【iPhoneの基本的な画像の保存方法】保存できない画像に対する2つの方法

【iPhoneの基本的な画像の保存方法】保存できない画像に対する2つの方法 iPhoneの画像保存

どうも、フォネットです。

iPhoneを使用してネットでウェブサイトを見ていると、画像を保存したくなるときがあります。

  • 重要な部分なので画像保存して見返せるようにしたい
  • お気に入りのアイドルの画像を保存したい

などなど、理由は様々です。

今回はiPhoneの画像を保存する方法について、説明します。

iPhoneの基本的な画像の保存方法

まずはお目当ての画像まで移動します。

画像を前にしたら、iPhoneの画像を長押しします。

iPhoneの基本的な画像の保存方法01

  • 「共有」
  • 「“写真”に追加」
  • 「コピー」

この3つから選択します。

「“写真”に追加」は画像をiPhone内に保存する

イメージを保存を選択すると、画像を保存できます。

iPhoneの基本的な画像保存方法をまとめると

  • iPhoneの画像を長押し
  • “写真”に追加

これで画像が保存されます。

iPhoneの基本的な画像の保存方法 写真に追加01

ここで「画像はどこに保存されるのか?」と思うかもしれませんね。

このとき保存した画像は、iPhoneの「写真」アプリ内にある「マイアルバム(最近の項目)」に保存されます。

「“写真”に追加」は画像をiPhone内に保存する02

これで写真が保存できました😊

画像保存後にiPhoneのクリップボードへコピーしたい!

写真に保存した後に、クリップボードへコピーすることも可能です。

クリップボードにコピーしたい画像を選択してタップした後、下バーにある共有アイコンをタップします。

共有ボタン内にある「写真をコピー」をタップします。

画像保存後にiPhoneのクリップボードへコピーしたい!

これでiPhoneのクリップボードに保存した画像をコピーすることが出来ました。

iPhoneのクリップボードに保存した画像をコピーする手順
  1. 共有アイコンをタップ
  2. 「写真をコピー」をタップ

「コピー」はiPhoneのクリップボード内に画像をコピーする

クリップボードへのコピーをする場合は「コピー」を選択します。

このクリップボードにコピーした画像は、対応箇所に貼り付けると、画像として表示されます。

例えばメモ帳がその一例ですね!

まず、先ほどと同様に画像を長押しして、今度は「コピー」をタップします。

iPhoneで画像をクリップボードにコピー01

これでiPhoneのクリップボードに画像がコピーされた状態です。

試しに、メモ帳に貼り付けてみましょう。

「メモ」のアプリを開いてメモ帳の棒線のところを1回タップします。

クリップボードにコピーした画像を貼り付ける01

するとメニューが表示されるので「ペースト」をタップすると・・・。

クリップボードにコピーした画像を貼り付ける02

このように、先ほどコピーした画像をメモ帳に貼り付けることが出来ました。

iPhoneのクリップボード内に画像をコピーする手順
  1. 画像を長押し
  2. 「コピー」をタップ
  3. クリップボードを貼り付けたいところでメニューを出す
  4. 「ペースト」をタップ

【やっぱり保存したい】クリップボードの画像を保存するには?

クリップボードにコピーした後「・・・やっぱり画像を保存したい!」と思うこともあります。

そんなときも、画像が保存できます。

まず、メモ帳にコピーしたクリップボードの内容を貼り付けます。

貼り付けた画像をタップすると、左下に共有ボタンが出てきますので、共有ボタンをタップ

【やっぱり保存したい】クリップボードの画像を保存するには?01

他のアプリでも見覚えがある共有画面が出てきますので、下へ移動してみると「画像を保存」があるので、「画像を保存」タップします。

【やっぱり保存したい】クリップボードの画像を保存するには?02

これで改めて「写真」のアプリを起動→「マイアルバム(最近の項目)」を確認すると、画像が保存されていることが分かります😊

iPhoneのクリップボード内にコピーした画像を保存する手順
  1. 貼り付けた画像をタップ。
  2. 共有ボタンをタップ
  3. 「保存」をタップ。

【保存したい】どうしても保存できない画像の2つの対処法

画像長押しで保存できない画像の2つの対処法

画像を保存しようと画像を長押ししても「“写真”に追加」や「コピー」等のアクション画面が出てこない場合があります。

どうしても保存できない画像の場合は、2つの方法があります。

どうしても保存できない画像の2つの対処法
  1. javascriptの無効
  2. スクリーンショットを取る

それでは、見ていきましょう。

javascriptの無効

Safariを使用している場合、JavaScriptを無効にすると、長押しで画像が保存できる場合があります。

SafariのJavaScriptを無効にするには「設定」をタップ。

「Safari」をタップ。

Safariのjavascriptを無効にする01

画面一番下にある「詳細」をタップすると、「JavaScript」という項目が出るので、JavaScriptのスイッチをオフにします。

Safariのjavascriptを無効にする02

Safariを開いてリロードしたら、画像を長押しで保存できるようになります。

javascriptの無効手順まとめ
  1. 「設定」をタップ
  2. 「Safari」をタップ
  3. 画面一番下「詳細」をタップ
  4. 「JavaScript」のスイッチをオフにする

なぜJavaScriptでプロテクトを掛けているのか?

画像には主に、著作権と肖像権があります。

特に芸能人の場合は、肖像権を回避するために、保存できないようサイト側で保護している事が多いです。

とはいえ、個人で楽しむ分には問題にならないですよ😊

その画像を利用して情報の発信をし始めると、権利について考える必要が出てきます。

例えば、その画像でネガティブキャンペーンを行なったりすると被害が出ますからね🤔

そういうことに使わないようにしましょう!

スクリーンショットを取る

どうしても保存できない画像の場合は、スクリーンショットでの画像保存がオススメです。

保存したい画像を開いた状態で・・・

  • ホームボタンが無いiPhone「電源ボタンとボリュームアップボタンと同時押し」
  • ホームボタンがあるiPhone「電源ボタンとホームボタン同時押し」

iPhoneのスクリーンショットを撮る01

これで一応画像が保存できます。

まとめ

今回はiPhoneの基本的な画像保存の方法について、説明しました。

調べ直しながら使っていたのですが、画像の保存でも色んな方法があるんだなと思いました🤔

この記事であなたの画像収集が捗れば幸いです😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました