iPhoneのマナーモード壊れた?マナーモードにする代替案

iPhoneのマナーモード壊れた?マナーモードにする代替案未分類

どうも、フォネットです!

iPhoneに限らず携帯電話を使用していると、結構お世話になる機能に「マナーモード」があります。

iPhoneでマナーモードを設定するには、横のスイッチをオンにするだけで簡単に設定することができます。

しかし、中にはiPhoneのマナーモード設定を行っても、なぜかiPhoneがマナーモードにならないことも。

今回は

  • iPhoneのマナーモードのスイッチの場所
  • iPhoneのマナーモードが壊れたときの代替案
  • iPhoneのマナーモードのスイッチは修理が可能なのか?

について、ひとつひとつ解説していきます!

iPhoneのマナーモードのスイッチはどこにある?

iPhoneの画面をこちらに向けた状態で左にあるスイッチが、マナーモードにするためのスイッチになります。

iPhoneではこのスイッチのことを「サイレントスイッチ」と呼んでいます。

マナーモードにするには、このサイレントスイッチをオンにする必要があります。

スイッチをカチッと奥にスライドさせて「赤い塗料」が見える状態になっていたら、サイレントスイッチがオンになっている状態です。

サイレントスイッチが「オン」になっている状態

反対にiPhoneのスイッチをカチッと手前側に倒した状態で、塗料がない状態は「サイレントスイッチがオフ」の状態になります。

iPhoneのマナーモードのスイッチが壊れたかも?

先ほどまでは、

  • iPhoneのマナーモードにするスイッチはどこにあるのか?
  • iPhoneのマナーモードにする方法

について説明しました。

基本的にiPhoneのマナーモードのスイッチがオンになっていれば、マナーモードになります。

しかし、中にはサイレントスイッチがオンになっていても、マナーモードにならないことがあります。

例えば

  • 勝手にマナーモードになる(解除される)
  • マナーモードのオン・オフを繰り返し行う

などがあります。

他にも

  • マナーモードにしても音が鳴る
  • マナーモードにしてもバイブレーションが働く

といった問題がありますが、こちらは少し注意が必要です。

例えば、マナーモードにしても関係なく鳴る音も中には存在しますので、サイレントスイッチの問題と言い切れません。

また、バイブレーションの有無は、iPhoneの「設定」によって変更可能です。

  • 「設定」をタップ
  • 「サウンドと触覚」をタップ
  • バイブレーション「サイレントスイッチ選択時」をオフにする

これでサイレントスイッチが入っていると、マナーモード中にバイブレーションしなくなります。

スイッチ以外でiPhoneをマナーモードにする方法

iPhoneではマナーモードにするためのスイッチ(サイレントスイッチ)が壊れていても、iPhoneをマナーモードに変更することができます。

ここでは、代替案も含めていくつかiPhoneをマナーモードにする方法について、ご紹介しますね😊

Assistive Touchを使用する

Assistive Touchを使用すると、サイレントスイッチが壊れていてもiPhoneをマナーモードにすることができます。

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップ。

「アクセシビリティ」をタップします。

設定→アクセシビリティをタップ

身体機能および操作の中から「タッチ」をタップ。

画面一番上に有る「AssistiveTouch」をタップします。

AssistiveTouchをオンにして画面が反応するか確認する03AssistiveTouchをオンにして画面が反応するか確認する04

一番上に表示されている「Assistive Touch」のスイッチをオンにします。

そうするとグレーのコントローラーが表示されます。

この「グレーのコントローラー」をタップします。

AssistiveTouchをオンにして画面が反応するか確認する07

ボタンをタッチすると、メニューが表示されます。

「デバイス」をタップします。

「消音」をタップして、マナーモードをオンにすることができます。

「消音」をタップしてマナーモードにする

これでiPhoneをマナーモードにすることができました。

ちなみに、このベルの部分が「消音を解除」になっている場合は、マナーモードがオンになっている状態です。

このときはマナーモードになっているため、特に設定をする必要はありません。

Assistive Touchを使用してiPhoneをマナーモードにする手順まとめ
  1. 「設定」をタップ
  2. 「アクセシビリティ」をタップ
  3. 「タッチ」をタップ
  4. 「Assistive Touch」をタップ
  5. 「Assistive Touch」をオンにする
  6. 「グレーのコントローラー」をタップ
  7. 「デバイス」をタップ
  8. 「消音」をタップ

おやすみモードを使用する

iPhoneのおやすみモードを使用することで、着信音や通知音を消音にすることができます。

ただし、相手からおやすみモード中に着信があった場合に、通知が見えない状況になるため、注意が必要です。

自分も特にLINE電話やSkype、Messengerなどの電話でも通知が来ないため、困ったことがあります😅

電話をする際はおやすみモードを解除して使用するようにしましょう。

iPhoneをおやすみモードに設定するには「設定」をタップ。

「集中モード」をタップします。

「設定」をタップ「集中モード」をタップ

「おやすみモード」をタップして移動します。

一番上にある「おやすみモード」のスイッチをオンにします。

「おやすみモード」をタップ「おやすみモード」をオンにする

これでiPhoneをおやすみモードに設定することができました!

おやすみモードを使用する手順まとめ
  1. 「設定」をタップ
  2. 「集中モード」をタップ
  3. 「おやすみモード」をタップ
  4. 「おやすみモード」をオンにする
【iOS14以前】おやすみモードを使用する

iOS14以前では、少しおやすみモードの設定が異なります。

iPhoneのホーム画面から「設定」をタップ。

「おやすみモード」をタップ。

一番上に表示されている「おやすみモード」のところをオンにします。

これで無事、おやすみモードがオンにできました!

【iOS14以前】おやすみモードを使用する手順まとめ
  1. 「設定」をタップ
  2. 「おやすみモード」をタップ
  3. 「おやすみモード」をオンにする

スイッチが壊れてマナーモード設定が不便な場合はiPhoneの修理を

ここまでは、iPhoneのサイレントスイッチが効かない場合の代替案について、紹介してきました。

ですが、サイレントスイッチが効けばその方が楽にオン・オフを変更することができます。

  • スイッチの部分が固まって動かない
  • スイッチ自体がカチッとはまらずに緩い
  • スイッチをオン・オフにしてもマナーモードに切り替わらない
  • 勝手にマナーモードのオン・オフを繰り返す

こういった異常が出ている場合は、iPhoneの修理することをオススメします。

Apple Care+などの補償がある場合は、正規修理を行いましょう。

ただ、SIMフリーのiPhoneなどを購入していると「Apple Care+」を付けていない方も多いのではないでしょうか?

僕自身もAppleCare+は付けておらず、1年間の端末補償も切れている状態になっています😓

そういった補償がついていないiPhoneの場合は、総務省の検査を通過した非正規修理店での修理を行いましょう。

以前は非正規修理店というと、違法な修理も多く、その結果破損や発火などの事故も発生していました。

そのため、総務省では2015年に登録修理業者制度というものを実施し始めました。

この審査は「部品の仕入れ元」や「品質管理」「修理業者の技術力」までを確認して、ようやく認可が降りる厳しい審査です。

現在は非正規修理店でもこの「総務省の認可」が降りているところもあるため、安心して修理することができます。

以下は筆者がチェックした、総務省認可済みの修理業者です。

当サイトオススメのiPhone非正規修理業者3選!!
あいさぽ
  • 10年間で修理実績80万台以上の圧倒的な修理実績!
  • 全国260店舗以上でアクセスしやすい
  • 三次検品を行い、厳格な基準をクリアした部品のみを採用
  • 修理完了後6ヶ月間の保証期間中は無料で再修理
ダイワンテレコム
  • 20万台以上の修理実績!
  • 日本全国50店舗以上の店舗が存在
  • 正規修理店で断られた基板修復も修復
firebird
  • iPhoneの修理業者のセカンドオピニオン
  • 高度な基板修理1台につき3名の技師で行う万全の修理体制
  • 「データが残せない」「直せない」と言われた端末の修理実績あり

あなたが使用しているiPhoneのマナーモードのスイッチが直ることを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました