iPhoneのマルチタスクの消し方!!どうすれば消えるの?

iPhoneのタスク

どうも、フォネットです!

今回はマルチタスクのちょっとした説明と、マルチタスクの消し方について、書いていきます!

 

そもそもiPhoneのタスクって?

iPhoneを使用してると、アプリを起動しますよね。

そして、アプリは起動していると、実行中のアプリケーション(いわゆるタスク)となって起動しています。

 

さて、このアプリを起動した状態で、別のアプリを開きたいと思ったとき。

iPhoneのホーム画面に戻り、ホーム画面から別のアプリを起動したりします。

このようにホーム画面を開いて、別のアプリを開くと、タスクが複数個存在することになります(マルチタスク)。

 

つまり、実行中のアプリをいくつも起動している状態のことを、マルチタスクと言います。

このマルチタスクの状態だと、アプリをいつでも開ける状態になっています。

それにともなって、最低限の処理は維持したままなので・・・

  • 使用するメモリを消費したり
  • 電池の消費も微妙に早かったりします(といっても、微妙にですが)。

というわけで、しばらく使わないで開いているタスクは、処理を軽くするために消しておいた方が良いです。

また、iPhoneの処理が集中して熱を持っている場合も処理の際に熱を放出しますので、出来ればタスクから消しておいた方がいいのです。

iPhoneのタスクの消し方

というわけで、iPhoneのタスクの消し方です!

  • ホームボタンがあるiPhoneと、
  • ホームボタンが無いiPhoneでは

・・・操作方法がそれぞれ違います。

今回は別々に紹介しますね😊

ホームボタンが無いiPhoneのタスクの消し方

 

iPhoneのタスク画面を開きます。

ホームボタンが無いiPhoneのタスク画面を開くには、どの画面からでも良いので「画面下を上へスワイプする」ことで、開くことが出来ます。

 

ホームボタンのないiPhoneのタスク画面(Appスイッチャー)を開く

すると、以下の画面が出てきます。

iPhoneのタスク画面(Appスイッチャー)を開く

これがiPhoneのタスク画面(公式では「Appスイッチャー」というらしい)です。

そして、タスクまで来たら指で押さえて、上方向にスワイプします。

 

iPhoneのAppスイッチャーでタスクを消す01

これで、タスクを消すことが出来ました。

下の空白部分をタップすることで、再びホーム画面に戻ることが出来ます。

ホームボタンがあるiPhoneのタスクの消し方

まず、iPhone起動中にどの画面上でも構わないので、iPhoneのホームボタンを2回押します。

ホームボタン

すると、iPhoneがマルチタスク画面に切り替わるので、左右で使わないタスクの前に移動します。

そして、タスクまで来たら指で押さえて、上方向にスワイプします。

iPhoneのAppスイッチャーでタスクを消す01

これで、タスクを消すことが出来ました。

 

ホームボタンを押すことで、タスク画面を終了してホーム画面に戻ることが出来ます。

iPhoneのタスクの消し方手順まとめ

  1. ホームボタンを2回押す or 画面下から上へスワイプ
  2. 左右で要らないタスクの前に移動する
  3. タスクを指で押さえて上方向にスワイプする

まとめ

今回はiPhoneのマルチタスクの消し方について、解説していきました!

 

ちなみに、よく見るタスクや、必要なタスクは残しておいたほうがいいです。

iPhoneの電力消費を調べてみると、マルチタスクにしていてもそれほど減るものではありませんからね。

それでは😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました