日本通信SIMの新プラン「合理的20GB」の評判と早々に比較してみた

日本通信SIMの新プラン「合理的20GB」の評判と早々に比較してみたiPhoneオススメのSIMプラン

どうも、フォネットです!

先日、Docomoが格安料金プラン「ahamo(アハモ)」を公開したことで、話題となりました。

【参考記事】→Docomoが格安新料金プランahamo(アハモ)が出たので比較してみた

それに対して格安SIMの会社である「日本通信株式会社」が、対抗プランを新発表することを決定しました。

というわけで、日本通信の格安SIMの料金プランについて、説明しますね😊

日本通信SIMの新料金プラン:合理的20GBプランの内容

2020年12月10日に発売!

ブランド名日本通信SIM
プラン名合理的20GBプラン(SSDプラン)
月額料金2,178円(税込)
データ通信容量20GB
容量超過後通信速度200kbps
かけ放題70分/月
音声通話料金70分を超えた後11円(税込)/30秒
SMS利用料1通あたり3~20円(文字量による)
データチャージ料1GBあたり275円(税込)

日本通信SIMの「合理的20GBプラン」とは?

日本通信SIMの「合理的20GBプラン(SSDプラン)」は、先日発表されたahamoに対抗するために発表されたプランとなります。

その証拠に、Docomoの新プラン「ahamo(アハモ)」に対抗するプランと、明記しています🙄

日本通信、ドコモの新料金への対抗プラン投入を決定
「MVNO 潰し」ではないかと言われているドコモの新料金に対してMVNO の代表として対抗プランを 2,178円(税込)で投入

出典:日本通信株式会社
税込み表記のため、価格のみ表現を変更しています。

また、この記事の中で

SSDプランの16GBは、総務省が示すデータ使用量の分布によれば、85%の利用者をカバーできる容量となりますが

と書かれていますが、確かにこれは一理あります。

別記事ですが、MM総研がスマートフォンに対して調べた『スマートフォンの月間データ通信量』によると、約9割の方が20GB以内となっています。

というわけで、20GBを用意すれば、ほとんどのユーザーは容量でひっ迫すること無く、スマートフォンを使用できるというわけです。

また、ahamoと比較すると「20GB以上になった場合のチャージ料」は、自動適用で1GBあたり275円(税込)になります。

ahamoのチャージ料は「1GBあたり550円(税込)」ですから、この点もahamoと比較したら安いです。

ちなみに、これを読んだ中には「自動適用って、使いすぎが心配・・・」と思われる方がいるかもしれません。

ですが、ご安心を。

自動で追加される容量は「自分で上限設定が可能(20GB~30GB)」なので、使いすぎる心配もありません。

日本通信SIMの「合理的20GBプラン」を他社のプランと比較

というわけで、早速比較してみましょう。

サブブランド(UQモバイル・Y!mobile)との比較表

まずはサブブランドと日本通信SIMの合理的20GBプランを比較してみます。

ブランド名日本通信UQモバイルY!mobile
プラン名合理的20GBプラン(SSDプラン)スマホプランVシンプル20
データ通信量20GB25GB25GB
基本料金2,178円(税込)3,828円(税込)4,158円(税込)
基本料に含むかけ放題70分/月なし10分かけ放題
10分かけ放題770円(税込)770円(税込)
無制限かけ放題料金1,870円(税込)1,870円(税込)
速度制限200kbps300kbps1Mbps
無制限かけ放題込
合計料金
5,698円(税込)6,028円(税込)

やはりサブブランドでは、かけ放題なしのUQmobileと比べても日本通信SIMの方が「1,650円」も安いことが分かります。

日本通信SIMと「LINEMO(ラインモ)/楽天モバイル/povo(ポヴォ)/ahamo(アハモ)との比較

続いて、日本通信SIMの合理的20GBプランと、大手キャリアの新プラン(ahamo/povo/LINEMO)、それに楽天モバイルと比較してみましょう。

ブランド名楽天モバイルauSoftbank日本通信SIMDocomo
プラン名Rakuten UN-LIMIT VIpovo(ポヴォ)LINEMO(ラインモ)合理的20GBプランahamo(アハモ)
事業者MNOMNOMNOMVNOMNO
月額料金2,178円(税込)2,728円(税込)2,728円(税込)2,178円(税込)2,970円(税込)
データ通信容量3~20GB20GB20GB20GB20GB
容量超過後通信速度1Mbps1Mbps1Mbps200kbps1Mbps
かけ放題無制限(アプリが必要)70分/月5分かけ放題
かけ放題料金0円5分かけ放題:550円
無制限かけ放題:1,650円
5分かけ放題:550円
無制限かけ放題:1,650円
無制限かけ放題:1,100円
音声通話料金22円/30秒22円/30秒70分を超えた後11円/30秒5分を超えた後22円/30秒
データチャージ料550円/1GB550円/1GB1GBあたり275円1GBあたり550円
その他店舗がある・支払い方法多数24時間使い放題:220円LINE使用量カウントフリー82の国や地域で追加料金無く利用可能

日本通信SIMの新プラン:合理的20GBプラン(SSDプラン)のデメリット

一方で日本通信SIMの「SSD」プランは、3つのデメリットがあります。

日本通信SIMの「合理的20GBプラン」のデメリット
  1. 格安SIMであること
  2. 無制限かけ放題のプランは無い
  3. 支払い方法がクレジットカードのみ

では、それぞれ詳しく説明します!

格安SIMであること

これは他の格安SIMにも言えることですが、格安SIMは大手キャリアから回線を借りて運用しています。

そのため、借りてきた回線の量と使用するユーザー数によっては、回線速度が遅くなる可能性は、否定できません。

一方で携帯大手3社は、その自前で携帯電話の回線を用意しています。

そのため、格安SIMと比較した場合、回線速度が速いのはahamo(アハモ)になるのは必然です。

同様に

  • サブブランドである「UQモバイル」「Y!mobile」
  • 自前で回線を用意し始めた「楽天モバイル」

といったブランドは、回線速度や速度の安定性も高いと言えます。

とはいえ「合理的20GBプラン」の速度を見てみると、MVNOでも比較的回線速度が速い事が分かりました。

詳しくは「MVNOでも回線速度が速い(サイト内で移動します)」で解説しています!

無制限かけ放題のプランは無い

日本通信SIMの合理的20GBプラン(SSDプラン)には、無制限かけ放題のプランはありませんし、変更するオプションも今の所ありません。

ahamo(アハモ)の場合、無制限かけ放題に変更できるため、通話を良くする場合は

  • ahamoにする
  • 無制限かけ放題付きの格安SIMプランにする

といった別の手段が必要になります。

支払い方法がクレジットカードのみ

日本通信SIMの方は、支払い方法がクレジットカードのみとなっています。

一方でahamo(アハモ)の場合、支払い方法が「クレジットカード」以外にも「口座振替」が可能です。

事務手数料が掛かる

近年の傾向では、格安SIMの契約時に手数料が掛からないところも増えてきました。

日本通信SIMの場合も従来通り「初期事務手数料3,300円」が掛かります。

この手数料は結構大きいので、入りづらいと思う点ではありますね😅

日本通信SIMの合理的20GBプラン(SSDプラン)のメリット

日本通信SIMの合理的20GBプラン(SSDプラン)は、4つのメリットがあります。

日本通信SIM「合理的20GBプラン」の4つのメリット
  1. 料金最安値
  2. かけ放題(70分/月)が基本料金に含まれている
  3. アプリ不要
  4. MVNOだが回線速度が速い!

では、それぞれ詳しく説明します!

料金最安値

データ通信量が大容量プランの中でも最安値。

また、日本通信SIMの合理的20GBプランでは、データチャージ料が「1GBあたり275円(税込)」と、ahamoと比べても安く設定しています。

これは料金を抑えたい方にとって、かなりのメリットです。

例えば、楽天モバイル(無制限)の3,278円(税込)に到達するにしても、23GBまでは日本通信の合理的20GBプランのほうが安いということになります。

日本通信SIMと楽天モバイルの比較
ブランド名日本通信SIM楽天モバイル
プラン名合理的20GBプラン(SSDプラン)Rakuten UN-LIMIT VI
月額料金2,178円(税込)3,278円(税込)
データ通信容量20GB無制限
容量超過後通信速度200kbps1Mbps(パートナー回線)
かけ放題70分/月無制限(アプリが必要)
音声通話料金70分を超えた後10円/30秒
SMS利用料1通あたり3円0円(Rakuten Link使用時)
データチャージ料1GBあたり275円(税込)

かけ放題(70分/月)が基本料金に含まれている

日本通信SIMの合理的20GBプラン(SSDプラン)の場合、十分にカバーするための通話時間として、月70分を基本料金に加えています。

これは他の格安SIMではオプション料金として取っているところもあるため、かなりの安さと言って良いでしょう。

また、この70分/月というのは、多くのユーザーにとっては十分な通話時間となっています。

以下はMM総研の1週間の通話時間の統計です。

このデータからも分かる通り、スマートフォン利用者の平均は23.5分。

1週間の通話時間が約23.5分、これを4週分合わせると94分になります。

すべてこちらが発信した場合は20分の超過となりますが、個人的に月70分というのは、妥当な時間設定といえます。

(補足ですが、通話料金は発信側しか掛かりません)

