iPhoneで通話中に雑音が…ノイズを消すにはどうすれば?

footer_iphonet01

どうも、フォネットです!

あなたは、iPhoneでの通話中に、

こんなことを指摘した覚えがありませんか?

電話をかけた相手に

  • 「雑音が酷い」
  • 「何言ってるか聞こえない」

また、こちらの会話で雑音が入ってなくとも、

「相手側の音にいつも雑音が入ってて聞きづらい!」

ということもありますね。

さて、今回はそういった

iPhoneの通話中に雑音がある場合の対処法

について、説明します。

スポンサーリンク

iPhoneで通話のノイズを消すには?

iPhoneでの通話中にノイズが出る場合、

大きく分けて2種類のパターンが有ります。

  1. こちら側が悪い場合
  2. 相手側が悪い場合

2番の相手方が悪い場合はどうしようもないですが、

今回は1番に限定します。

さて、自分が悪いと仮定して、

さらに2つのノイズのパターンが有ります。

  1. こちらの声にノイズが入る場合
  2. 相手の声にノイズが入る場合

では、それぞれについて詳しく見ていきます。

1.こちらの声にノイズが入る場合

こちらの声にノイズが入る場合、

以下の2つの事を確認しましょう。

  1. マイクを確認する
  2. ノイズキャンセリングをオンにする

a.マイクを確認する

まずはマイクの確認です。

  • iPhoneのマイクにホコリがついていませんか?
  • また、保護ケースなどを被せていませんか?
  • 保護シートが被さっていませんか?

などなど。

iPhoneにはいろんな場所にマイクがついていて、

  • iPhoneの下側面左側
  • iPhoneの表面の上部分
  • iPhoneの裏面カメラレンズ横

この3つが備わっています。

iPhoneのマイク iPhoneのマイク2

この内、基本のマイクは下にあるマイクです。

後の2つは、次の項で説明しますが、

とりあえずこの3箇所のマイクを見て、

保護シートやケースが被さっていないだろうか?

また、ホコリがついていないだろうか?

確認してみてください。

スポンサーリンク

b.ノイズキャンセリングをオンにする

さて、先ほどマイクが3つあって、

  • iPhoneの表面の上部分
  • iPhoneの裏面カメラレンズ横

この2つのマイクは、説明しませんでしたが…。

実は、この2つのマイクは、

ノイズキャンセリング機能に使用されるマイクなのです。

(なので、どのみちこの機能を使うのであれば、

3つともマイクの確認しておく必要があります)

このマイクを使用するには、

ノイズキャンセリング機能をオンにする必要があります。

そして、ノイズキャンセリング機能をオンにすると、

概ね雑音を無くしてくれる機能なので、

こちら側の雑音を取り除いてくれる可能性大です。

設定は以下の通り。

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「アクセシビリティ」をタップ
  4. 「電話ノイズキャンセリング」をタップ

補足:ノイズキャンセリング機能が無い?

早速これを実践してみて

「あれ、ノイズキャンセリング機能なんて無いんだけど?」

と思う人も、いるかと思います。

実は、iPhone5Cにはノイズキャンセリング機能がありません。

おそらく価格を抑えるためか、

その辺りの大人の事情な気がします。

スポンサーリンク

2.相手の声にノイズが入る場合

次に、相手側の声にノイズが入る場合です。

これに関しては1点、確認することがあります。

それは、先ほどのマイクと同様です。

スピーカーを保護シートやほこりで塞いでしまって、

音がこもっているのではないか?という点ですね。

マイク辺りを確認してみるか、

あるいはiPhoneの純正イヤホンで電話をするといいです。

実は、iPhoneの純正イヤホンには、マイク機能がついてたりします。

(詳しくは以下の記事参照)

→iPhone純正イヤホンの4つの使い方!!【意外と多機能!?】

なので、マイクを使って電話をしてみるのもありですよ。

それでもダメなら再起動を

さて、ここまででもしダメだった場合は、

再起動をオススメします。

スリープボタン

再起動の方法は、まずiPhoneのスリープボタンを長押し。

すると、iPhoneの電源を切るかどうかを尋ねられるので、

スライドして電源を落とします。

電源をオフにする【再起動】

電源が切れた後、スリープボタンを長押しして、

電源をいれれば完了です。

まとめ

今回はiPhoneでの通話の雑音を解消する方法について、

いくつか紹介していきました。

もし、これでも良くならない場合は、

ハードウェアに問題がある可能性もあります。

なので、個人的には、

素直にAppleのサポートを受けることをオススメします。

この記事に関する、以下の記事もどうでしょうか?

メールアドレス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。