iPhoneから安全にiCloud写真を無効化して削除する方法

iPhoneから安全にiCloud写真を無効化して削除する方法iPhoneとiCloud

どうも、フォネットです!

iPhoneを利用していると、設定が購入当初のままであれば、撮影した「写真」や「ビデオ」がiCloudに自動保存されます。

それだけなら特に問題はないのですが、

  • 大容量のiPhoneを使用している場合
  • いくつも端末を共有しながら使っている

などの理由から、iCloudの使用容量が圧迫して、容量不足になることがあります。

そこで今回は『iCloud写真を無効化して削除する方法』について、ご紹介します!

iCloud写真を無効化して削除する前にしておくこと

iCloud写真を無効化して削除する前に、ぜひやっておいて欲しいことがあります。

それは「iPhone本体にオリジナルの画像を保存すること」です。

基本的にiCloud写真を使っていた場合、iPhone本体には「容量が最適化された写真」が保存されています(初期設定により)。

容量が最適化された写真は、オリジナルのデータと比べて10分の1の容量の画像とビデオファイルになります。

それによって容量不足が解消されるメリットも有るのですが、iCloud写真を削除してしまうと「オリジナルのデータ」そのものが消えてしまいます。

大切な写真が消えてしまっては、元も子もありませんからね。

ですので・・・

iCloud写真を無効化して削除するまでの手順
  1. iPhone本体に「オリジナルの写真」を保存し直す
  2. (必要に応じて)iPhone内にある「オリジナルの写真」を別の場所に移す
  3. iCloud写真を無効化して削除する

という順番で行う必要があります。

iCloudからiPhoneにオリジナルの写真をダウンロードする

iPhoneに写真を残すには、iCloud写真をオフにする前に「オリジナルをダウンロード」します。

iPhoneの中身に有る写真を、先に他のストレージサービスに移動しましょう。

iCloudからiPhoneにオリジナルの写真をダウンロードするには・・・

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップ。

「自分の名前(Apple ID)」をタップします。

設定b → ユーザー名をタップ

「iCloud」をタップ「写真」をタップします。

「オリジナルをダウンロード」にチェックを入れてください。

iCloudからiPhoneにオリジナルの写真をダウンロードする

これで設定自体は完了です!

ただ、ダウンロードまでにはしばらく時間が掛かるので、出来れば半日~1日は待ったほうが良いですね🤔

iCloudからiPhoneにオリジナルの写真をダウンロードする方法まとめ
  1. 「設定」をタップ
  2. 「自分の名前(Apple ID)」をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「写真」をタップ
  5. 「オリジナルをダウンロード」にチェックを入れる

必要に応じてオリジナルの写真を別の場所に移す

必要に応じて、オリジナルの写真を別の場所に移しましょう。

主に写真ファイルがかさ張っている場合は、クラウドストレージでAmazon Photosの使用をオススメしています。

Amazon Photosでは、プライム会員なら容量無制限で「写真」が使用可能だからです。

料金も月額プラン500円(税込)、年間プラン4,900円(税込)です。

年間プランで契約した場合、月々408円で写真容量を気にしなくて済みます。

ちなみに、僕自身もアマゾンプライムの会員なので、便利に使わせてもらってます😊

また、この記事を読んでいるあなた自身が選びやすいように、他のクラウドストレージサービスと比較した際の記事も、同時に載せておきますね!

選択の際の手助けになれば幸いです。

【公式】クリックしてタップしてAmazonプライムの内容を確認する

iCloud写真を無効化して削除する方法

それでは、いよいよ本題の「iCloud写真を無効化して削除する方法」について、説明しますね😊

iCloudの写真を無効化して削除する方法は・・・

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップ。

「自分の名前(Apple ID)」をタップします。

設定b → ユーザー名をタップ

「iCloud」をタップ。「ストレージ管理」をタップします。

iCloudにバックアップする方法01 (1)iCloudの容量を購入する方法 (2)

一覧から「写真」をタップ。

ここにある「無効化して削除」をタップします。

iCloud写真を無効化して削除する方法 (1)iCloud写真を無効化して削除する方法 (2)

「30日後に消える等の注意事項と確認の画面」が出てきますが「このまま続ける」をタップします。

iCloud写真を無効化して削除する方法 (3)

これで「iCloudの写真がオフ」になりました!

なお、この設定を行うと「30日以内にiCloud写真をダウンロードしてください。」というメールが来ます。

30日以内にiCloud写真をダウンロードして保存しておきましょう。

iCloud写真を無効化して削除する方法まとめ
  1. 「設定」をタップ
  2. 「自分の名前(Apple ID)」をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「ストレージ管理」をタップ
  5. 「写真」をタップ
  6. 「無効化して削除」をタップ
  7. 「このまま続ける」をタップ
iPhoneとiCloud
フォネットをフォローする
スポンサーリンク
この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます
iPhonet

コメント

タイトルとURLをコピーしました