発売日はいつ?iPhone13/mini/Pro/ProMaxの違いまとめ

発売日はいつ?iPhone13/mini/Pro/ProMaxの違いまとめ 未分類

どうも、フォネットです!

今回は09月15日に行われたAppleイベントで、iPhoneの新型モデル『iPhone13』シリーズが発表されたため、速報として記載しました。

この記事で分かること
  1. iPhone13シリーズはいつ予約開始・発売するの?
  2. iPhone13シリーズで増えたカラーバリエーションはどんな色?
  3. iPhone13の販売価格はいくらなの?
  4. iPhone13/mini/Pro/ProMaxの具体的な違いは?

というわけで、早速見ていきましょう!

いつ発売?iPhone13の予約開始日と発売日

現在の日付は2024年07月19日です。

iPhone13予約開始日と発売日
  • 2021年09月17日
    iPhone 13シリーズ(mini/Pro/ProMax)
    予約開始
  • 2021年09月24日
    iPhone 13シリーズ(mini/Pro/ProMax)
    発売日

iPhone13/mini/Pro/ProMaxのデザイン・カラー

iPhone13のカラー・デザイン

iPhone13のカラー
  • iPhone13 mini:ミッドナイト(ブラック)/スターライト(ホワイト)/PRODUCT(RED)/ブルー /ピンク
  • iPhone13:ミッドナイト(ブラック)/スターライト(ホワイト)/PRODUCT(RED)/ブルー /ピンク
  • iPhone13 Pro:グラファイト(グレー)/ゴールド/シルバー/シエラブルー
  • iPhone13 Pro Max:グラファイト(グレー)/ゴールド/シルバー/シエラブルー

iPhone13/miniは5色のカラーバリエーション

iPhone13iPhone 13 miniは、5色のカラーバリエーション。

  1. 「ミッドナイト(ブラック)」
  2. 「スターライト(ホワイト)」
  3. 「PRODUCT(RED)」
  4. 「ブルー 」
  5. 「ピンク」

の5種類です。

iPhone13/miniのカラーバリエーションiPhone13 / 13miniの新色は「ピンク」が追加されました。

iPhone13のピンク

濃い色のピンクではなく、淡い色のピンク。

当初予想されていたピンク色は、もっと濃い色のピンクでした。

今回発表されたこのピンク色は、上品な色合いで、大人も持ちやすい色に仕上がっていると思いますね🤔

iPhone13 Pro/ProMaxは、4色のカラーバリエーション

iPhone13 Pro/ProMaxは、4色のカラーバリエーションになります。

  1. 「シルバー」
  2. 「ゴールド」
  3. 「グラファイト(グレー)」
  4. 「シエラブルー」

の4色です。

iPhone13Pro/Pro Maxのカラー・デザイン

iPhone13 Pro/Pro Maxのカラーバリエーション

新色はシエラブルーと呼ばれる、淡い色のブルーです。

濃い色合いとは違って淡い分、控えめな印象を持ちました。

個人的にはこのブルーの色が結構好みですね😊

iPhone13のシエラブルー

iPhone13/mini/Pro/ProMaxのバッテリー駆動時間

iPhone13シリーズのバッテリーの駆動時間

○○のメリット
  1. iPhone13 mini:最大17時間のビデオ再生→駆動時間が2時間長い
  2. iPhone13:最大19時間のビデオ再生→駆動時間が2時間長い
  3. iPhone13 Pro:最大22時間のビデオ再生→駆動時間が5時間長い
  4. iPhone13 Pro Max:最大28時間のビデオ再生→駆動時間が8時間長い
iPhone13シリーズのバッテリー駆動時間
mini オリジナル Pro Pro Max
iPhone13
(容量)
2,460mAh 3,095mAh 3,095mAh 4,352mAh
iPhone13
(バッテリー駆動時間)
最大17時間のビデオ再生 最大19時間のビデオ再生 最大22時間のビデオ再生 最大28時間のビデオ再生
iPhone12
(容量)
2,227mAh 2,815mAh 2,815mAh 3,687mAh
iPhone12
(バッテリー駆動時間)
最大15時間のビデオ再生 最大17時間のビデオ再生 最大17時間のビデオ再生 最大20時間のビデオ再生

iPhone12シリーズと比較して、iPhone13はビデオ再生時間が最大2時間~8時間程度長くなっています。

これは、バッテリーの容量が増えたことや、後ほど紹介する「ProMotion」の影響などによる、バッテリー持ちがよくなったことがあります。

iPhone13の販売価格はいくら?

iPhone13の販売価格はいくら?

 

iPhone13シリーズの販売価格(税込)
iPhone 13 mini iPhone 13 iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
価格:128GB 86,800円 98,800円 122,800円 134,800円
価格:256GB 98,800円 110,800円 134,800円 146,800円
価格:512GB 122,800円 134,800円 158,800円 170,800円
価格:1TB 182,800円 194,800円

iPhone13では、以前までの64GBの容量が消え、128GB~の販売となりました。

またiPhone13Pro/Mro Maxでは、1TBの大容量のスペックも増えました。

iPhone13/mini/Pro/ProMaxの比較表!

iPhone 13 mini iPhone 13 iPhone 13 Pro iPhone 13 Pro Max
容量
(ROM)
128GB
256GB
512GB
128GB
128GB
512GB
128GB
256GB
512GB
1TB
128GB
256GB
512GB
1TB
バッテリー容量 2406mAh 3,095mAh 3,095mAh 4,352mAh
カラー ミッドナイト
スターライト
PRODUCT(RED)
ブルー
ピンクNew!
ミッドナイト
スターライト
PRODUCT(RED)
ブルー
ピンクNew!
シルバー
グラファイト
ゴールド
シエラブルーNew!
シルバー
グラファイト
ゴールド
シエラブルーNew!
高さ 131.5mm 146.7mm 146.7mm 160.8mm
64.2mm 71.5mm 71.5mm 78.1mm
厚さ 7.65mm 7.65mm 7.65mm 7.65mm
重さ 140g 173g 187g 226g
ディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
ディスプレイサイズ 5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ
カメラ 広角+超広角 広角+超広角 広角+超広角+望遠
LiDARスキャナ
広角+超広角+望遠
LiDARスキャナ
シネマティックモード
ナイトモード(ポートレート) × ×
ナイトモード
イヤホンジャック × × × ×
コネクタ Lightningコネクタ Lightningコネクタ Lightningコネクタ Lightningコネクタ
ホームボタン × × × ×
Face ID
無線充電
5G対応
防水・防塵
IP68

IP68

IP68

IP68
SIMカード デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
リフレッシュレート 60Hz 60Hz 120Hz
(可変)
120Hz
(可変)
価格(税込)
価格:128GB 86,800円 98,800円 122,800円 134,800円
価格:256GB 98,800円 110,800円 134,800円 146,800円
価格:512GB 122,800円 134,800円 158,800円 170,800円
価格:1TB 182,800円 194,800円

ちなみに、iPhone12と比較したときに、全体的にグラム数は大きくなっています。

iPhone12とiPhone13の重量
  1. iPhone13 mini:133g→140g
  2. iPhone 13:162g→173g
  3. iPhone 13 Pro: 187g→203g
  4. iPhone 13 Pro Max:226g→238g

iPhone13Pro/ProMaxには「ProMotion」を搭載

iPhone13pro・promax promotion

ProMotionとは、コンテンツに合わせて自動的にリフレッシュレートが変更されるもの。

リフレッシュレートとは、画面上の画像を更新する頻度のことです。

1秒間に何回新しい画像を描画するか?が分かります。

例えば、60Hzの場合は1秒間に60回画像が更新され、120Hzの場合は、1秒間に120回更新されます。

「じゃあ高Hzの方が良いんじゃない?」と思いますが、携帯電話の場合はそうは行きません。

というのも、描画する回数が増えれば増えるほど、更新する頻度が増えるため、バッテリーの消費量が多くなるというデメリットが有るからです。

 

しかし、今回紹介した「ProMotion」では、コンテンツに合わせてリフレッシュレートが変更されます。

そのため、テキストのように更新頻度が必要ないものはHz数が低下し、アクションゲームや動画などHz数が必要なものは高くなる・・・というわけです。

また、スクロール時のHz数もその都度可変するため、スクロール時にもっさりとした感覚にはなりません。

まとめ

今回はiPhone13シリーズが発売されたので、駆け足でまとめてみました!

この記事で気になるiPhoneがあれば、ぜひ確認してみると良いでしょう。

それでは!

Apple公式サイトへ移動する

確認時点では販売されていませんが、一応大手キャリア3社のリンクも載せておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました