【間違い?】iPhoneが熱いと充電の減りが早いって本当?

【間違い】iPhoneが熱いと充電の減りが早いって本当?iPhoneの熱

どうも、フォネットです!

今日はiPhoneが熱い時の“充電の減り”についてです。

特に夏場にiPhoneを使用してると、簡単に本体が熱くなってしまいますよね😅

iPhoneがあまりに熱くなってくると「大丈夫かな?」って心配になることも。

スマホが熱くなるとよく言われる話に「スマホは熱を持つと充電の減りが早い」というものがあります。

この話しって、本当なのでしょうか?

今回は「iPhoneが熱いと充電の減りが早いって本当なのか?」説明していきます!

iPhoneが熱いと充電の減りが早いって本当?

結論から言うと「iPhoneが熱いと充電の減りが早い」というのは“正確には誤り”です。

iPhoneが熱いからと言って、充電の減りが早くなるという科学的な根拠はありません。

「でも・・・iPhoneが熱いと充電の減りが早い気がするんだけど?」と、これを読んでるあなたは食い気味に思ったかもしれませんね(笑)

実は、この言葉には少し「勘違い」が含まれています。

ではなぜ「iPhoneが熱いと充電の減りが早い」と言われるようになったのでしょうか?

iPhoneが熱いと「電池が劣化する」は本当。

先ほども書きましたが「iPhoneが熱いと充電の減りが早い」というのは間違いです。

ですが「iPhoneが熱いと電池が劣化する」は本当です。

これはiPhoneを始めとしたスマホで使用されている「リチウムイオン電池」の特徴でもあります。

リチウムイオン電池は、リチウムイオンがマイナスからプラスへ移動することで電力を作っています。

リチウムイオン電池の仕組み

しかし、iPhoneの電池は劣化をすると、リチウムイオンが固定化されて移動できなくなります。

一般的によく言われるリチウムイオン電池の劣化は、

  • リチウムイオンの移動が出来なくなることで
  • 電力が生み出されなくなること

を言います。

 

さて、話を「iPhoneが熱いと電池が劣化する理由」に路線を戻します。

iPhoneが高温になると、マイナス側にある素材の周りにある膜(SEI)にリチウムイオンが固定化されやすくなります。

そのため、移動できるリチウムイオンの総量が減ってしまい、電力を生み出し辛くなります。

「電力を生み出しづらくなると、どうなるのか?」というと。

iPhoneの「バッテリーの最大容量」が少なくなります。

バッテリーの最大容量が少なくなると、iPhoneの使用できる時間が減るため「充電の減りが早くなった」と感じるわけです。

 

実際に「国立研究開発法人科学技術復興機構 低炭素社会戦略センター」の実験データによると。

  • 温度が25℃の場合1年経過後でも100%近くの値を維持していましたが、
  • 温度が60℃以上の場合は80%以下にまで減少していました。

60℃って高温に感じるかもしれませんが「炎天下の中でiPhoneを使うだけ」で、60℃以上になる可能性は十分にありますからね🤔

というわけで、結論としては

「iPhoneが熱いと電池が劣化して、劣化した結果、充電の減りが早く感じるようになった」

が正確な理解だと思います🤓

まとめ

今回は「iPhoneが熱いと充電の減りが早いって本当なのか?」について、書いていきました。

iPhoneが熱いと充電の減りが早いって噂は、正確には誤りです。

正確には「iPhoneが熱いと電池が劣化して“満充電”出来る総量が減る」。

もしくは「(iPhoneが熱かった結果、電池が劣化して)充電の減りが早い」ということですね😊

ちなみに、iPhoneのバッテリーの劣化を防ぐには「最適な温度を保つよう心がけること」で、長持ちします。

詳しくは、以前僕が書いた記事で

  • 「iPhoneを熱くなる原因と対策」
  • 「iPhoneが熱くなった時の安全で正しい冷やし方」

ついて、具体的な対策と冷やし方について解説しています。

「少しでも大切なiPhoneを長持ちさせて使いたい」と思う場合は、ぜひチェックしてみてください。

ちなみに、iOS11.3以降のiPhoneでは、設定画面からiPhoneの「バッテリーの最大容量」が確認できます。

詳しくは以下の記事で書かれていますので「いま自分のiPhoneのバッテリー状態が気になる」という場合は、確認してみましょう。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました