【解除したい】iPhoneとiPadを同期させないためにする4つの設定

【解除したい】iPhoneとiPadを同期させないためにする4つの設定iPhoneと同期

どうも、フォネットです。

iPhoneを使用していると、時たま意図せず別の端末と同期してしまうことがあります。

通常であれば便利な同期機能ですが、それが思わぬところで争いの種になることも。

  • 古いiPhone新しいiPhoneが同期してしまった…今すぐ解除したい
  • 休日にiPhoneで使用したSafariのデータが仕事用のiPadに全部履歴が残ってしまい、閲覧していたページが丸わかりに・・・。
  • たまたま撮った写真が、iCloudに流れてしまって家族会議に。

などなど、悲惨な事になっています😅

僕も実際、iPod touchで使用してたアプリがiPhoneに移動してしまったりして「すごく邪魔だ・・・」と思ったことが、何度かあります。

 

ではどうしたら同期されない様になるのでしょうか?

今回はiPhoneとiPadやiPhone同士と同期させない4つの設定について、説明します。

iPhoneとiPadを同期させないためにする4つの設定

具体的に4つの設定とは、どういうものなのでしょうか?

  1. iPhoneのiCloudへの同期アプリを見直す
  2. iphoneとiCloudの写真同期もオフにする
  3. iPhoneのアプリや音楽、オーディオブックも同期をオフにする
  4. ハンドオフの解除

以上の4つになります。

それでは、それぞれ説明していきますね!

iPhoneのiCloudへの同期アプリを見直す

基本的にまず行って欲しい設定が、iCloudに設定されているアプリの見直しです。

iCloudのアプリの同期を見直すと、例えばiPhoneで使用していたメモ帳を、iPadや昔のiPhoneへ同期させないことが可能になります。

iPhoneのメモ帳の同期は、iCloudの同期によるものです。

 iPhoneとiPadのメモ帳を同期させない

メモ帳画面で戻るを押していると、上の画像のような画面が出てきます。

この画面を見れば、メモ帳で同期されている原因がiCloudだということが、分かります。

古いiPhoneからのメモ帳も、ここから移動してます。

 

さて、iPhoneとiCloudの同期するアプリの見直しはどうすれば良いのか?というと。

『iPhoneのiCloudへの同期を解除するにはどうすれば?』にも書きましたが、改めてiPhoneとiCloudとの同期を解除しましょう。

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップします。

「AppleID(名前の部分)」をタップした後「iCloud」をタップします。

さて、このiCloudの設定でオンになっているデータ。実は全て、iCloudへ同期されている状態です。

iPhone同士のメモ帳同期をオフにする

ここにあるメモ帳をオフにすることで、メモ帳のiCloudの同期が解除されます。

他にも、必要ないiCloudへの同期は、解除していきましょう。

iPhoneとiCloudの写真同期もオフにする

こちらもiCloudの設定になりますが、写真の同期を解除します。

先ほどと同じく、iPhoneのホーム画面から「設定」、「AppleID(名前の部分)」をタップ。

iphoneとiCloudの写真同期もオフにする01

「iCloud」をタップした後、iCloudを使用しているAPPの一番上にある「写真」をタップ。

iphoneとiCloudの写真同期もオフにする02

ここにある設定を全てオフにします。(「iCloud写真」「マイフォトストリーム」「共有アルバム」をそれぞれオフにする)

iphoneとiCloudの写真同期もオフにする03

 

余談ですが、この設定は「設定」→「写真」からでも、同じくオフにすることができます。

ちなみに、マイフォトストリームとは、写真を最大1000枚までは自動で30日間保存するサービスのことです。

iCloudの容量を使用せずに使えるため、便利ではありますが、同期したくない人にとっては必要ない機能になります。

iPhoneとiCloudの写真同期もオフにする方法まとめ

  1. 「設定」をタップ。
  2. 「AppleID(名前の部分)」をタップ。
  3. 「写真」をタップ。
  4. 「iCloud写真」「マイフォトストリーム」「共有アルバム」をそれぞれオフにする。

iPhoneのアプリや音楽、オーディオブックも同期をオフにする

アプリや音楽、オーディオブックを同期で管理したくない場合があります。

僕はiPhoneとiPod touchをそれぞれ持っているのですが、過去にゲームアプリが同期されて困ったことがあります😂

 

では、アプリを同期しないために設定を行いましょう!

先ほどと同じく(本記事3回目)、iPhoneのホーム画面から「設定」、「AppleID(名前の部分)」をタップ。

iPhoneのアプリや音楽、オーディオブックも同期をオフにする01

「iTunes StoreとApp Store」をタップします。

iPhoneのアプリや音楽、オーディオブックも同期をオフにする

この画面にある「ミュージック」「App」「ブックとオーディオブック」をそれぞれオフにします。

iPhoneのアプリや音楽、オーディオブックも同期をオフにする

これで、アプリや音楽、オーディオブックの同期がオフになります。

iPhoneのアプリや音楽、オーディオブックも同期をオフにする設定まとめ

  1. 「設定」をタップ。
  2. 「AppleID(名前の部分)」をタップ。
  3. 「iTunes StoreとApp Store」をタップ。
  4. 「ミュージック」「App」「ブックとオーディオブック」それぞれオフにする。

ハンドオフ機能をオフにする

「iPhoneのSafariを使用していると、下の方にSafariが同期して困っている」ということがあります。

これは僕も経験ありますね!

iPod touchを使ってた時に、iPhoneで調べてた記事が同期されてて「何か更新があったのかな?」と思った経験があります🤔

 

場合によっては家族に見せてる時に出てくる場合があるので、見過ごせませんね😅

この同期はiCloudのSafariの同期設定をオフにしても、直りません。

これはiPhoneの「ハンドオフ」という機能が使われているからです。

ハンドオフの機能をオフにしない限り、出てきてしまいます。

ですので、さっそくオフにしていきましょう。

iPhoneのハンドオフ(Handoff)の機能をオフにする

iPhoneのハンドオフの機能をオフにするには、iPhoneのホーム画面から「設定」をタップ。

少し下にある「一般」をタップします。

設定→一般をタップ

画面表示して上の方にある「AirPlayとHandoff」をタップ「Handoff」のスイッチをオフにします。

iPhoneのハンドオフ(Handoff)の機能をオフにする

iPhoneのハンドオフ(Handoff)の機能をオフにする方法まとめ

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「AirPlayとHandoff」をタップ
  4. 「Handoff」をオフにする

管理が難しいならAppleIDを別途作成

最後に、最終的に複数人で使用する端末(iPhoneとかiPadとか)の場合は、別のAppleIDを作るようにしましょう。

 

今後iPhoneがアップデートするたびに、新しい機能が追加される可能性があります。

思いがけないところで同期されてしまう、なんてことも十分あり得ます(ハンドオフ機能がその最たる例です)。

 

少々面倒くさいですが、どうしてもややこしい場合は、複数アカウントを持って管理することをオススメします。

Apple サポート|AppleIDの作成方法

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました