【アンインストール出来ない…?】iPhoneのSafariを非表示にする方法

iPhoneとSafari

どうも、フォネットです。

iPhoneの標準ブラウザで「Safari」というアプリがあります。

このSafariというアプリ。

僕は便利で利用しているのですが、人によっては他のブラウザアプリを利用していたりするため、ホーム画面に只々表示され続けているのも邪魔だと感じる人も、結構居るようです。

そこで今回はiPhoneのSafariの表示を消す方法について、触れていこうかと思います。

iphoneのsafari。アンインストール(消すこと)は出来るの?

iPhoneのSafariを使用していない人からしたら、Safariがホーム画面にあっても邪魔なだけで、必要ありませんよね。

どうにかして、アンインストールする方法は無いのでしょうか?

と、調べてみたところ…。

現在のところ、iPhoneのSafariは標準ブラウザであるため、アンインストールすることは出来ません。

でも、SafariをiPhoneのホーム画面や設定画面から消すことは可能です。

そこで今回は、Safariの削除に近い、Safariを非表示にする方法について、設定方法をご説明します!

iPhoneのSafariを消す手順

iPhoneのSafariを非表示にする方法は、以下の通り。

まずはiPhoneのホーム画面にある「設定」をタップした後「スクリーンタイム」をタップします。

【アンインストール出来ない…】iPhoneのSafariを非表示にする方法 (1)

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップした後、中にあるメニューの「コンテンツとプライバシーの制限」をオンにします。

「許可されたApp」をタップすると、iPhoneの標準アプリがズラーッと並んでいますので「Safari」をタップしてスイッチをオフにします。

これでSafariが非表示になります。

実際にホーム画面を見てみると、こんな感じで非表示になってますね^^

また、確認したところ、今回の設定でホーム画面だけでなく設定画面での表示も消えます

iPhoneのSafariを非表示にする方法10

ですので、使わないアプリも含めて設定を行うと、すごくスッキリすると思います。

 

iPhoneのSafariを消す手順まとめ

  • 「設定」をタップ。
  • 「スクリーンタイム」をタップ。
  • 「コンテンツとプライバシーの制限」をオンにする。
  • 「許可されたApp」をタップ。
  • 「Safari」をタップしてスイッチをオフにする。

まとめ

今回はiPhoneの標準ブラウザであるアプリ「Safari」を非表示にする方法について、説明しました!

僕は結構Safariを利用してて、そこまで不便に思っていないのですが、使わない人にとってはSafariを使用しないですからねー。

Safariを利用されない場合は、設定してみると良いかもしれません😊

では、今日はこの辺で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました