iPhoneのiCloudへの同期を解除するにはどうすれば?

iPhoneと同期

どうも、フォネットです!

iPhoneを使用していると、時たま「iCloud」という単語を聞いたことがあるかと思います。

しかし、iPhoneを持った多くの人が、iCloudについて詳しくは理解していない場合が多いです。

(もちろん、それでも使用できるところが、iPhoneのすごいところではありますね🤓)

 

iCloudとはiPhoneとは別個のデータ保存スペースが、インターネット上にあると思って頂ければ、大体あっています。

また同期とは、2つの異なる端末でファイルやフォルダを同じ状態に保つことです。

つまり同期の設定をしていると「インターネット上の保存スペース(iCloud)に、iPhoneのアプリや画像データが複製されて保存されている」ということになります。

実はiPhoneの初期設定では、iCloudとの同期がオンになっているため、勝手に同期されていたりします。

 

「勝手に自分のデータがインターネット上に保存されている」という事実は、なんとも言えない気持ちになりますよね🙄

(実際は携帯の登録の際に、iCloudの登録をしていたりするのですが、そこまで詳しく理解してから購入する方は、ほとんど居ないでしょう😅)

iCloudの同期は、使わない人にとって『出来れば解除したい』と思うのが、世の常ではないでしょうか?

というわけで、今回の本題

iPhoneのiCloudへの同期を解除する手順

について、説明しますね😊

iPhoneのiCloudへの同期を解除するにはどうすれば?

iPhoneのiCloudへの同期を解除するために、まずはiCloudの設定のところまで移動します。

まず、ホーム画面から「設定」をタップします。

設定をタップ

「名前の部分」をタップした後「iCloud」をタップします。

さて、このiCloudの設定でオンになっているデータ。実は全て、iCloudへ同期されている状態です。

iPhoneのiCloudへの同期を解除するにはどうすれば?01

これが全てネット上に保存されてると考えると、怖いですね😅

必要ないiCloudへの同期は、解除していきましょう。

iCloudへの同期をオンにしておく必要のある項目

ちなみに

  • iPhoneを探す
  • バックアップ

この2つは、出来ればオンにしておいたほうがいいです。

 

バックアップは言わずもがなですが、「iPhoneを探す」はなぜでしょうか?

「iPhoneを探す」をオンにしておけば、iPhoneを落とした時PCや他のAppleの端末上から、iPhoneを探すことができる機能だからです。

『参考』→iPhoneを失くした…紛失したiPhoneをPCやアプリで探す!!

 

手順まとめ

  1. 「設定」をタップ
  2. 「名前の部分」をタップ
  3. 「iCloud」をタップ
  4. 必要ないiCloudへの同期を解除していく

まとめ

今回は「iPhoneのiCloudへの同期を解除する方法」について、説明しました!

iCloudは使うと便利な半面、何も分からず使わされているとセキュリティ上問題ですし、あまりに要らない機能にもなり得ます😅

 

いくらiPhoneのセキュリティを強化したとしても、iCloudに保存され、iCloudのセキュリティが疎かになっていれば、文字通り筒抜けの状態ですよね・・・(苦笑)

出来れば理解した上で、こういった機能は使わせて欲しいところです。

 

以下の記事もあわせてどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました