iPhoneを海で使いたい!!防水カバーのオススメはどれ?

iPhoneのケース

どうも、フォネットです!

夏といえば海!

海と言えば海水浴ですよね😊

海水浴に行くのは楽しいのですが、その時に気になるのが、iPhoneですよね。

iPhoneは7から防水になっているものの、本当に水につけても大丈夫なのか?と言われると、不安なところも多いです。

一方で

「でも、どうしてもiPhoneを海で使いたい!」

という人がたくさん居るのもまた事実。

というわけで今回は

  • 海でも安全にiPhoneを使う時に考える2つのこと
  • iPhoneを海で使うための防水カバー

を、詳しく説明していきますね!

iPhoneを海で使う時に考える2つのこと

iPhoneを海で使用する前に、まずは海で使用する場合に起こり得る注意点について、洗い出しましょう。

海でiPhoneを使用する場合に、気になることといえば・・・。

  • 海水による水被害
  • 砂による被害

この2点が、真っ先に考えられると思います🤔

海水浴場でiPhoneを安全に使用する場合、この2つを避けるための防水カバーを探すことが大切です。

【iPhoneの防水カバーを探す前に】防水・防塵の等級について知っておこう

iPhoneの防水カバーを探している際に、よく出会う防水・防塵性能の等級があります。

その代表例として、IPコードと呼ばれる保護等級があります。

防水カバーを探していると「IP-68」といった数字を見かけるかと思いますが、そのことです。

この「IP」のあとに続く2桁の数字は、それぞれ

  1. 固形異物等(防塵)
  2. 水の侵入(防水)

の性能を表しています。

また、数字段階についてですが、それぞれ

  • 第1記号(防塵)の数字は0~6まで
  • 第2記号(防水)の数字は0~8まで

の数字があります。

『タキゲン製造株式会社』のサイトに分かりやすく記載されていましたので、引用させて頂きます。

また、IPコードに似た規格で“IPX”という規格もありますが、こちらは防水の規格になります。

iPhoneを海で使うための防水カバー!!-IPX規格

こちらはIPX8が最高ですので、基本的にiPhoneの防水カバーを探す場合は、IPX8を探します。

そのままのiPhoneの防塵・防水性能について

さて、何も付けていないiPhoneの防水能力や防塵性能については、どうでしょうか?

Appleの公式にある『iPhone7以降の防沫・耐水・防塵性能について』という記事には、このように書かれています。

iPhone 11 Proおよび iPhone 11 Pro Max は、IP68 等級 (深さ 4 m まで、最長 30 分間) に適合しています。

iPhone 11 iPhone XS 、iPhone XS MaxIP68 等級 (深さ 2 m まで、最長 30 分間) に適合。

iPhone SE (第 2 世代)、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus はIP67 等級 (深さ 1 m まで、最長 30 分間) に適合しています。

これを読む限りだと、iPhoneはかなり高い防塵・防水性能を持っていることになります。

しかし、同じ記事内ではこのような注意書きも同時に書かれています。

水濡れによる損傷を防ぐため、以下の行為はお控えください。

  • iPhone を着用したまま泳ぐまたは入浴する
  • iPhone に水圧が強い水や流速が大きい水をかける (たとえば、シャワー、ウォータースキー、ウェイクボード、サーフィン、ジェットスキーなど)

要するに。

iPhoneは耐え得る保護等級は持っているものの、

  • 海にそのままつけたり
  • 海水浴場で何も注意せず使うこと

に関しては、iPhoneが損傷する可能性があるため、注意を促しています。

まあ、当たり前といえば当たり前ですね😅

iPhoneを海で使用する場合に考えうる2つの被害

この説明文を読んだ人の中には

「そのままのiPhoneでも良いなら、カバーなんて付けなくても大丈夫なのでは?」

と思う人が居るかもしれません。

しかし、それは大変危険な行為です。

もし、iPhoneを海水浴場で素のまま使った場合に起き得る2つの被害について、少し触れていきましょう。

 

Lightning端子が使用できず、充電ができない。

iPhoneを海水浴場でそのまま使うと、充電出来なくなる可能性が高いです。

なぜなら、iPhoneを海水や砂場のところに晒してしまうと、Lightning端子を挿れる部分が塩や砂、水などで汚れてしまい、充電ができなくなってしまいます。

 

充電が出来なくなるだけならまだ良いのですが、Lightningケーブルをそのまま挿して充電をしてしまうと、焦げや故障の原因になります。

そうなってくると、真水で洗い流して乾燥した風通しの良い部屋で、5時間程度乾かす必要があります。

最悪の場合修理に出すことも・・・。

 

このことを考えると「防水カバーを付けて必ずLightningケーブルの部分はむき出しにしない」ことが大切です。

砂によってiPhoneに傷がつく

昔からiPhoneの周りを覆っているボディ部分は、非常に傷つきやすいです。

そんなiPhoneを砂場に晒してしまうと、簡単に細かい傷が付いてしまいます。

iPhoneに傷がつくこと自体に、それほど頓着が無ければ別ですが、大体の人はiPhoneに傷がつくことを嫌がります。

ですので、出来るだけ周りを保護して覆っているカバーを探すことが大切だと、個人的には思います。

iPhoneを海で快適に使うための防水カバー

さて、これまでで説明したことを踏まえて考えると、iPhoneの防水カバーは

  1. 等級がIP-68(IPX8)であること
  2. 出来る限り覆っていること

この2つの条件を、満たしている必要があります。

完全防水・防塵のカバーで、今のところ人気の商品は、以下の2つがあります。

  1. LanhiemのiPhoneカバー
  2. PORTHOLICのiPhoneカバー

それでは、それぞれ見ていきましょう!

iPhoneの防塵・防水カバー(Lanhiem)

Lanhiem iPhone防塵・防水ケース

Lanhiemの防塵・防水ケース。もちろん「IP68」と防塵・防水対応です。

対応機種は以下の通り。

  • iPhone 11 Pro、iPhone XS、iPhone X、iPhone XR
  • iPhone SE (第 2 世代)、iPhone 8、iPhone 7
  • iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus
  • iPhone6、iPhone6S

なお、対応していないiPhoneのものに関しては、以下のリンク先の防水ケースもオススメです。

→【iPhone 11 Pro Max/iPhone 11 Pro/iPhone 11】対応の防水ケースはこちら

→【iPhone XS MAX】 対応の防水ケースはこちら

 

PORTHOLIC 防水ケース

 

PORTHOLIC 防水ケース

こちらもiPhoneの防水ケース。

防水性能は『IPX8』と最高レベルの性能で、指紋認証や顔認証が可能です。

 

また、ストラップアームバンドが付いているため、腕や首からかけたりして使用出来ます。

対応機種は6.5インチ以下の携帯ということで、すべてのiPhoneに対応しています。

 

カバー感があるので、物理的に守られてる安心感はありますね😊

海辺に防水ケースを付けて置いておくだけなら、これで十分でしょう。

 

まとめ

今回は、

  • iPhoneを海水浴場で快適に使うための注意点。
  • iPhoneカバーの現在オススメの2つ

を、それぞれ説明しました。

これを読んだあなたが、快適な海水浴が出来ることを願っております。

では、快適な夏のレジャーをお楽しみくださいませ!

 

iPhoneの防水に関して、以下の記事もあわせてどうぞ!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました