ahamo(アハモ)とY!mobileを徹底比較して分かったこと

ahamo(アハモ)とY!mobile(ワイモバイル)を徹底比較して分かったこと格安SIMカードの比較

どうも、フォネットです!

この記事では、ahamoとY!mobileを比較をしていきます。

具体的な比較内容は以下の通り

ahamoとYmobile6つの比較ポイント
  1. 料金
  2. 通話オプション
  3. 回線・対応エリア・通信速度
  4. サポートの充実面
  5. 端末ラインナップと料金
  6. キャンペーンの充実度

それでは、順を追って見ていきましょう!

ahamo(アハモ)とY!mobileの基本料金を比較

まずはahamoとYmobileの料金プランについて、比較してみましょう。

比較項目
(価格は全て税込)
ahamoY!mobile
シンプルSシンプルMシンプルL
データ通信量20GB3GB15GB25GB
基本料金2,970円2,178円3,278円4,158円
おうち割 or 家族割適用時990円2,090円2,970円
データチャージ料金(1GB)550円550円550円550円
データ超過時の速度1Mbps300kbps1Mbps1Mbps

Y!mobileの料金プランは「シンプルS」「シンプルM」「シンプルL」の3つのプランがあります。

また、Y!mobileの場合は家族割引サービスやおうち割といった割引サービスがあるのが特徴です。

家族割引サービスは、Y!mobileの契約が2台目以降から適用されるプランです。

おうち割は「SoftBank Air」もしくは「ソフトバンク光」をセットで契約していると割引が受けられるサービスです。

上記のどちらかの条件が適用されると、月額料金が1,188円割引になるため、格安になります(おうち割と家族割引サービスの併用は不可です)。

ahamo(アハモ)とY!mobileのかけ放題の通話オプション料金を比較

次にahamoとYmobileの通話かけ放題のオプションについて、比較してみましょう。

カッコ内はY!mobileの「おうち割」もしくは「家族割引サービス」適用時の料金です。

比較項目
(価格は全て税込)
ahamoY!mobile
シンプルSシンプルMシンプルL
データ通信量20GB3GB15GB25GB
基本料金2,970円2,178円
(990円)
3,278円
(2,090円)
4,158円
(2,970円)
基本料金にかけ放題込
(5分かけ放題)
5分かけ放題(10分かけ放題)770円770円770円
無制限かけ放題1,100円1,870円1,870円1,870円
5分(10分)かけ放題込みの料金2,970円2,948円
(1,760円
)
4,048円
(2,860円
)
4,928円
(3,740円
)
無制限かけ放題込みの料金4,070円4,048円
(2,860円
)
5,148円
(3,960円
)
6,028円
(4,840円
)

ahamoは5分かけ放題が一体型のプランになっています。

この表を見る限り、「おうち割」もしくは「家族割引サービス」が適用されていないと、ahamoの方が安く済ませられます。

一方で「おうち割」もしくは「家族割引サービス」が適用されているY!mobileの場合は、シンプルS、シンプルM共に程よい感じの料金帯になっています。

ちなみに、Y!mobileの場合はかけ放題が

  • 「だれとでも定額:10分かけ放題」
  • 「スーパーだれとでも定額:無制限かけ放題」

となっています。

ahamoとはかけ放題の時間が違うので、その点は考慮する必要があるでしょう。

ちなみに、Y!mobileは格安SIMの部類に入ると思いますが、プレフィックス番号を必要としません。

そのため、ahamoとY!mobile、どちらも通話品質は良いです。

結局ahamo(アハモ)とY!mobileどちらが安い?

家族割引サービスやおうち割を適用出来ない場合は、ahamoの方がお得に利用できます。

そのため、契約する方が単身の方で、「SoftBank Air」や「ソフトバンク光」を契約していなければ、ahamo(アハモ)一択になります。

一方で、

  • ご家族の方がY!mobileを契約している
  • 「SoftBank Air」や「ソフトバンク光」を契約している

以上の場合は、おうち割と家族割引サービスのどちらかが適用可能ですので、ahamoよりも安く利用できるでしょう。

(かけ放題を利用しなければ、Y!mobileは25GBでahamoと同じ料金になります)

 

また「おうち割と家族割引サービス」適用時に、かけ放題を利用した場合は、

  • Y!mobileの「シンプルS(3GB)」
  • Y!mobileの「シンプルM(15GB)」
  • 「ahamo」

この比較になります。

正直「Y!mobileの「シンプルM(15GB)」」と「ahamo」に関しては値段差も110円と小さいため、他の点で比較して、総合的に決めると良いかもしれません。

ahamo(アハモ)とY!mobileの回線を比較

次に、モバイルネットワーク通信に関わる点を比較してみましょう。

対応エリアの比較

まず、ahamoで使われている対応エリアは、Docomoと同じエリアになります。

ahamoの対応エリア

一方でY!mobileの場合はSoftBank回線を利用していますので、ソフトバンクと同じエリアに対応しています。

Y!mobileの対応エリア

基本的にそこまで大きな違いはありません。

また、令和二年度 総務省報道発表による「LTE/4G」の概要は以下のとおりです。

Docomo回線の基地局の数

  • 4G・LTE:249,142
  • NR(5G):489

ソフトバンク回線の基地局の数

  • 4G・LTE:172,807
  • NR(5G):73

参考程度になりますが、Docomoは基地局の数も多く、その分広範囲に繋がりやすいと言えます🤔

通信速度の比較

通信速度に関して言えば、正直ほとんど差がないと思います。

理由はY!mobileは「サブブランド」と呼ばれていますが、ソフトバンクの回線を利用して居るためです。

ワイモバイルはソフトバンクの自社回線を利用しているので、大手キャリアと同じ安定した速度で快適に利用できます。

出典:Y!mobile

また、ahamoも同じくDocomoの自社回線を利用しているため、差がほとんどないというわけです。

データ超過時の速度

まずはahamoとYmobileでは、データ使用量超過時の通信速度も少し異なります。

比較項目
(価格は全て税込)
ahamoY!mobile
シンプルSシンプルMシンプルL
データ超過時の速度1Mbps300kbps1Mbps1Mbps

ahamoの通信速度の制限が1Mbps。

Y!mobileでは「シンプルS」が300kbps 「シンプルM」「シンプルL」がahamoと同じく1Mbpsに制限されます。

300kbpsでは、テキスト中心のウェブサイトなら閲覧可能ですが、画像や動画・データ使用量を必要とする通販サイトでは、ストレスが掛かります。

回線で比較した結果は?

ahamoとY!mobileに関して、回線で比較した場合は、そこまで大きな違いはありません。

敷いて言えば、ahamoがDocomo回線、Y!mobileがソフトバンク回線なので、好みの差が大きいかもしれません。

一応ahamoの場合はDocomo回線なのもあって、基地局の数も多く、地方で繋がりやすいというメリットはあります。

ahamo(アハモ)とY!mobileのサポート面を比較

ahamoとYmobileのサポート面では、大きな違いがあります。

ahamoとYmobileのサポート面の違い
  • ahamo:オンライン・ドコモショップで有償サポート対応が可能
  • Y!mobile:オンライン・Y!mobile店舗で有償サポート対応が可能

ahamoでは契約方法がオンラインのみに限られます。

ですが、別途料金を支払うことで、全国約2400店舗のドコモショップにて、サポート対応が可能となっています。

サービス名称ご利用料金サポート内容
ahamo WEBお申込みサポート3,300円(税込)ahamoの新規ご契約、他社からのおのりかえ、ドコモのギガプラン等からの料金プラン変更のお申込みをサポート
ahamo WEBお手続きサポート3,300円(税込)ahamoご契約後の各種お手続きのお申込みをサポート
ドコモショップでの修理受付無料ドコモショップでの修理に関する受付が可能です。
修理代金は別途掛かります。
また、機種や加入の補償サービス、修理の内容によって修理料金が異なります。

出典:「ahamo WEBお申込みサポート」「ahamo WEBお手続きサポート」の開始および故障受付チャネルの拡大について

手続きの流れについては、契約者側がスマホやノートPCを持参してもらい、スタッフが補助しながら画面操作の案内を行うそうです。

端末の持ち込みが必要ですが、少し前に懸念点だった「契約の不安や煩わしさ」は、料金を支払うことで軽減されるかと思います。

Y!mobileのサポート

Y!mobileでは全国に4,000店舗存在していて、対面でのサポートも可能となっています。

こちらもオフラインで契約する場合、事務手数料が3,300円掛かることになります。

また、オンラインでの受付も可能です(オンラインは事務手数料が無料になります)。

というわけですので「サポート面では実際には大きな差はないのではないか?」と、個人的には思いました🤔

ahamoとY!mobileで販売されている端末の比較

ahamoとY!mobileでは、端末のラインナップと料金が違います。

ここでは「iPhone端末」「Android端末」それぞれを比較していきます。

ちなみに、ここで購入できない機種に関しても、ahamoやY!mobileでは「SIM契約」が出来ますので、ご利用いただけます。

\詳しくは以下の記事を参照/

iPhoneの場合

ahamoで購入できる端末

ahamoでは、今のところiPhone11のみ対応しています。

対応機種料金(新規・乗り換え)
iPhone 11(256GB)66,990円
iPhone 11(128GB)54,890円
iPhone 11(64GB)49,390円

Y!mobileで購入できる端末

Y!mobileでは、iPhone12やiPhone 12 mini、iPhone SEの取り扱いも行っています。

対応機種料金割引適用料金
iPhone 12(256GB)131,040円113,040円
iPhone 12(128GB)116,640円98,640円
iPhone 12(64GB)110,880円92,880円
iPhone 12 mini(256GB)116,640円98,640円
iPhone 12 mini(128GB)102,960円84,960円
iPhone 12 mini(64GB)96,480円78,480円
iPhone SE(128GB)64,080円42,480円
iPhone SE(64GB)57,600円36,000円
iPhone 11(64GB)69,840円51,840円

(表は2021年07月作成時点なので、キャンペーン等の更新で異なる場合があります。詳細は公式ページをチェックしてください)

Y!mobileの方がラインナップは多いです。

一方でahamoの方はiPhone11の大容量の端末が購入でき、端末料金自体も安く抑えられています。

Android端末の比較

一応iPhoneのサイトではあるのですが、Android端末の比較も行っていきます(笑)

ahamoで購入できる端末

ahamoで購入できる端末料金
Xperia 1 II SO-51A71,500円~
Galaxy S20 5G SC-51A62,700円~

Y!mobileで購入できる端末

Y!mobileで購入できる端末料金割引適用料金
Libero 5G25,920円7,920円
Android One S825,920円7,920円
Android One S726,640円5,040円
Android One S623,760円5,760円
Android One X554,000円33,120円
OPPO Reno5 A NEW!39,600円18,000円
OPPO Reno3 A26,640円4,980円
かんたんスマホ231,680円13,680円
Xperia 10 III NEW!54,000円36,000円
Xperia 10 II46,800円28,800円
Xperia 836,000円18,000円

(表は2021年07月作成時点なので、キャンペーン等の更新で異なる場合があります。詳細は公式ページをチェックしてください)

やはりY!mobileの方が端末のラインナップは充実しています。

Y!mobileで機種乗り換えを行う場合は、オンラインストアの方が良いです。

ahamoとY!mobileのキャンペーン比較

ahamoとY!mobileのキャンペーンについても、比較してみましょう。

ahamoのキャンペーン

ahamoのキャンペーン

ahamoでは、

  • 携帯電話番号をそのままで乗り換え(MNP)すること
  • 端末を購入しない(現在使用しているスマホを利用する)

上記の方に、キャンペーン料金として「dポイント(期間・用途限定)7,000ポイント」をプレゼントしています!

キャンペーンご利用期間:2021年07月02日~

Y!mobileのキャンペーン

Y!mobileで利用できるキャンペーンは、以下の5つあります。 順番に紹介していきますね😊

家族割引サービス

家族割

「家族割引サービス」は2回線目以降の料金が毎月1,188円割引になるサービスです。

回線数は最大で9回線まで割引が適用されます。

おうち割 光セット(A)

おうち割 光セット(A)

「おうち割」は「SoftBank Air」もしくは「ソフトバンク光」と一緒に利用するだけで、毎月の料金が1,188円割引になるサービスです。

おうち割 でんきセット(A)

おうち割 でんきセット(A)

「おうち割 でんきセット(A)」では、対象の電気サービスとまとめて利用することで、スマホ料金が10回線まで毎月割引になるサービスです。

  • 110円割引:24ヶ月目まで
  • 55円割引:25ヶ月目以降

こちらの「おうち割 でんきセット(A)」は上記の「おうち割光セット」と併用可能です。

人気機種の大幅値引き

Ymobile人気機種の値引きキャンペーン

Y!mobileでは「新規契約」もしくは「他社からの乗り換え(ソフトバンクからの番号移行除く)」で契約した場合、端末料金が割引適用されます。

機種によっては最大21,600円引きになります。

ワイモバイル契約でPayPayボーナス

ワイモバイル契約でPayPayボーナス

「新規契約」もしく「他社からの乗り換え」は5のつく日と日曜日にY!mobileに契約すると、PayPayボーナスがもらえるキャンペーンを開催しています。

(ソフトバンクまたはソフトバンク回線を利用したMVNO各社からのりかえは対象外)

結局ahamoとY!mobile。どっちがオススメ?

ここまででahamoとY!mobileについて、様々な点から比較してきました。

比較した結果、ahamoとY!mobileに向いている方は以下のように分かれるかと思います。

ahamoをおすすめするポイント
Y!mobileをおすすめするポイント
  • 単身で大容量プランを検討している
  • 割引プランが分かり辛くなるのが嫌だからシンプルなプランが良い
  • docomo回線を利用したい
  • 店舗サポートは必要なく、オンラインで完結したい
  • iPhone11を格安でセット購入して乗り換えたい
  • 5分かけ放題で事足りる
  • 10分でも足りないので無制限かけ放題を利用したい
  • 家族がY!mobileを契約してる
  • 店舗サポートが無いと不安・・・店舗サポートがあると安心できる
  • 「SoftBank Air」または「ソフトバンク光」を契約してる
  • ソフトバンク回線を利用したい
  • かけ放題は10分かけ放題で十分

特にY!mobileを選択する場合は「家族割引サービスやおうち割」が使用できるかどうか?に掛かっています。

これが適用されない場合は、ahamoがシンプルで分かりやすいため、オススメです。

逆に、Y!mobileを家族が使用していたり、ソフトバンク光と契約している場合は、Y!mobileを選ぶと良いでしょう。

あとはあなた自身がどちらが良いか?検討してみて決めてみてください。

クリックしてタップしてahamo公式サイトへ移動するクリックしてタップしてY!mobile公式サイトへ移動する

コメント

タイトルとURLをコピーしました