iPhoneのホームボタンが陥没した…出す方法は無いの?

iPhoneのホームボタン

どうも、フォネットです。

iPhoneを使っているとよく使用する機会のあるボタンに、ホームボタンがあります。

iPhoneに付いているボタンらしいボタンの一つですが、iPhoneにこれが無いと本当に不便ですよね^^;

しかし、そのホームボタンが、ある日突然陥没してしまうことも…。

どうにかして陥没してしまったホームボタンを、出す方法は無いのでしょうか?

陥没したホームボタンを出す方法は無いの?

一時期、iPhoneの陥没したホームボタンを取り出す方法は、要所で書かれていました。

例えば、

  • 無水エタノールでホームボタンが直る
  • デコピンでホームボタンが直る

といった噂がありました。

改めて調べ直したところ、一応エタノールを用いてiPhoneのホームボタンを掃除をする方法はありますので、まずはその方法を一旦お伝えしますね。

iPhoneのホームボタンを無水エタノールで掃除する

amazonで無水エタノールを探す
楽天市場で無水エタノールを探す

 

無水エタノールとは、99.5%がエタノールで構成されている、水を含まないエタノールのことです。

そのため、エタノールそのものの特性が色濃く現れます。

エタノールの特性は、以下の通り。

  • 水が使えない掃除(家電製品や電子機器とか)の掃除に向いてる
  • 揮発性が高い(乾きやすい)ため、洗浄能力が高い
  • 油分を溶かす効果はある(皮脂汚れにも)
  • 殺菌能力はない

iPhoneのホームボタンが掃除でよくなる場合は、皮脂汚れを落とすことにあります。

というわけで、早速掃除してみます。

今回は僕も記事を書きながら掃除してみることにします。

今回はiPod touchを取り出しました。

無水エタノールでiPhoneのボタンを掃除する01

まずは非常に汚い画像になってしまうのですが、汚れている部分を見せることとします(微々たる汚れも許さないほどの汚れ嫌いの方は閲覧注意)。

無水エタノールでiPhoneのボタンを掃除する02

この部分ですね、こまめに拭いては居るのですが、たしかにちょっと汚れてます・・・😂

さて、まずはiPhoneの電源を切ります。

iPhoneのスリープボタンを長押しします。

 

次に、「スライドで電源をOFF」の部分をスワイプして、電源をオフにします。

これでOKです。

次に、iPhoneを地面において、綿棒に無水エタノールを付けてボタン部分を軽くこすります。

(ちなみに、エタノールに対して手が荒れる場合は、ゴム手袋やビニール手袋を着用すると良いです)

無水エタノールでiPhoneのボタンを掃除する03

このとき、ボタンの淵の部分の部分を掃除しますので、ボタンを軽く押し込みながら綿棒で淵の掃除すると良いでしょう。

  1. 片側の綿棒(エタノールの付いた方)で掃除した後
  2. 反対側の綿棒(乾いてる方)で拭き取る

・・・ように、それぞれ掃除をしていきます。

さて、汚れはどれほど取れたか?というと・・・。

無水エタノールでiPhoneのボタンを掃除する04

たしかに、ほとんどの汚れが取れていますね🙄

これで皮脂汚れやホコリなどが理由で起こったホームボタンの陥没は、直るかもしれません。

汚れが原因でないホームボタンの陥没は直せるの?

iPhoneのボタン部分を掃除しても陥没が戻らない場合、結論から言うと、自力で出す方法は無いです。

無水エタノールは皮脂汚れを溶かす可能性はあるにせよ、そもそも論として、iPhoneのホームボタンが効かなくなる理由は、部品の故障がほとんどです。

デコピンで陥没したiPhoneのホームボタンを戻す方法も、その場しのぎの方法でしかありません。

とはいえ、試しにやってみる価値はあると思いますけどね🤔

陥没したiPhoneのホームボタンは修理で直す

では、陥没してしまったiPhoneのホームボタンは、もう直らないのでしょうか?

…というと、そういう訳でもありません。

実は、iPhoneのホームボタンは、修理・交換ができます。

修理方法は3つ。

  • 店舗での修理
  • インターネットでの修理
  • 郵送での修理

この3つですね。

詳しくはAppleの公式ページを見てください。

→iPhone の修理 – その他の修理

ホームボタンが陥没した場合の修理費用はいくら?

ところで、iPhoneのホームボタンの修理費用は、どのくらい掛かるのでしょうか?

これは、一概には言えないのですが、落としたりしてiPhoneのホームボタンが効かなくなった場合は、修理費を払うことになります。

…ですが、修理費用を払わなくて良い場合もあります。

 

例えば、iPhoneを普通に使っていて、アップルストアで修理を出した時に中身を見てもらったところ、落とした形跡も、水没した形跡も特にない場合。

その場合は、修理費はゼロ円です。

そのため、修理センターで診てもらうほうが、自分で掃除してボタンを戻すよりも堅実な方法と言えます。

まとめ

今回は陥没してしまったiPhoneのホームボタンについて、どうすればいいのか?説明しました。

自力で出す方法はホームボタンを掃除することで、解決するかもしれません。

一方で故障の場合はどうしようもないので、早めに修理に出すことをオススメします。

 

ちなみに、ホームボタンの代替案として『Assistive Touch』を使う方法があります。

どうしても修理に出せなくてiPhoneを使用したい場合は、こちらの機能を使ってみてください。

iPhoneのホームボタン
スポンサーリンク
以下の記事もオススメです。
iPhonet

コメント

タイトルとURLをコピーしました