iPhoneを水没後に復活させる意外な対処法【お米で回復!?】

iPhoneの水没

どうも、フォネットです!

iPhoneを使っていた時に

  • お風呂に落としてしまった
  • ビールをこぼした際に掛かってしまった
  • トイレにポチャンと落ちてしまった

・・・等々、あるかと思います。

僕自身も携帯電話を落としたことがあるので、気持ちはよく分かるのですが、そんなiPhoneを意外なモノで直す方法があるようです。

 

そう、それが“お米”です。

 

というわけで今回は、水没したiPhoneをお米で治す方法について、解説していきます。

 

iPhoneを米に付ける前にやること

まず、iPhoneを水没後にすぐやることは「iPhoneをお風呂に落とした!?水没後の3つの対処法!!」でも解説しました。

一旦おさらいしておきましょう。

まずやることは、以下の通り。

  • iPhoneの電源ボタンを長押しして電源をオフにする。
  • イヤホンやUSBケーブルを外す
  • iPhoneのケースも外す
  • 柔らかい布でまんべんなく拭く

はい、ここまで終わってから、ようやくお米が出てきます(笑)

iPhoneをお米で乾かす方法

iPhoneをお米で乾燥させる方法には、いくつか用意するものがあります。

  • ジップロック
  • 精米

あと、くれぐれも乾いてるお米を用意してくださいね。

居ないとは思いますが、ホカホカに炊いたお米の中につけても、意味無いですからね😅

iPhoneを水没後にお米で回復させる手順

まず、ジップロックの中にお米を突っ込みます。

次に、お米が満杯になったら、iPhoneをお米の間に入れます。

最後に、ジップロックで空気を抜きつつ、蓋をしっかり閉めたら完成です。

完成すると以下の様な状態になります。

iPhoneを込めにつける手順の動画

iPhoneを米に付ける時間はどの位?

このままの状態で、約1日放置します。

1日経過したらiPhoneの状態を確認してみて、ダメだったらもう1日。

良ければ電源を入れてみてください。

iPhoneをお米で乾かすことをオススメしない理由

さて、ここまでiPhoneをお米で乾かす方法について、お伝えしてきました。

しかし、このお米で乾かす方法は、あまりオススメできません。

 

まず、お米に付けた場合は、イヤホンジャックの部分やドックコネクタの部分に、お米が入り込む可能性があります。

そのため、しっかりとイヤホン部分やLightningケーブルの部分を、確認する必要があります。

また、しっかりと拭いていても、中に水が溜まっているケースでは、この方法でも時間が掛かってしまいます。

特に、中に入り込んでいたホコリについた水滴を落とすのは、容易ではありません。

どちらかと言うと扇風機などの送風で、乾燥させることをオススメします。

まとめ

今回はiPhoneが水没してしまった際に、お米で回復させる方法について、手順を説明しました。

乾燥させる際に身近に何もない場合は、この方法を実践してみてください。

iPhoneの水没
フォネットをフォローする
スポンサーリンク
この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます
iPhonet

コメント

タイトルとURLをコピーしました