【危険!】iPhoneを冷蔵庫や保冷剤で熱を冷ますのはマズイ!?

iPhoneの熱

どうも、フォネットです!

iPhoneが熱を持ってしまい、どうしようもなく熱い時って、ありますよね。

そんな時「早く冷やさなきゃ!」と思って、

  • 冷蔵庫に入れてみたり
  • 保冷剤を当ててみたり

することって、あるかと思います。

 

ですが・・・。

実はそれ、危険な行為だったりするんです。

今回はiPhoneを冷蔵庫や保冷剤で冷やすと危険な理由について、説明していきます。

 

iPhoneを冷蔵庫や保冷剤で熱を冷ますのが危険な理由

「冷蔵庫はバッテリーにいいらしいぞ!」という理由から、iPhoneを冷蔵庫に入れて冷やす方法が良いと、巷ではまことしやかに、ささやかれていますね。

 

ですが・・・iPhoneが熱を持っている際に、

  • 冷蔵庫で冷やすこと
  • 保冷剤で冷やすこと

この2つの方法は、iPhoneを急激に冷やすため、大変危険です。

「なぜiPhoneを急激に冷やすと危険なのか?」というと“急激に冷やす”というのがポイントです。

実は、iPhoneを熱い所から急激に冷やすと、iPhoneの内部に結露が発生するのです。

だから、iPhoneを急激に冷やすような、

  • 冷蔵庫で冷やすこと
  • 保冷剤で冷やすこと

これらをやっちゃいけないんですね。

・・・結露って何?

と、これを読んでいるあなたは思ったかもしれません。

ですので、これからできるだけ簡単に「結露について」も説明しますね!

 

結露を理解するには、水蒸気の理解が欠かせまん。

空気の性質として、

  • 気温が上がれば上がるほど、空気中に含める水分量が増える
  • 気温が下がれば下がるほど、空気中に含める水分量は減る

という性質があります。

これを“飽和水蒸気量”なんて言ったりしますが、ここでは「空気中に含める水分量が気温によって変わるという点だけは、抑えておいてください。

 

気温が急激に下がると結露が起きる理由

では、iPhone内部の気温が30℃と仮定して(実際にはもっと高いですが)、10℃の冷蔵庫に入れることとします。

1立法メートル内に含める水分量は、以下のように変わっていきます。

この表を見つつ、ちょっとだけ考えてみてください。

30℃の時に湿度50%だったとしたら、半分の15.15gが、空気中の水分量となります。

では、この状態で10℃の気温の中にiPhoneを放り込んだら、この湿度は何%になるでしょうか?

 

9.4gが100%なのに、15.15gも水分があって・・・。

・・・と、確実に100%を超えますよね?

この「100%を超えること」が、重要です。

 

実はこの空気中に含める水分の量が超えてしまうと、余った水分文字通り「水分」に戻ります。

これが“結露”です。

 

とすると、iPhoneの内部の空気が、iPhone内で水分に戻り・・・。

・・・もう分かりますよね?

iPhoneが水没したのと同様に、iPhone内部が水浸しになってしまうのです。

 

まとめ

というわけで、大分遠回りしましたが、

  • 冷蔵庫で冷やすこと
  • 保冷剤で冷やすこと

この2つは、iPhone内部の気温を急激に冷やし、結露するから危険ということです。

 

危険なので、絶対に冷蔵庫や保冷剤では、冷やさないように!

「じゃあ正しい冷やし方ってなんなのさ?」と思った場合は、以下の記事にしっかりとまとめました!

→熱がこもったiPhone本体を正しく冷やすための5つの対処法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました