iPhoneのキャッシュの意味って?キャッシュを削除する方法!!

どうも、フォネットです!

今回はiPhoneのキャッシュについて、

  • キャッシュの意味ってなんなの?
  • キャッシュの消し方!

ということについて、書いていきますね^^

スポンサーリンク

iPhoneのキャッシュの意味って?

“キャッシュ”と聞くと聞きなれない単語かもしれませんね。

しかし、実はiPhoneでサイトを閲覧してるってことは、間違いなくキャッシュを使ってる可能性が高いです。

では、キャッシュとは何なのか?

キャッシュとは、ウェブサイトを開いた時の情報を、一時的に保存する場所のことを指します。

このデータがあることで、次回に同じページにアクセスした際に、すぐに表示されるという利点があります。

ですが、反面キャッシュファイルがどんどん溜まっていくことで、処理をするためのメモリも減っていくため、動作がもっさりしていくのです。

iPhoneのキャッシュを削除する方法

キャッシュには、要らなくなったデータがたまっている場合もあります。

キャッシュと呼ばれる一時ファイルは、1回行った所もキャッシュとして残しておくので、閲覧したページが多くなればなるほど、動作がもっさりしていきます。

ここで、分かりやすくするために、本に例えてみましょうか。

本に例えると、キャッシュは付箋のことを指します。

付箋があれば本から目的のページに行きやすいですよね?

ですが、その反面、付箋がありすぎるとわけわからなくなりますよね^^;(体験談)

つまるところ「要らない一時ファイル(付箋)は消してしまおう!」ってのが、今回のキャッシュの削除になります。

スポンサーリンク

iPhoneのキャッシュ削除の手順

今回は、Safariのキャッシュ削除する方法について説明しますので、Safari以外のブラウザをご使用されている場合は、こちらの記事を参照してください。

【Chromeの場合】→【消えない?】iPhoneでのchromeのキャッシュをクリアする方法

iPhoneのホーム画面にある「設定」をタップします。

次に、少し下に行ったところにある「safari」をタップします。

iPhoneのキャッシュ削除の手順 (1)

次に「履歴とwebサイトデータを消去」をタップ。

再度「履歴とデータを消去」と確認が来るのでタップします。

以上で、iPhoneのキャッシュの削除方法について、終了です。

iPhoneのキャッシュ削除の手順まとめ

  1. 「設定」をタップ。
  2. 「safari」をタップ。
  3. 「履歴とwebサイトデータを消去」をタップ。
  4. 「履歴とデータを消去」をタップ。

スポンサーリンク

iPhoneのキャッシュを削除する方法を動画で解説

余談:iTunesでバックアップしてもキャッシュが削除される

実は、iPhoneのキャッシュファイルの削除方法は、バックアップを復元することでも可能です。

個人的にはキャッシュの削除方法さえわかっていれば、やらなくて良いとは思いますけどね^^;

まとめ

iPhoneのキャッシュを削除すると、一時ファイルが全て無くなるので、最初は読み込みが遅く感じるかもしれません。

しかし、何度も閲覧するサイトであれば、2度目、3度目以降はキャッシュファイルがあるので、問題なくスムーズに見ることが出来ますよ^^

では、今日はこの辺で!

以下の記事もどうでしょうか?

.

メールアドレス

関連記事はこちら!

関連記事はこちら!

この記事に関するコメント

  1. 山浦 より:

    キャッシュを削除する事が出来ました。

    • フォネット より:

      コメントありがとうございます!
      この記事が参考になったようで何よりです^^

  2. より:

    設定欄にSafariがない場合は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。