格安SIMカードを選ぶ際のデータ通信容量の目安は?

iPhoneでの格安SIMの選び方

どうも、フォネットです!

 

格安SIMカードを選ぶ前には、

通信容量を抑えておく必要があります。

 

なぜなら、

格安SIMカードは、通信容量の違いによって、

月額の利用料金に差があるからです。

 

 

では、一体どのデータ通信量の格安SIMカードを、

選択すればいいのでしょうか?

 

その目安について、今回は解説していきます。

 

格安SIMカードを選ぶ際のデータ通信容量の目安

一般的なスマホユーザーさんであれば、

1日3GBの格安SIMカードを選択すれば、まず問題ありません。

 

「なぜ、そう言い切れるのか?」と言うと、

ちゃんとした根拠があります。

 

MM総研によると、

『スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金・通信量(2015年3月)』

という調査を行いました。

 

その結果の中には、

「スマートフォン利用者の月間モバイル通信量」

なるものが存在します。

 

それがこのグラフです。

 

 

これを見れば分かるのですが、0GB~3GBまでのユーザーさんが、

(25%+25%+10%)ということで、全体の約6割を占めています。

 

この結果からも分かる通り、

約6割の人は3GB程度あれば、事足りてしまうということです。

通信量の目安は?

そうは言っても、それだけじゃ実感が湧かないですよね。

 

そこで、iPhoneで使用するであろうデータ量の目安について、

表でまとめることにしました。

 

一般的な通信量の目安としては、以下の通りです。

データ量(MB
300文字程度のメール送信0.005
SMS、LINEでのでのやりとり(1回)0.005
SNSの閲覧(1フィード)0.065
ウェブページ閲覧(1ページ)0.25
通話(1分)0.3
地図の表示(1回)0.7
YouTube等動画の視聴(1分)2.2

※1GB=1024MBです。

 

これを見ると、位置情報の利用や動画視聴が、

データ量を多く使用するということが分かります。

 

 

特に、YouTubeの視聴は1時間を続けると、

約132MBになります。

 

これを30日続けると3.8GBになるので、

動画閲覧の際には、Wi-Fiの回線を使って動画を見る、

などの注意が必要です。

 

 

格安SIMカードを利用する際には、

パケット通信量の節約方法について、頭に入れておくと良いでしょう。

→iPhoneのパケット通信の節約方法6選[知らないと損する?]

自分のデータ使用量を知るには?

もちろん、このデータも、

あくまで目安でしかありません。

 

自分が実際にどれくらいデータ量を使用しているのか?

分かりませんからね。

 

なので、格安SIMカードを選ぶ前には、

自分の通信容量を把握しておく必要があります。

 

以下の記事を参考にしながら、

実際に自分のデータ通信量を確認して下さい。

→【キャリア別】iPhoneでパケット通信量を確認する方法!!

 

まとめ

今回は、自分のデータ量を知ることが目的でした。

 

また、

  • 一般的には3GBの格安SIMカードを選択すれば問題ない
  • 格安SIMで動画を視聴する際には通信量の注意が必要

ということも、説明しましたね。

 

次回はもう少し踏み込んで

「格安SIMカードのメリットとデメリット」について、

解説していきますね!

格安SIMカードの記事一覧!
格安SIMカードって何?iPhone対応のSIMカードの選び方!
ドコモのiPhoneならSIMロックのままでも使える理由
格安SIMには3つの種類がある!iPhoneに合うサイズはどれ?
格安SIMカードを選ぶ際のデータ通信容量の目安は? ←なう
iPhoneで格安SIMカード使用によるメリットとデメリット
iPhoneで使用する格安SIMカードを選ぶ基準は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました