新プラン「LINEMO」はいつから?メリットや他プランとの比較

新プラン「LINEMO」はいつから?メリットや他プランとの比較iPhoneのNEWS!

どうも、フォネットです!

本日発表のニュースで、ソフトバンクとLINEモバイルの詳細の内容が明らかになりました。

前回はソフトバンクとLINEモバイルの新プラン名は「Softbank on LINE」でした。

今回はその名前が変更になり、オンライン専用のブランドとして「LINEMO(ラインモ)」というサービスを提供することを発表しました。

今回はその「LINEMO」について掘り下げていきますね!

LINEモバイル 新プラン(LINEMO)を発表

LINEモバイルの新プラン(LINEMO)はいつから?

2021年3月17日からオンライン契約開始予定です。

「LINEMO」はどんな内容?

「LINEMO」の概要
基本使用料2,480円
データ容量20GB
データ容量超過時の通信速度最大1Mbps
5G対応
通話料20円/30秒
かけ放題
  • 500円/5分以内の通話かけ放題
  • 1,500円/無制限かけ放題
データチャージ料500円/1GB
カウントフリー「LINEギガフリー(LINEカウントフリー)」

引用元:オンライン専用ブランド“LINEMO”、 3月17日にサービス開始

主な変更点は、5分かけ放題がオプション化したことです。

前回発表した「Softbank on LINE」の時は、値段が「20GBで2,980円/月」で「5分かけ放題付き」が標準の料金一体型でした。

それが「5分かけ放題」が別途「500円のオプション料金」になったことで、「基本料金が2,480円」になりました。

これはauの新プラン「povo(ポヴォ)」が出たため、値段を合わせたものと思います。

ユーザーにとっては5分かけ放題をオプションにしてもらったほうが、かけ放題をつけるかどうか選べるため、嬉しいニュースですね😊

LINEMOの特設サイト

LINEギガフリーの対象サービス

LINEギガフリーでは、一部カウントフリー対象外のものがあります。

(これは他のカウントフリーサービスでも同じ事です)

ですので「LINEギガフリーの対象サービスかどうか?」は、確認しておきましょう。

機能名対象/対象外
Face Play
各タブトップの表示
音声通話・ビデオ通話利用
トークの利用(テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像・動画・その他ファイルなどの送受信)
トークでの位置情報共有×
トークでのShoppin’情報共有×
トークでのジフマガの利用×
トークのみんなで見る機能による画面シェア
トークのみんなで見る機能によるYou Tube閲覧×
Liveの利用×
各トークにおける設定・アルバム・ノートなどの表示・編集
タイムラインの表示・投稿・シェア
ディスカバー(写真・動画)の表示
ニュース記事詳細の閲覧×
ウォレットタブのLINE Payの利用
ウォレットタブのLINE家計簿の利用
設定および各項目の表示・編集
友だち追加画面の表示・各項目の操作・友だちの追加
プロフィールの表示・編集・投稿
検索の利用
OpenChatの利用×
スタンプショップの利用×
着せかえショップの利用×
LINEファミリーサービスの利用(LINEマンガやLINEゲーム、ポイントクラブなど)×
LINE Liteの利用×
海外のアプリストアでダウンロードしたLINEの利用×
他社サイトへの接続(URLのクリック)×
他者アプリへの遷移×

夏以降LINEクリエイターズスタンプが使い放題に!

LINEMOでは、LINEのクリエイターズスタンプが使い放題になります。

これは、LINEで現在プランとなっている、「LINEスタンププレミアム(ベーシックコース)」(月額240円)を、無料で使用できるとのこと。

この機能により、文字を入力した際に関連で出てくるLINEのスタンプが使い放題になります。

ただし、ダウンロードして使用するスタンプの保有制限は最大5個となっているため、特定のLINEスタンプが好みの場合はそれほど大きなメリットでは有りません。

ですが、使用したいLINEスタンプが大量にある場合には、この機能はコスパが良いと思います。

契約事務手数料が無料

LINEMOでは、以下の手数料が無料になります。

手数料
契約事務手数料0円
SIM交換/再発行0円
MNP転出手数料0円
契約解除料0円

今まで、格安SIMで多いパターンでは、契約の際に手数料(3,000円)が掛かっていました。

また、番号を同じのまま別の格安SIMに乗り換えようと思った場合、MNP転出には事務手数料(3,000円)が掛かりました。

それが2つとも0円になっているため、手軽に切り替えやすく、ユーザーにとってはかなりの負担軽減になります。

eSIMにも対応

LINEMOでは、eSIMの乗り換えにも対応するとのことです。

eSIMとは、携帯内に組み込まれているSIMカードになります。

このeSIMに対応できると、SIMカードの入れ替えをせずにオンライン契約で乗り換えが可能になります。

時間的にも、SIMカードの入れ替えの手作業もないため、とても変更しやすいサービスになります。

(iPhoneの場合は、iPhone XS以降が対応しています)

「LINEMO」を色々な事業者との比較

改めて「LINEMO」は、現在ある「格安SIM」や「サブブランド」「アハモなどの新プラン」と、どう違うのでしょうか?

まずは比較してみましょう。

サブブランド(Y!mobile/UQモバイル)との比較

ブランド名SoftbankUQモバイルY!mobile
プラン名LINEMOスマホプランVシンプルL
データ通信量20GB25GB20GB
基本料金2,480円3,480円3,780円
基本料に含むかけ放題
10分かけ放題700円700円
無制限かけ放題料金1,500円1,700円1,700円
速度制限1Mbps300kbps1Mbps
無制限かけ放題込
合計料金
3,980円5,180円5,480円

やはり、こうやって比較するとサブブランドよりも「LINEMO」が安いことが分かります。

「LINEMO」と「楽天モバイル/povo(ポヴォ)/日本通信SIM(合理的20GB)/ahamo(アハモ)との比較

では「LINEMO」と「Rakuten UN-LIMIT VI」「povo(ポヴォ)」「日本通信SIM(合理的20GB)」「ahamo(アハモ)」を比べた場合は、どうなるでしょうか?

ブランド名楽天モバイルauSoftbank日本通信SIMDocomo
プラン名Rakuten UN-LIMIT VIpovo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)合理的20GBプラン(SSDプラン)ahamo(アハモ)
事業者MNOMNOMNOMVNOMNO
月額料金 1,980円2,480円2,480円1,980円2,980円
データ通信容量3~20GB20GB20GB20GB20GB
容量超過後通信速度1Mbps1Mbps1Mbps200kbps1Mbps
かけ放題無制限(アプリが必要)70分/月5分かけ放題
かけ放題料金0円5分かけ放題:500円
無制限かけ放題:1,500円
5分かけ放題:500円
無制限かけ放題:1,500円
無制限かけ放題:1,000円
音声通話料金20円/30秒20円/30秒70分を超えた後10円/30秒5分を超えた後20円/30秒
データチャージ料500円/1GB500円/1GB1GBあたり250円1GBあたり500円
その他店舗がある・支払い方法多数24時間使い放題:200円LINE使用量カウントフリー82の国や地域で追加料金無く利用可能

詳しい違いに関しては、Softbank on LINEの時に書いた内容と、ほとんど変わらないため、割愛させていただきます。

詳しくは以下の記事を御覧ください。

なお「楽天モバイル」「povo(ポヴォ)」「日本通信SIM」「ahamo(アハモ)」に関しては、以下の記事を参照してください。

楽天モバイル
povo(ポヴォ)
日本通信SIMのSSDプラン
ahamo(アハモ)

まとめ

今回、Softbankのプレリリースにあった「LINEMO」について、詳しく説明していきました!

LINEMOはこんな方にオススメ
  1. スマホを大容量プランで利用したい!
  2. 大容量プランでもスマホ料金をできるだけ安くしたい!
  3. 格安SIMだと回線速度や回線の安定性に不安がある
  4. ソフトバンク回線を利用したい
  5. LINEをよく使用する

「LINEMO」のサービス開始も近づいてきましたが、携帯大手キャリアの中でもかなり良いプランになっていると、個人的には思いました。

LINEMOの特設サイト

↓【最後に宣伝】筆者が運営している格安SIMサイト↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました