思います。

 

 

「画面が大きければ見やすいじゃないか!」という人も居ますし、

「ポケットに収まるサイズが良かった…」という人も居るでしょう。

 

コレは可もなく不可もなし、と言ったところです。

 

個人的にはiPhone 6PlusやiPhone6は、

iPhone5Sのマイナーチェンジに近い感覚でした。

iPhone5SからiPhone4Sまでの比較

ちなみに、iPhone5S~iPhone4Sまでを、比較してみたところ…。

 

iPhone4SからiPhone5Sまで、

全体的なスペックがかなり上がった印象があります。

 

個人的に面白いと思ったのが、

周波数は一緒なのに、iPhone5SだけGPUが変わっていることです。

 

これが理由だと思いますが、

iPhone5Sは、この中でも群を抜いてスピードが速いです。

 

これは、前回記事にしたiPhoneの速度比較にて、

ベンチマークテストの結果から明らかなことです。

→iPhoneのレスポンス速度を比較した動画を見て思ったこと

まとめ

以上、歴代iPhoneのスペックを見て思ったことでした。

 

個人的にはすべての機種を相対的に見ると、

iPhone5Sがまだまだ現役のように思いますね。

 

僕自身は、次に出るiPhoneに期待しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました