【解説】大手キャリアから格安SIMの乗り換え全手順と注意点まとめ

【解説】大手キャリアから格安SIMの乗り換え全手順と注意点まとめiPhoneでの格安SIMの選び方

どうも、フォネットです!

「大手キャリアから格安SIMに乗り換えたい!」

この記事を読んでいるあなたは、そんな風に思ってこの記事を訪れたのかもしれません。

今回はそんな「格安SIMに乗り換えるまでに“必要となる手順”“必要なもの”について、始めてでも分かりやすく解説していきます!

(実際に筆者自身、過去にオンラインで「大手キャリア」から「格安SIM」に乗り換えた際に必要なものをまとめています)

格安SIMに乗り換える場合、事前に用意しておく必要なものは「以下の4つ(3つ)」になります。

1.端末の用意(端末セットで購入の場合は不要)

格安SIMを利用する場合、端末の用意は欠かせません(端末をセットで購入する場合は、この項目を読み飛ばして次の「MNP予約番号を発行してもらう」から読み始めてください)。

端末を用意するには、色々な方法があります。

例えば

  • SIMフリー端末を購入する(Apple公式等)
  • 中古販売店で購入する(前のロック解除の有無に注意)
  • 今使用しているスマホを使用する

といった方法があります。

ここでは、乗り換える際に最も困りやすい「大手キャリアから格安SIMに乗り換える際のSIMロック解除」について触れていきます。

端末購入の場合は、以下の記事を御覧ください。

大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合

大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合、端末をそのまま使用したいのであれば、SIMロックを解除する方が良いです。

理由はいくつかあるのですが、一番大きい理由は「他社回線で使用できないから」です。

例えば、Docomoで契約していた回線の携帯を、UQモバイル(au回線)で使用した場合、ロックが掛かって使用できません。

また、過去には一部の携帯では同じ回線でも使用できず、利用制限がある場合があります。

そういった理由もあって、出来ればSIMロックは解除しておいたほうが安心して格安SIMに乗り換えることが出来るため「SIMロックは解除するほうが良い」と言えます。

SIMロックの解除方法は、大きく分けて2つあります。

SIMロックの解除方法
  1. キャリアの実店舗でSIMロックの解除を依頼をする(手数料3,000円)
  2. 各キャリアのウェブサイトからオンラインでSIMロックの解除(無料)

今使用しているスマートフォンを各店舗に持っていけば、SIMロックを解除してくれますが、その場合は手数料として3,000円が掛かります。

SIMロックを解除するには、オンラインでのSIMロック解除がオススメです。

なぜなら、解除方法のところにも書いたとおり、オンラインでのSIMロック解除では手数料が掛かりません。

少々手間が掛かるようにも思いますが、手続自体は10分以内(早ければ5分)で完了できます。

今回は出来る限り分かりやすく記述していきますので、順を追って読み進めながら、解除して頂ければと思います😊

端末の製造番号(IMEI)を確認する

 

電話アプリでのIMEIの調べ方01

まずは、端末の製造番号(IMEI)を確認しましょう。

「端末の製造番号(IMEI)」の確認方法
  • iPhoneの場合:「設定」→「一般」→「情報」→「製造番号(IMEI)」を確認
  • Androidの場合:「設定」→「システム」→ 「端末情報」→「製造番号(IMEI)」を確認
  • 電話アプリでの方法:「*#06#」と入力すると画面に「製造番号(IMEI)」が表示される

一番簡単な方法は、電話アプリで「*#06#」と入力する方法になります。

解除時間と完了後の「解除コード」に注意

SIMロックの解除の前に、解除時間を確認しましょう。

携帯大手3社とも「9:00 ~ 21:00」にSIMロックの解除ができます。

この時間で行うようにしましょう。

また、スマホによっては解除後に「解除コード」が表示される場合があります。

この「解除コード」は他社のSIMを入れて起動した際に「解除コード入力画面」で必要になるため、必ずメモをとるようにしましょう。

SIMロック解除で気をつける2つのこと
  1. SIMロック解除は「9:00 ~ 21:00」に行うこと
  2. 完了後の「解除コード」は必ずメモすること(スマホによっては表示されませんが、その場合は必要ないのでご安心を)

大手キャリア(Docomo・au・Softbank)端末のSIMロック解除


DocomoのSIMロック解除条件
  1. SIMロック解除の対応機種であること※
  2. ネットワーク制限・おまかせロックなどの各種ロックが掛かっていないこと
  3. 購入日から100日以上が経過していること

※以下、公式サイトから対応機種が確認できます。

以上の条件をクリアしていれば、SIMロックの解除が可能です。

ちなみに、Docomoでは2019年2月から「Docomoで販売されていた中古端末」でも、SIMロックの解除が可能となりました。

では、SIMロックの解除手順について、細かく説明していきますね😊

DocomoのSIMロック解除手順
  1. My docomoにログインする
  2. 左上の三本線をクリック(タップ)してメニューを開く
  3. 「サービス一覧」を選択
  4. 「SIMロック解除」の欄にある「パソコン/スマホ共通」をクリック(タップ)
  5. 「IMEI(端末の製造番号)」を入力
  6. 「SIMロック解除を申し込む」「SIMロック解除の注意事項に同意する」にそれぞれチェックを入れる
  7. 「次へ」をクリック(タップ)
  8. 「手続きを完了する」をクリック(タップ)すると、SIMロック解除の申し込み手続きが完了
  9. スマートフォンの場合「解除コード」が発行される。(解除コードは、他社SIMカード挿入時に必要ですので、メモしておきましょう。)

auのSIMロック解除条件
  1. SIMロック解除の対応機種であること※
  2. 購入当日が1日目からカウントして、機種を購入してから101日目以降であること
  3. ネットワーク利用制限中でないこと(利用制限の確認はこちら)

※以下、公式サイトから対応機種が確認できます。
SIMロック解除が可能なau携帯電話|au公式

現在、auでは「中古スマホ」や「解約済みのスマホ」に関しても、SIMロックは解除できるようです(ネット上の情報を見ると、何度か解除できたり、できなかったりを繰り返したようです)。

auのSIMロック解除手順
  1. au公式サイト「SIMロック解除のお手続き」をクリックする
  2. そのページから「My au」にログインする
  3. 暗証番号を入力する(契約時に決めた4桁の暗証番号です)※1
  4. 「SIMロック解除のお手続き ご注意事項」内の「IMEI」が同じか確認しておくこと
  5. 確認したら「左上のチェックボックス」にチェックを入れる
  6. 一番下の「次へ」をクリック(タップ)
  7. 「解約の理由」を選択
  8. 「この内容で申し込む」をクリック(タップ)して完了

※1:忘れた場合はこちらから再設定しましょう(au ID・パスワードを忘れた方)


ソフトバンクのSIMロック解除条件
  1. 2015年5月以降のSIMロック解除の対応機種であること※
  2. 機種購入日から101日目以降であること
  3. 契約者本人が購入した端末であること(中古端末は「Softbankショップ」に来店する必要がある)
  4. 各種の機能制限やネットワーク利用制限がかかっていないこと(利用制限の確認はこちら)

※以下、公式サイトから対応機種が確認できます。
SIMロック解除が可能なau携帯電話|Softbank公式

なお、2015年4月までに発売された端末のSIMロック解除は「Softbankショップ」に来店する必要があります。

ソフトバンク端末のSIMロック解除をするための手順
  1. 「端末の製造番号(IMEI)」を確認※
  2. My SoftBankにログインする
  3. 「IMEI番号」を入力して「次へ」をタップ
  4. 「解除手続きをする」をタップ

参考:[My SoftBank]SIMロック解除の手続き方法を教えてください|ソフトバンク公式

2.MNP予約番号を発行してもらう

携帯電話の番号を引き継ぐ場合、MNP予約番号が必要になります。

機種変更の場合も携帯電話の番号を引き継ぐ場合、これは必要な手順となります。(電話番号を新しい番号にする場合は、ここも読み飛ばして「契約に必要な本人確認書類を用意」へ移動しましょう)

現在契約している携帯回線に、MNP予約番号を発行するようにしましょう。

格安SIMの購入前に必ず

  • 対象となる電話番号
  • 予約番号
  • 有効期限

この3つが必要になりますので「予約番号」「有効期限」は入力できるようメモしておきましょう。

MNPに掛かるそれぞれの所要時間は、以下の通りです。

MNPに掛かる所要時間
  • 電話:7分
  • ウェブサイト:7分
  • 店舗:30分~1時間

個人的には「電話での対応」が比較的簡単なため、オススメです。

なお、MNP予約番号の発行自体は何度でも行うことができ、料金も掛かりません。

有効期限取得日含めて15日(日付はメモすること)
手数料・費用予約自体は0円(転出手数料で約3,000円)
備考MNP予約番号を発行しただけでは解約になりません。(新しく契約した携帯会社で利用開始時に解約になる)

MNPの移行先の事業者で手続完了と同時に解約となるため、中旬の発行がおすすめです。

(大手キャリアの場合、月初になるとその月の支払いも払うため)

また、MNPはSIMが届き、手続きしてから数時間程度で終了します。

格安SIMのMNP手続きも届いてから手続きができるため、格安SIM自体の契約は「月末の1週間前~2週間前」に済ませると良いでしょう。

大手キャリア(Docomo・au・Softbank)のMNP予約番号を発行する方法


 

利用方法MNP予約番号受付窓口受付時間
携帯電話1519:00~21:00
一般電話0120-800-0009:00~21:00
パソコン「My docomoサービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」から取得9:00~21:30
ドコモショップドコモショップにて対応各店舗により異なります

 

利用方法MNP予約番号受付窓口受付時間
携帯電話/一般電話0077-754709:00~20:00
WEB(My au)「My au」にログイン → 画面上部「スマートフォン・携帯電話」 → ご契約内容/手続き お問い合わせ/お手続き → MNPご予約9:00~20:00
EZWebトップより「auお客さまサポート」→「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」→ 暗証番号を入力 → MNP予約番号が表示9:00~21:30
auショップ/PitPit各店(オフライン)auショップ/PitPit各店各店舗により異なります

 

利用方法MNP予約番号受付窓口受付時間
携帯電話
  • *5533(ソフトバンク携帯電話)
  • 0800-100-5533(無料)
9:00~20:00
My SoftBank「MySoftbank」にログイン→「設定・申込」→「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」→「番号ポータビリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」→MNP予約番号が発行9:00~21:30
ソフトバンクショップソフトバンクショップ各店各店舗により異なります

3.契約に必要な本人確認書類を用意する

端末を用意し、MNP予約番号を発行したら、早速申し込みを行いましょう。

申込みを行う際に必要なものは「本人確認書類」です。

ネットでお申し込みをする場合、本人確認書類をアップロードする必要があります。

格安SIMによって必要な書類は多少違いますが、おおよそ以下の書類であることが多いです。

契約に必要になる本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 健康保険証(補助書類が必要な場合あり)
  • 身体障がい者手帳

今回は一通り見て一番細かく規定されている「Ymobile」に合わせて記載します。

NGとなる本人確認書類の写真

本人確認書類を撮影する前に、まずは本人確認書類の写真の注意事項です。

本人確認書類でよくNGとなる理由が、以下の3つです。

本人確認書類でNGとなる3つの理由
  1. 光の反射や影で一部が見えない
  2. 手ブレでぼやけてしまっている
  3. 撮影書類が小さくて読めない

この3つに当てはまらないよう、注意して撮影しましょう。

具体的には以下の4つのポイントに気をつけて撮影すると、1回で本人確認書類で失敗せずに通ります。

撮影の4つのポイント
  1. タップして本人確認書類にピントを合わせる
  2. フラッシュは焚かない(光が反射しやすいため)
  3. できるだけ影にならないようにする
  4. 正面から撮影する

