新プランahamo、povo、LINEMOを比較して分かった7つの共通点と違い

新プランahamo、povo、LINEMOを比較して分かった7つの共通点と違い格安SIMカードの比較

どうも、フォネットです!

2021年3月に、大手キャリアがそれぞれ新プランを同時期に一斉スタートしました。

ですが、この料金内容に関して「何が違うの??」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか?

実際に僕自身、調べるまでは大きな違いが分かりませんでした😅

そこで今回は、大手キャリアから発表された新プランに関して、

  • 新プランで共通する点
  • 比較して分かった異なる点

について、解説していきます!

ぜひ「Docomoのahamo(アハモ)」、「auのpovo(ポヴォ)」、「SoftbankのLINEMO(ラインモ)」を検討している方に、参考になれば幸いです😊

新プランahamo、povo、LINEMOを比較!!

早速ですが、大手キャリア新プランであるahamo、povo、LINEMOについて、比較表を作成しました。

※価格はいずれも税込み価格です。


比較項目
(全て税込表記)
DocomoauSoftbank
ブランド名ahamo(アハモ)povo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)
サービス開始時期2021年3月26日2021年3月23日2021年3月17日
月額料金2,970円(税込)2,728円(税込)2,728円(税込)
データ通信量/月20GB20GB20GB
容量超過後の通信速度(送受信)最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
データチャージ料1GBあたり550円1GBあたり550円1GBあたり550円
利用できるネットワーク4G/5G4G/5G4G/5G
通話料 22円/30秒 22円/30秒22円/30秒
料金内のかけ放題5分かけ放題
通話オプション無制限かけ放題:1,100円5分かけ放題:550円
無制限かけ放題:1,650円
5分かけ放題:550円
無制限かけ放題:1,650円
テザリング追加料金なしで利用可能追加料金なしで利用可能追加料金なしで利用可能
キャリアメールなしなしなし
eSIM対応対応検討中対応予定対応予定
海外ローミング82カ国対応予定
(開始時期は別途案内)
国際ローミング対応
家族割なしなしなし
家族割のカウント対象ファミリー割引
みんなドコモ割
ドコモ光セット割(ペア回線の場合)
がカウント対象
夏までの申込みで「家族割プラス」のカウント対象カウント対象外
その他の特長基本料金に5分かけ放題が含まれている

国際ローミング(82カ国)が追加料金なしで利用可能
220円のトッピングオプションで24時間データ使い放題
(基本通信量の20GBとは別に利用が可能。動画などの通信制限あり)

今後もトッピングメニュー(オプション)追加予定
LINEアプリの使用量カウントフリー※LINE内のサービスによりカウントフリー対象外になる場合がある(詳しくはこちらのLINEMOの記事を参照)

LINEスタンプ使い放題
契約事務手数料0円0円0円
機種変更手数料0円0円0円
MNP転出手数料0円0円0円
お支払い方法口座振替
クレジットカード払い
クレジットカード払い
(auからpovoに移行した場合、auでの支払い方法を継続可能)
クレジットカード払い
デビットカード払い
口座振替
申し込み方法オンライン限定
(専用アプリ、Webサイト)
オンライン限定
(Webサイト)
オンライン限定
(LINE、Webサイト)
サポート対応「Webサイト/専用アプリ」で対応
※有償でドコモショップで対応
オンラインで対応
※店頭、電話でのサポートは非対応
「Webサイト、LINE」で対応
2021年7月1日作成 2021年7月26日更新
2021年7月26日:LINEMOのお支払い方法を更新しました。
2021年7月25日:家族割(カウント対象)を更新しました。

ahamo、povo、LINEMOに共通すること

大手キャリアの3つの新プランに共通する点は、主に7つです。

ahamo、povo、LINEMOに共通する7つの点
  1. 申込方法がオンライン限定
  2. メインブランドと同じモバイルネットワーク接続が可能(MNO)
  3. モバイルデータ通信量が同じ(20GB)
  4. データ追加料金が同じ(1GBあたり550円)
  5. キャリアメールが使用不可
  6. テザリングが追加料金無しで使用可能
  7. 事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料が無料
  8. 2年縛りが存在しない

こう見ると共通点が結構ありますね🤔

とはいえ「ahamo、povo、LINEMO」には、それぞれ他にはない特徴があります。

次の章からは、それぞれの比較して分かった異なる点について、ご説明します!