アプリ不要

格安SIMの電話は「プレフィックス」という方式を採用しています。

これは先頭に「プレフィックス番号」と呼ばれる番号をつけることで、専用の電話回線を使用する代わりに、料金を少し安くする方法のことです。

しかし、この方法は

  • 専用の通話回線を通るので、音質が少し劣ると言われている
  • アプリが必要になる(利用者にとって手間)

といったデメリットがあります。

しかし、日本通信SIMの合理的20GBプランは、アプリ無しで通話を掛けることが出来るため、オススメできるポイントです。

MVNOでも回線速度が速い

日本通信SIMの合理的20GBプランは、他の格安SIMの中でも回線速度が早いと言われています。

実際に筆者が計測したデータでは、日本通信SIMで(3月30日 23時50分頃)下り40.1Mbps上り13.6Mbpsという数値でした。

また、日本通信SIMの速度の評価サイトを参照してみると、以下の通りでした。

この表から分かることは2つあります。

  • MVNOのデメリットでもあるお昼の時間帯は少し速度が低下する
  • 他の格安SIMと比較しても、速度が安定している

こういったことが分かります。

確かに、お昼の時間帯は少し速度は下がるのですが、ほとんどの時間帯で10Mbps以上の速度が出ています。

また、場所と時間帯によっては「100Mbps」を超える時間帯もあるとの情報がありました。

これは推測になりますが、MVNOの場合は回線を大手キャリアから借りて運用します。

この借りてる量がかなり多いため(出来るだけ混雑時の契約者数に合わせているため)、空いている時間帯は爆速になっているのだと思います🤔

日本通信simの評判

日本通信SIMの合理的20GBプランの評判について、集めてみました!

まずは悪い評判についてです。

合理的20GBプランの悪い評判

大手キャリアの新プランに乗り換えました。

通信速度も日本通信SIMみたいに謎の詰まりが見られなく、今のところ安定してますね。

日本通信快適ですよ。月1位で電波調子悪い時ありますが。
あと昼時はやっぱり重いですね。
格安SIMあるあるですが。。

悪い評判では、やはり格安SIM(MVNO)のデメリットである「回線速度の不安定さ」が気になる点が多いみたいですね🧐

合理的20GBプランの良い評判

次に日本通信SIMの合理的20GBプランの良い評判を見てみましょう。

日本通信SIMの合理的20GBプランめっちゃいいです!
通信量が月20GBで1980円!docomo回線で速度もそこそこ!おまけに無料通話も70分ついちゃうぞ!
全然話題にならないのが不思議。

日本通信のsimに乗り換えようと考えてます。
1980円で20GB、70分の無料通話があるのが魅力に感じております🤤

もう6年くらい数社の格安SIMを渡り歩いてますけど、あまり気になったことはないですね。昼時にはなかなかつながらないなってこともありますけど。

日本通信はその点、帯域の増強も積極的のようなのでそこまで心配はなさそうです。

仕事は電話使うからなー。お得なかけ放題で安心、日本通信SIM。

要点をまとめると

  • 料金が安いこと
  • 70分/月の無料通話があるので安心
  • MVNOだが回線の増強に積極的なため、気にならない

といった意見が多く見られました🧐

日本通信SIM「合理的20GBプラン」の評判をまとめると?

日本通信SIM「合理的20GBプラン」の評判についてまとめます。

まず回線速度についてですが「MVNOの不安定さは感じる(特にお昼の時間帯)ものの、積極的に回線を借りているので満足している」という結果でした。

また、

  • 料金が安い
  • 通常の電話で月70分まで無料があるから安心
  • 回線速度が速いときだと爆速

という評価が多かったです。

ちなみに(9:1)位の割合で良い口コミがほとんどだったため、悪い口コミを探すのが手間でした。

それだけ日本通信SIMのサービスに満足しているということですね😊

まとめ

今回は、日本通信SIMの格安新プラン「合理的20GBプラン(SSDプラン)」について、説明しました!

  • できるだけ料金を抑えたい
  • お昼に回線が少し悪くても許容できる
  • でも、通信量の心配をせずに携帯を使いたい
  • 電話は使用するが、それほど多く使わない
  • 通話で専用アプリから掛けるのが面倒だ

こういった方に、今回の日本通信SIMの合理的20GBプラン(SSDプラン)はオススメです。

iPhoneオススメのSIMプラン
フォネットをフォローする
スポンサーリンク
この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます
iPhonet

コメント

タイトルとURLをコピーしました