あとは、普通の部屋の明るさで床やテーブルの上において撮影すれば、問題なく撮影することが出来ます。

多少の光が入る分には構いませんが、確認する必要のある「名前」「生年月日」「住所」「有効期限」等は反射で遮らないよう注意してください。

Ymobileの場合、加工もNGとなるため、注意が必要です。

ここからは、使用できる「本人確認書類」を順に上げていきます。

なお、今回は基準が最も厳しいと思われる「Y!mobile」の基準に沿ってご説明します。

ただし、ほとんどの格安SIM業者は今回紹介する条件より緩いところが多いので、必ず確認してから登録するようにしましょう。

(逆に言えば、今回の条件さえ守れば必ず通ると言えます)

契約に必要な本人確認書類一覧


運転免許証01

基本的に運転免許証は「裏面に記載がある場合は裏面の画像もアップロード」となっているところが多いです。

一応2枚に分けて撮影し、表面裏面の両方を準備しましょう。

Ymobileの場合は裏面も合わせて表示の上、臓器提供の部分をマスキングする(隠す)必要があります。

とりあえずこの方法に合わせて行えば、問題ないかと思います。


パスポート

パスポートの場合は、顔写真の部分の写真と、所持人記入欄2枚の写真が必要になります。

また、Ymobileの場合は「性別」の部分を隠して撮影・提出するようお願いします。


 

マイナンバーカード

マイナンバーカードは、基本的に表面のみでOKです。

また、Ymobileでは「性別」「臓器提供意思表示」の2ヶ所を隠す必要があります。

 

ちなみに、マイナンバーカードが届いた時に付いているプラスチックのカードケースを利用すると、隠れるようになっています。


健康保険証はマスキングする(隠す)部分も多く、補助書類が必要なところも多いため、面倒な事が多いです。

出来れば他のカードで書類を提出することをオススメします。

さて、Ymobileの場合は、表面の以下を隠します。

健康保険証で隠すポイント
  • 「記号・番号」「枝番(記載のある場合のみ)」
  • 「性別」
  • 「保険者番号」
  • 「QRコード(記載のある場合のみ)」
  • 裏面「臓器提供欄」

画像にすると上記の通りです。

補助書類

補助書類に関しては、以下の2種類の場合がほとんどです。

  • 公共料金領収書
  • 住民票

また、補助書類の場合は

  1. 発行日が3ヶ月以内のもの
  2. 現住所が記載されていること

この条件を満たしたものの場合が多いので、しっかりと発行日と現住所の記載を確認してください。


公共料金領収書

本人支払いに限りますが、公共料金領収書も補助書類として使用できます。


 

住民票01

住民票は、健康保険証(+学生証や社員証など)を持っていった上で、窓口へ提出すると発行できます。

なお、Ymobileでは「マイナンバー」「本籍地」「性別」の3箇所を紙などでマスキングする(隠す)必要があります。

4.支払いに使用できるクレジットカードを用意する

 

支払いに使用できるクレジットカードを用意する

格安SIMの契約をするために、支払いが出来るクレジットカードを用意する必要があります。

なぜなら、格安SIMでは基本的にクレジットカードでの支払いが標準だからです。

一応口座振替やデビットカード使用可能な場所もありますが・・・。

今のところあまり制限がない格安SIMは、楽天モバイルとなっているため、クレジットカードの準備をする必要があると思ったほうが良いでしょう。

まとめ

今回は格安SIMで必要な手順について、順を追って説明していきました!

これで確実に格安SIMをオンライン上で契約することが出来ます😊

(実際に筆者自身がオンラインで大手キャリアから格安SIMに乗り換えた際に必要なものをまとめています)

この記事で格安SIMの乗り換えがスムーズに行けるよう、願っています。

それでは😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました