熱くなるとどうなる?iPhoneの熱暴走で起きる7つのこと

熱くなるとどうなる?iPhoneの熱暴走で起きる7つのことiPhoneの熱

どうも、フォネットです!

iPhoneを使用していると、時折「iPhoneが熱くなる」ときがあります。

熱くなるだけならまだしも、

  • iPhoneが急に重たくなったり
  • 画面が暗くなったり
  • アプリが落ちたり

と、iPhoneが「熱暴走」を起こすことがあります。

使っている側の人間としては、iPhoneの熱暴走は出来れば避けたいところですよね。

今回は

  • iPhoneの「熱暴走」とは?
  • どんな状況でiPhoneは熱を発してしまうの?
  • iPhoneが熱暴走すると起こる7つのこと

といったことについて、今回は説明していきます!

iPhoneの「熱暴走」とは?

知らず知らずのうちに、なんとなく分かった気で使いやすい「熱暴走」という単語。

iPhoneに限らず、スマートフォンの「熱暴走」とは、どういう事を刺すのでしょうか?

調べてみると、スマートフォンの熱暴走とは「スマートフォン本体が熱くなり、動作が不安定になること」を指すようです。

僕も今回はこの定義に合わせて、熱暴走について書いていきますね🤔

どんな状況でiPhoneは熱を発してしまうの?

以前、僕が書いた『iPhoneが熱くなる原因』の記事内でも触れましたが、iPhoneが熱を発してしまう理由は、大きく分けて以下の3つに分類できます。

iPhoneが熱くなる3つの根本原因
  1. iPhoneのCPUを使って、内部のデータ処理を行う
  2. iPhoneを充電する
  3. 高温な環境

大体このような理由で、iPhoneが熱を持ってしまい、熱暴走を引き起こすキッカケとなります。

iPhoneが熱暴走すると起こる7つのこと

iPhoneが熱暴走すると、以下の7つの事が起こります。

iPhoneが熱暴走すると起こる7つのこと
  1. 動作が重たくなり、制限が掛かる
  2. 急に画面が暗くなる
  3. 電波が悪くなる
  4. アプリが突然落ちる
  5. フラッシュが無効化される
  6. 充電できなくなる
  7. iPhoneの電源が落ちる・電源が入らない

それでは、上記の内容について、もう少し具体的に説明しますね!

動作が重たくなり、制限が掛かる

iPhoneが熱暴走すると、iPhoneの動作が重たくなり、一部の動作は使用を制限されます。

これはiPhone側のプログラムで、安全に使用できる「適切な温度」まで戻そうとするため、本体に負荷が掛かるものを極力減らすためです。

例えば

  • 急に画面が暗くなる
  • 充電が出来なくなる
  • カメラのフラッシュが焚けなくなる
  • 電波が悪くなる
  • アプリが突然落ちる

といった事が挙げられます。

これはAppleの公式ページにも記載されていることなので、間違いありません。

デバイス内部の温度が正常な動作温度範囲を超えると、デバイスは内部コンポーネントを保護するために自動的に温度を調整しようとします。その場合、次のような現象が起こることがあります。

  • 充電 (ワイヤレス充電も含む) が遅くなる、停止する。
  • ディスプレイが暗くなる、またはディスプレイに何も表示されなくなる。
  • 携帯電話無線が低電力モードになる。この間、電波が弱くなることがあります。
  • カメラのフラッシュが一時的に無効になる。

出典:Apple公式

いくつかピックアップして、説明していきますね!

熱でiPhoneの画面が急に暗くなる

熱でiPhoneの画面が急に暗くなる

iPhoneが熱暴走によって、急に画面が暗くなる事があります。

これは、iPhoneの熱制御のプログラムによるものです。

画面が明るいとより多くの電力を消費し、それが発熱に繋がるため、熱が冷めるまでは画面を勝手に暗くするということですね🤔

たしかに筆者も炎天下の中、iPhoneを使ってて画面が暗くなった経験があります。

その時のiPhoneはかなり熱くなっていたので、冷ましたほうが良いというサインでもありますね😅

画面が暗くなった場合には、ぜひ冷ますことを優先しましょう(クリックしてタップしてページ内の「冷まし方」の章へ移動する)。

電波が悪くなる

iPhoneが熱暴走によって、電波が悪くなることがあります。

電波を繋げてやり取りする動作も、iPhoneの発熱に繋がりますからね。

iPhoneが熱くなっていて、かつ「なんかモバイル通信もWi-Fiも繋がりづらいな。。」と感じたら、熱暴走によって電波が悪くなっている可能性があります。

フラッシュが無効化される

フラッシュが無効化される

iPhoneが高音になると、iPhone内部のプログラムの影響で、フラッシュを焚けなくなります。

意外かもしれませんが、iPhoneのフラッシュライト自体の消費電力は、それほど高くはありません(1時間で電池量6%程度の差)。

ですが、iPhoneのプログラム上では「熱を持った時にフラッシュライトを停止する」ように設計されてるようですね🤔

特に「高温注意」のメッセージがある場合は、iPhoneの温度が原因です。

アプリが突然落ちる

iPhoneの熱暴走が原因で、アプリが落ちることもあります。

これも、iPhone本体が適切な温度を保とうとして「発熱の原因になるもの(アプリの処理)」を取り除くためです。

また、Phoneの熱暴走によってCPUの処理速度が低下して「処理が追いつかなくなって落ちる」ことも理由として考えられます。

特に3Dグラフィックを使った「高負荷なゲーム」は、データ処理の際に発熱しますので、アプリが落ちやすくなります。

また「位置情報を使ったアプリ」も、通信のやり取りとデータ処理の両方を行って発熱しやすいアプリなので、落ちやすいアプリと言えます。

充電できなくなる

iPhoneが充電できなくなる

iPhoneが熱いと、充電できなくなります。

これもiPhone側のプログラムの影響で、iPhone本体に対して熱でダメージを与えないためです。

特にiPhoneが熱い状態での充電は、バッテリーに負荷を与えるだけでなく、基板に対するダメージも与えます。

基板にダメージが積み重なると「ある日突然電源が入らなくなる(修理業者のアンケート結果の第一位)という風に、iPhone本体の寿命に関わります。

iPhoneでは、出来る限りそうならないように、高温状態で充電をすると「高温注意」となって充電できなくなるのです。

iPhoneの電源が落ちる・電源が入らない

iPhoneの熱暴走によって処理速度が追いつかなくなると、iPhoneの電源が落ちます。

また、電源を入れても「Appleのロゴ」だけが表示されて、操作が出来なくなる「リンゴループ」と呼ばれる状態になることも。

iPhoneの電源入らない状態で、充電も出来ないとなると、不便どころの話じゃないですよね。。

思い当たる「熱暴走」の兆候があったら、まずはiPhoneを冷まそう

このようにiPhoneの「熱暴走」は、思ったよりもiPhoneの快適な使用を妨げます。

iPhoneが思ったように使えなくなったり、場合によっては「バッテリーの劣化」が起こり、大切なiPhoneが大幅に消耗してしまいます。

そうならないためにも、まずはiPhoneを冷ます必要があります。

  • しばらく電源を落として放置する
  • 扇風機を当てる(風通しの良いところでしばらく放置する)

まずはこのあたりから行ってください。

ただし、iPhoneを冷ます際に「絶対にやってはいけないこと」があります。

 

それは「iPhoneを急激に冷やすこと」です。

iPhoneを急激に冷やしてしまうと、温度差が大きくなったところから空気中の水分が水滴に変わる“結露”が発生します。

そうするとiPhoneの周りに水滴が出来てしまい「水没した状態」になってしまうからです。

iPhoneの温度を冷ますときは、必ず“ゆっくりと”冷ましましょう。

iPhoneの「安全で正しい冷まし方」については、詳しくは以下の記事で詳細にまとめています。

気になる方は是非チェックしてみてください。

 

また、iPhoneがちゃんと冷めてきたら、次にやることは「今後iPhoneを熱暴走させないための対策」です。

以下の記事では

  • iPhoneが熱くなる根本原因は何なのか?
  • 原因を理解した上でiPhoneが熱くならないためにどんな対策すれば良いのか?

についてご紹介していますので、是非参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました