iPhoneの位置情報がおかしい…位置がズレる場合の改善法!!

iPhoneと位置情報サービス

どうも、フォネットです!

 

iPhoneを使用する際によく使うアプリが、

マップ機能です。

 

しかし、iPhoneのマップ機能を使っていると、

時たま変なところに出ることも…。

 

位置情報がおかしいところに表示されたり、

位置がズレて酷いことって、ありますよね^^;

 

というわけで今回は、

  • iPhoneの位置情報がおかしい理由
  • ズレを修正するための改善方法

この2点について、説明していきます!

iPhoneの位置情報がおかしい理由

そもそも、iPhoneの位置情報が若干(…というかとても)ズレている理由は、

何なのでしょうか?

 

これには2つの理由があります。

 

 

  1. 建物の多いところにいる
  2. Wi-Fiなどのネットが悪さをしてる

 

おおよそこの2つです。

では、それぞれ見ていきましょう。

 

1.建物の多いところにいる

GPSは衛生からの電波のやりとりによって、

現在位置を把握するものです。

 

そのため、建物の多いところにいると、

電波が建物に干渉してしまい、正確な位置を把握することが出来ません。

 

よって、建物の多い場所や、屋内ではGPSが不正確になる。

という理屈なのです。

 

2.Wi-Fiなどのネットが悪さをしてる

実は衛生からのやりとりだけでなく、

Wi-Fiなどの無線LANからのスポット情報も、

iPhoneの位置情報と連動しています。

 

 

そのため、Wi-Fiの情報が著しく偏ったものであると、

位置情報がとんでもないところに出ることも^^;

iPhoneの位置情報のズレを修正するための改善方法

というわけで、改善方法ですね。

 

この改善方法については、3つの方法があります。

 

 

  1. Wi-Fiのオン・オフを切り替える
  2. 建物の少ない場所へ移動する
  3. マップの再起動

 

では、それぞれ説明していきます。

 

1.Wi-Fiのオン・オフを切り替える

iPhoneの位置情報がWi-Fiスポットから取得され、

それが悪さをしているとしたら、まずはWi-Fiをオフにしてみましょう。

 

もし、それでも改善されない場合は、

逆にWi-Fiをオンにするといいです。

 

GPS機能の方が悪さをしているということも、

往々にして考えられますからね。

 

もし、どちらのネットのせいでもなければ、

次の項目です。

 

2.建物の少ない場所へ移動する

理由その1にあったとおり、建物は干渉物として、

位置情報を狂わせる要因の1つです。

 

その建物が多ければ多いほど、

電波にとっての障害物が増えるということなので、

なるべく障害物が少ないところに移動します。

 

3.マップの再起動

それでもダメならこれ。

マップの再起動です。

 

というか、一番手っ取り早いですし、僕もよく使います!

 

そもそもマップがバグって位置情報を保持したままだと、

いくら建物から離れようが、位置情報は変な所に居たままです。

 

その情報を一旦リセットするためにも、

iPhoneのマップを再起動するのが、最も有効な手段なのです。

まとめ

今回はiPhoneの位置情報が狂う理由と改善策について、

解説していきました!

 

少なくとも位置情報を使う際には、

建物の入り組んだ場所で使わないようにしましょうね^^

 

また「狂ったら再起動」これが鉄則です(笑)

ぜひ、試してみてくださいな。

iPhoneと位置情報サービス
大手キャリアの格安プランについてまとめました!
ahamo-eyecatch詳細を見る詳細povo-eyecatch詳細を見る詳細LINEMO-eyecatch詳細を見る詳細
スポンサーリンク
以下の記事もオススメです。
iPhonet

コメント

タイトルとURLをコピーしました