iPhoneのマルチタスクの消し方!!どうすれば消えるの?

どうも、フォネットです!

今回はマルチタスクのちょっとした説明と、

マルチタスクの消し方について、書いていきます!

スポンサーリンク

そもそもタスクって?

iPhoneを使用してると、アプリを起動しますよね。

そして、アプリは起動していると、

実行中のアプリケーション(いわゆるタスク)となって機能しています。

さて、この状態でホームボタンを押せば、

iPhoneのホーム画面に戻りますよね?

そして、ホーム画面から別のアプリを開けたりします。

このようにホーム画面を開いて、別のアプリをどんどん開いていくと、

タスクが複数個存在することになります(マルチタスク)。

つまり、実行中のアプリケーションをいくつも持ってることを、

マルチタスクと呼ぶわけです。

スポンサーリンク

iPhoneのマルチタスクの消し方!!

実はこのマルチタスクの状態だと、

不要なアプリをいつでも開ける状態になっていたりするわけで。

それにともなって、電池の消費も微妙に早かったりします

(iPhoneの場合はその点微妙に、ですが)。

というわけで、しばらく使わないであろうアプリは、

出来ればタスクから消しておいた方がいいのです。

というわけで、ようやくiPhoneのマルチタスクの消し方です(笑)

まず、iPhone起動中にどの画面上でも構わないので、

iPhoneのホームボタンを2回押します。

ホームボタン

すると、iPhoneがマルチタスク画面に切り替わるので、

左右で使わないタスクの前に移動します。

そして、タスクまで来たら指で押さえて、上方向にスワイプします。

iPhoneのマルチタスクの消し方!!どうすれば消えるの?01

これで、タスクを消すことが出来ました。

iPhoneのマルチタスクの消し方!!どうすれば消えるの?02

スポンサーリンク

iPhoneのタスクの消し方手順まとめ

  1. ホームボタンを2回押す
  2. 左右で要らないタスクの前に移動する
  3. タスクを指で押さえて上方向にスワイプする

まとめ

今回はiPhoneのマルチタスクの消し方について、

解説していきました!

ちなみに、よく見るタスクや、必要なタスクは残しておいたほうがいいです。

なぜなら、iPhoneの電力消費を調べてみると、

マルチタスクにしていてもそれほど減るものではありません。

それに、アプリ起動時の方が電力消費が大きいものもあるので、

よく使うアプリは出来ればマルチタスクに置いておいた方がいい、

ということですね^^

では、ちょっとした豆知識でした(笑)

この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれていますよ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。