iCloudストレージの写真を削除しても容量が減らない場合の対処法

iCloudストレージの写真を削除しても容量が減らない場合の対処法iPhoneとiCloud

どうも、フォネットです!

iPhoneで写真や動画を大量に撮影していると、iPhoneのストレージも一気に減ってしまいます。

それに応じてiCloudストレージと写真アプリを同期していると、iCloudストレージもかなりの早さで消費していきますよね。

特に、iCloudストレージは有料の最安値でも「50GB」ですから、最近のiPhoneのストレージよりも少ないため、気をつけて使用する必要があります😅

ですので「写真を削除してiCloudストレージの容量を増やす」という方法を取る方も多いのですが・・・。

実はiPhoneの写真を削除しただけでは、iCloudのストレージをすぐには確保できません。

この記事で分かること
  • 写真を削除してもiCloudストレージが減らない理由
  • iCloudストレージの写真を削除しても容量が減らない場合の対処法
  • iCloud写真を無効化して容量を減らす

以上の内容について、説明していきます!

iCloudストレージを確認する

まずはiPhoneからiCloudに使用されている「iCloudストレージ」を確認してみましょう!

iCloudストレージを確認するには・・・

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップ。

「自分の名前(Apple ID)」をタップします。

設定b → ユーザー名をタップ

「iCloud」をタップ。

上にある「ストレージ管理」をタップします。

iCloudにバックアップする方法01 (1)iCloudの容量を購入する方法 (2)

一覧から「写真」を見てください。

ここに容量の概要が写っていることが分かりますね🤔

これが現在あなたがiCloudで使用している「写真」の容量です。

iCloud写真を無効化して削除する方法 (1)

写真を削除してもiCloudストレージが減らない理由

さて、この「写真」の容量を増やすために、iPhoneの写真を削除される方も多いのではないでしょうか?

しかし、iPhoneの写真を削除したにもかかわらず「写真を削除してもiCloudストレージが減らない!」とのお悩みが出てくることが良くあります。

この理由はほとんど「iCloudストレージの写真が消えてない」ことが原因です。

実はiPhoneの写真を削除しただけでは、完全に削除できている事になっていません。

iPhoneで削除した写真は「最近削除した項目」というフォルダに移動され、30日間はそこに一時的に残っているのです。

言い換えれば、この「最近削除した項目」フォルダにある写真を削除すると、iCloudストレージの容量が増えるというわけです。

写真を削除しても減らないiCloudストレージの解決法

というわけで、先ほどまでの章で紹介した理由により「iPhoneの写真を完全に削除する」方法について、ここではご紹介します。

iPhoneの写真を完全に削除するには・・・

iPhoneのホーム画面から「写真」をタップ。

今回は下メニューバーから「アルバム」をタップします。

「写真」をタップ「アルバム」をタップ

画面が切り替わりますので、一番下までスクロールしてください。

すると「最近削除した項目」というフォルダがあります(下の写真を参照)。

「最近削除した項目」をタップします。

フォルダを開いたら、右上に表示されている「選択」をタップします。

iPhoneから完全に写真を削除する (1)iPhoneから完全に写真を削除する (2)

特に復元する写真がなければ、すべて削除しましょう。

左下の「すべて削除」をタップします。

確認画面が表示されますので「○○項目を削除」をタップします。

iPhoneから完全に写真を削除する (3)iPhoneから完全に写真を削除する (4)

これで全ての写真を完全に削除することが出来ました!

iPhoneから完全に写真を削除する方法まとめ
  1. 「写真」をタップ
  2. 「アルバム」をタップ
  3. 「最近削除した項目」をタップ
  4. 「選択」をタップ
  5. 「全て削除」をタップ
  6. 「○○項目を削除」をタップ
パソコンでiCloudからの削除も可能

パソコンからもiCloudの写真を削除することが可能です。

手順に関しては、こちらにサラッと記入します。

パソコンでiCloudを使って写真を完全に削除する手順まとめ
  1. 「iCloud.com」に移動する
  2. 「写真」をクリック
  3. 「ライブラリ」→「最近削除した項目」をクリック
  4. 「全て削除」をクリック
  5. 「削除」をクリック

以下の記事では、画像つきで詳しく解説しています。

画像を見ながら実行したい場合は、こちらの記事を参照してください。

完全に削除しても減らない場合は?

iCloudに反映されるまで、多少なりとも時間が掛かります。

そのため、少し時間を置いてから確認するようにしましょう。

また、どうしても減らない場合は後述する「iCloud写真の無効化」も視野に入れてみてください。

他にも、iCloudストレージを今すぐ開けたい場合は、筆者が書いた「iPhoneでiCloudの容量を減らす4つの方法」で紹介した内容を試してみてください。

iCloud写真を無効化して容量を減らす

iPhoneから安全にiCloud写真を無効化して削除する方法

「写真を削除してもiCloudストレージの容量が減らない!」という悩みからは少し離れますが。

iCloud写真(旧「iCloud フォトライブラリ」)をオフにすることで、iCloud写真を削除することが出来るため、容量の削減に繋がります。

やり方は以下の通り。

iCloud写真を無効化して容量を減らす手順
  1. 「設定」をタップ
  2. 「自分の名前(Apple ID)」をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 「ストレージ管理」をタップ
  5. 「写真」をタップ
  6. 「無効化して削除」をタップ
  7. 「このまま続ける」をタップ

ただし、この方法は設定によっては元々の写真を取り戻せなくなるため、注意が必要です。

以下の記事では、筆者が安全にiCloud写真を無効にする方法を、写真付きで解説しています。

特に写真を使うことが多く、iCloudの容量を極力減らしたい場合は、参考にしてみてください😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました