iPhoneのタイマー機能で再生停止を使って電源オフにする

どうも、フォネットです!

あなたは、iPhoneのタイマー機能、

十分に使っているでしょうか?

僕もタイマー機能は結構使ってたのですが、

実はまだまだ知らない機能が存在していたようです^^;

というわけで今回は、

iPhoneのタイマー機能を使って電源オフにする方法

について、解説していきます!

スポンサーリンク

iPhoneのタイマー機能で再生停止を使って電源オフにする

iPhoneのタイマー機能には、面白い機能が備わっています。

その名もズバリ「再生停止」機能です。

まず、iPhoneのホーム画面にある「時計」をタップします。

iPhoneのタイマー機能で再生停止を使って電源オフにする01

つづいて、タイマーを設定した後、

「タイマー終了時」のところをタップします。

iPhoneのタイマー機能で再生停止を使って電源オフにする02

一番下にあるメニューに「再生停止」というものがあります。

これをタップして選択後、

右上の「設定」をタップして保存します。

iPhoneのタイマー機能で再生停止を使って電源オフにする03

あとは通常通り、iPhoneのアラームを使ってください。

タイマー終了後、ホーム画面に移動します^^

スポンサーリンク

手順まとめ

  1. 「時計」をタップ
  2. タイマーを設定
  3. タイマー終了時に「再生停止」を設定

スポンサーリンク

iPhoneのタイマーの再生停止が便利な理由

1.睡眠中に勝手に消える仕掛けを作れる

あなたは、iPhoneを使用する際に、

つい、ウトウトして寝てしまう…なんてことはありませんか?

眠い時に分かっていたとはいえ、

それで全く自動でのロックが掛からず、

気づいたら付けっぱなしになっていた…なんてことも。

寝落ちでバッテリーがゼロになってしまうのは、笑えない話ですし、

充電中だったとしても、バッテリーの寿命を考えると、

これほど無駄に酷使する行為はありません^^;

2.睡眠中に勝手に消える仕掛けを作れる

例えば、iPhoneを子どもがアプリゲームをしたいがために、

貸したりすることってありませんか?

貸すのはいいけど、

子どもがいつまでもスマホゲームにハマってしまい、

1日中ゲームをする…なんてことも。

そんな時に、予め時間を決めておく必要は当然あります。

…ありますが、そんな約束事さえも忘れてゲームをし続けるのが、

子どもの本能による行動だったりします^^;

しかし、今回の方法を使えば、

取り決め時間にキッチリロックがかかるので、

パスコードさえ教えなければ、ゲームを停止することが出来ます。

まとめ

今回はiPhoneのロック画面を「再生停止」機能によって、

停止する方法について、説明していきました!

ぜひ、活用してみてくださいね^^

以下の記事もあわせてどうぞ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。