Docomoのahamoの違いはかけ放題!!

ahamo-eyecatch

  • 月額利用料金2,970円(税込) /データ通信量20GBのプラン
  • データ超過後も最大1Mbpsで通信可
  • 82の国や地域で追加料金無く国際ローミングが利用可能!
  • MNO(通信事業者)のため、ドコモと同品質の通信回線・ネットワークエリアを利用可能
  • 5分かけ放題が基本料金に含まれているが、他の新プランのオプション追加の料金と比べたら最安値!
  • 無制限かけ放題も1,100円(税込)で適用可能
  • テザリングは追加料金無しで利用可能!

ahamoの料金は月額利用料金2,970円(税込)。

一見すると他の2社と比べると高いように見えますが、この料金に5分かけ放題が含まれています。

また、無制限かけ放題の料金も1,100円と、他のプランよりも安いです。

ですので、大容量プランの中でもかけ放題が必要な方に、オススメできるプランになります。

比較内容他社の新プランahamo
5分かけ放題2,728円+550円=3,278円(税込)2,970円(税込)
無制限かけ放題込みの料金2,728円+1,650円=4,378円(税込)2,970円+1,100円=4,070円(税込)

どちらのプランも、308円分お得になります。

また、82の国や地域で追加料金無く国際ローミングが利用可能です。

そのため、今後海外への移動が多くなる方にもオススメできるプランになります。

Docomoのahamoはこんな人にオススメ!
  • 大容量で携帯電話のプランを考えている
  • かけ放題があるプランで少しでも携帯料金を安く利用したい
  • 海外での利用が多い
  • docomo回線が利用したい
  • docomo回線でコスパの良いプランに加入したい
クリックしてタップしてahamo公式サイトへ移動する

au(KDDI)のpovoの違いはトッピングサービス!!

povo-eyecatch

  • 月額利用料金2,728円(税込)/データ通信量20GBのプラン
  • 220円のトッピング(オプション)で24時間データ使い放題が追加可能
  • データ超過後も最大1Mbpsで通信可
  • MNO(通信事業者)のため、auと同品質の通信ネットワークエリアを利用可能
  • かけ放題は含まないが、オプションで適用可能(5分かけ放題:550円/無制限かけ放題1,650円)
  • テザリングは追加料金無しで利用可能!

povoでは「トッピング」という独自のサービスが発表されました。

これは、オプション料金を支払うことで基本料金とは別にサービスを受けることが出来るサービスです。

特に目玉のトッピングは「データ使い放題24時間」になります。

povoのトッピング「データ使い放題24時間」

これは220円を支払うことで、申し込み後24時間のデータ通信量が使い放題になるというトッピングです。

他のahamoやLINEMOにはないサービスのため、この点は特に特徴的な内容となっています。

特に月の中でもデータ使用量にバラつきがある場合は、povoのトッピングをうまく使用すると20GB以内に抑えることも可能になりますね🤔

auのpovoはこんな人にオススメ!
  • 大容量で携帯電話料金を安く済ませたい
  • 通話オプションは不要で携帯料金を安くしたい
  • au回線が利用したい
  • au回線でコスパの良いプランに加入したい
クリックしてタップしてpovo公式サイトへ移動する

LINEMOの違いはLINEサービスの充実!!

LINEMO-eyecatch

  • 月額利用料金2,728円(税込)/データ通信量20GBのプラン
  • データ超過後も最大1Mbpsで通信可
  • 「LINEギガフリー」によりLINEでの通信がカウントフリー(データ通信量にカウントしない)
  • LINEクリエイターズスタンプが使い放題!
  • MNO(通信事業者)のため、Softbankと同品質の通信回線・ネットワークエリアを利用可能
  • かけ放題は含まないが、オプションで適用可能(5分かけ放題:550円/無制限かけ放題1,650円)
  • テザリングは追加料金無しで利用可能!

LINEMOの特徴は、主にLINEアプリの優遇になります。

まず、LINEMOには「LINEギガフリー」というサービスが付いています。

これはLINEでの通信がカウントフリー(データ通信量にカウントしない)になるサービスです。

特にLINEを頻繁に使う人にとっては、恩恵の大きいサービスとなります。

 

また、LINEMOではLINEの月額課金のサービス「LINEクリエイターズスタンプ」が、無料で使用できます。

これは文字を入力した際に出てくる700万種類以上のラインスタンプが、使い放題になるサービスです。

特に使用したいLINEスタンプが大量にある場合におすすめのサービスです。

SoftbankのLINEMOはこんな人にオススメ!
  • 大容量で携帯電話料金を安く済ませたい
  • 通話オプションは不要で携帯料金を安くしたい
  • Softbank回線が利用したい
  • Softbank回線でコスパの良いプランに加入したい
  • LINEを頻繁に使用する
クリックしてタップしてLINEMO公式サイトへ移動する

コメント

タイトルとURLをコピーしました