iPhoneで格安SIMカード使用によるメリットとデメリット

iPhoneでの格安SIMの選び方

どうも、フォネットです!

 

今回は、格安SIMカードを使うことで出てくる

  • 格安SIMカード利用のメリット
  • 格安SIMカード利用のデメリット

この2つの側面を、説明していきます。

 

格安SIMカード利用によるメリット

格安SIMカードを使用すると、以下のメリットがあります。

 

  • 利用料金が安い
  • キャリアごとの期間縛りがない
  • 複数端末で利用できる(格安SIMカードを入れ替えるだけ)

 

利用料金が安い

なんといっても、格安SIMカードの売りはコレです。

通常の携帯会社を利用するよりも、料金が安い。

 

価格.comによる携帯大手3社と格安SIMカードの料金差を比較では、

月額料金は5,292円の節約になる

ということが書かれています。

 

 

やはり、これだけ値段に差が出てくると、見逃せない点ですよね^^

キャリアごとの期間縛りがない

格安SIMカードでは、

携帯大手3社を利用するわけではないので、

キャリアごとの期間縛りがありません。

 

もしかしたらあなたは、

「期間縛りって何?」と思うかもしれませんが、

携帯大手3社の場合、2年間の期間縛りというものが存在します。

 

これは、

「2年間はウチの会社で携帯を使っていただきますよー」

という主張のもと、行われている縛りです。

 

・・・とは言えその実、

「2年間は他の携帯会社には乗り換えられないようにするため」

の施策だったりします。

 

 

そして、更にひどいことに

「2年から2年1ヶ月」の間に、更新期間が設けられています。

 

その間、とくにキャリア変更がない場合は、

追加で2年、期間縛りが継続します。

 

図にすると以下の通り。

 

 

期間縛りの図02

 

しかも、この1ヶ月の期間外に携帯会社の解約を行うと、

残念なことに解約金が発生します。

 

例えば、2年2ヶ月目に解約したとしても、

期間縛りが適用され、解約手数料を支払う羽目になります。

 

まさに、携帯大手3社の期間縛りは、

「知らなかったじゃ済まされない」の典型例だったりするのです。

 

 

しかし。

格安SIMカードの場合は、この期間縛りがほとんどありません。

 

 

最短で6ヶ月、最長で12ヶ月程度で満期ですし、

13ヶ月目から、新たに期間が更新されることもありません。

 

この融通が利くところも、格安SIMカードの良い所ですね^^

 

複数端末で利用できる(格安SIMカードを入れ替えるだけ)

格安SIMカードでは、SIMカードのサイズさえ合えば、

複数端末で利用することが出来ます。

 

→格安SIMには3つの種類がある!iPhoneに合うサイズはどれ?

 

なので、iPhoneを2台持ちして使っている場合や、

iPadとiPhoneをうまく使い分ける際には、便利だったりします。

格安SIMカード利用によるデメリット

次に、格安SIMカード利用によるデメリットについて、

説明していきます。

 

格安SIMカードと言えど、メリットばかりではありません。

デメリットも、ちゃんと存在するのです。

 

格安SIMカードによるデメリットは、以下の通り。

  • キャリア決済が出来ない
  • キャリアメールが使用できない
  • 通話料が割高に(通話定額サービスが無い)
  • 補償サービスが無い

 

キャリア決済が出来ない

携帯大手3社のSIMカードを利用しないわけですから、

キャリア決済は当然ながら出来なくなります。

 

なので、有料アプリを購入する場合は、

  • プリペイドカード
  • クレジットカード

この2種類の方法で、決済する必要があります。

 

このため、今までキャリア決済を介して有料のアプリを購入していた場合は、

不便に感じるかもしれません。

 

キャリアメールが使用できない

格安SIMカードでは、携帯大手3社を利用しないため、

キャリアメールの利用はできなくなります。

 

キャリアメールというのは、以下のメールアドレスのことですね。

  • @docomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp
  • @softbank.ne.jp

 

以上のメールアドレスが使用できないため、

gmailやヤフーメールといった、

無料のメールアドレスを使用することになります。

 

通話料が割高に(通話定額サービスが無い)

基本的に携帯大手3社の通話料は、

カケホーダイの料金制に設定されています。

 

しかし、格安SIMカードの通話料は、

「20円/30秒」と、あまり安くはありません。

 

たとえば、1ヶ月に3時間も電話を使用する場合。

1分で40円ですから、計算すると。

 

40円×180(分)=7200円

 

3時間も電話したら、大損するというわけです。

そう、このままだと安くはないのですが・・・。

 

現在では、SkypeやLINE電話等の無料電話サービス。

更には、IP電話なるものを使用すれば、

電話料金をある程度、抑えることが出来ます。

 

なので、余程の電話が多い場合以外は、

格安SIMカードに乗り換えることをオススメします。

【参考】→IP電話や電話アプリ、かけ放題の通話料をそれぞれ比較してみた

 

補償サービスが無い

最後に、これが一番ネックかも知れません。

 

格安SIMカードを利用すると、

携帯大手3社に付いている「補償サービス」を受けることが出来ません。

 

3年目からのiPhoneは、基本的に補償サービスが無いので、

大切に扱うようにしましょう。

 

もし、あなたが、新たにSIMフリーのiPhoneを購入するのであれば、

ご自身でアップルケア+に加入することを、オススメします。

 

格安SIMはこういう人にオススメ!

さて、ここまでのメリットとデメリットを踏まえた上で、

格安SIMカードをオススメするのは、こういった場合です。

 

  • 携帯電話の料金を節約したい!
  • キャリアメールを使わなくてもいい
  • キャリア決済が無くともクレジットカードで何とかなる
  • iPhoneに愛着を持って大切に扱う
  • 複数端末でSIMカードを利用したい!

 

以上の選択肢に1つでも当てはまる場合は、

iPhoneで格安SIMを利用することをオススメします。

 

次回は、格安SIMカードを選ぶ基準について、説明していきますね!

格安SIMカードの記事一覧!
格安SIMカードって何?iPhone対応のSIMカードの選び方!
ドコモのiPhoneならSIMロックのままでも使える理由
格安SIMには3つの種類がある!iPhoneに合うサイズはどれ?
格安SIMカードを選ぶ際のデータ通信容量の目安は?
iPhoneで格安SIMカード使用によるメリットとデメリット ←なう
iPhoneで使用する格安SIMカードを選ぶ基準は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました