iPhoneのおやすみモードと機内モードの違いは何?

どうも、フォネットです!

iPhoneに付いている機能「おやすみモード」

夜分に使うこの機能は、

着信に関する機能をほぼ無効化します。

また、iPhoneについてる別の機能として、

「機内モード」というものもあります。

これは、iPhoneの電源を切っている状態を、

意図的に作る機能です。

・・・ですが、この両者の機能の違いって、

一体何なのでしょうか?

というわけで

「おやすみモードと機内モードの違い」

について、調べてみることに!

スポンサーリンク

おやすみモードと機内モードの着信時の違い

まず、着信時の違いは、相手側の反応が違うことです。

おやすみモードは基本的に、通話中の反応になります。

しかし、機内モードの場合は、

「この番号は、電源が入っていないか…」

というアナウンスが流れるようになります。

また、おやすみモードの場合は、

メッセージ欄に着信履歴がすぐに表示されます。

しかし機内モードの場合、

機内モードがオフになるまで着信履歴が表示されません。

その他にも、おやすみモードの場合は、

こちらから電話を発信することも可能です。

しかし、機内モードの場合は電話そのものが制限されていて、

使用できない状態となっています。

スポンサーリンク

おやすみモードと機内モードの着信の違いまとめ

おやすみモード 機内モード(Wi-Fiなし) 機内モード(Wi-Fiあり)
着信時の相手の反応 通話中の反応 アナウンスが流れる アナウンスが流れる
着信履歴 すぐに表示 機内モードオフ後に表示 機内モードオフ後に表示
電話の発信 可能 不可 不可

おやすみモードと機内モードのメールの違い

おやすみモードは、基本的にメール使用の制限はありません。

どうやら、メールの通知音も試したところ、

ロック状態なら鳴らないように出来てました。

(iPhone使用中は、通知される設計になっています)。

しかし、機内モードの場合は電源OFFの状態になるので、

メールも来ません。

まあ、ネットに繋いでないので当然なのですが(笑)

ちなみに、機内モードでWi-Fiを繋げることもできます。

しかし、その場合はネットにつながってる状態なので、

おやすみモードと変わりません。

メールも届くし、通知音もなります。

おやすみモードと機内モードのメールの違いまとめ

おやすみモード 機内モード(Wi-Fiなし) 機内モード(Wi-Fiあり)
メールの送信 △(使用中のみ送信) ×(機内モード解除後に送信)
メールの受信 △(使用中のみ受信) ×(機内モード解除後に受信)
受信履歴 ×(機内モード解除後に更新)

インターネットやiPhoneを探す機能の違い

おやすみモードや機内モードでWi-Fiをオンにしている場合、

ネット回線に繋いでいるため、

  • インターネット
  • iPhoneを探す機能

どちらも使うことが出来ます。

しかし、機内モードでWi-Fiに繋いでいない場合、

このどちらも使うことが出来ません。

・・・機内モード中になくした時は、本当に困りそうですね^^;

アラームは鳴る

最後に、アラームはどうなのか?調べてみたところ…。

これは、おやすみモードであろうと、

機内モードであろうと問答無用で鳴ります(笑)

アラーム機能強し。

スポンサーリンク

まとめ

今回はiPhoneのおやすみモードと機内モードの違いについて、

まとめてみました。

簡単にいえば、ほとんど大差ないのですが、

強いて言えばこちらから通話を仕掛けることが出来るぐらいですね!

違いを理解して、適材適所で使いこなしてみてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。